--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.01.10

成人の日 おめでとう~♪

10成人式


娘の所の三姉妹の末っ子Sちゃん
一寸年が離れているのですが今年成人式を迎えました。
昨日は晴れ着で式に出たようです。
ba-baは身心共に健やかに実り多い人生を送って欲しいと願うばかりです。

この頃は前撮りといって前もって写真を撮るそうで、その写真はまだ見てませんが、デジカメ写真が送られてきました。

昭和30年私が嫁いで来た時、「道中着は赤で黒い帯をする」と姑に言われて母が本から選んで別染めにした着物です。
又その頃は結婚式に「お待ちじょろう」とか「お迎えじょろう」とか親戚の結婚式で頼まれたお役目も赤の振袖や四つ身の赤い振袖を着たものでこの着物も2.3回出番がありました。
その後は眠ったままだったので今回Sちゃんが着てくれてとても嬉しいですね。
頭も流行のカシャカシャ髪でなくて良かった事。




着物からの追想 56年前の結婚式

終戦から10年過ぎて昭和30年頃には物も豊富に出始めました。
華美を防ぐ意味で簡略化も叫ばれていたが、子供の居ない姑は何でも昔通りの事をしたいようで、何かにつけ大袈裟でした。
この赤い着物は実家から婚家先までの道中着で、玄関で両家の水を併せたカワラケの水を飲み干し仲人がそれを割ってから家に入り、今度は上から下まで白無垢に着替え(打ち掛けも)神棚にお参りしてから仏間との境に掛けられた花嫁のれんをくぐって仏壇にお参りします。
この家紋入りののれんも別註で五巾にするよう言われました。

それから式服に当る黒地の振袖に着替えて三々九度のお式です。
後二階の二間続きは20畳あり続いて宴会になり途中で婚家から届いたお色直しの振袖に着替えました。
着付けの為に美容師さんが泊りがけで付いてきましたが、結婚式には嫁側は父と母と姉のお婿さんが二人出ただけで二人の姉と弟と叔母さんは翌日「お部屋見舞い」と称するものに来ました。
その晩には一寸縁の遠い親戚の披露宴が自宅であり、一日置いて料理屋さんで使用人や出入りの人の披露宴を。
日を置いてから別の料理屋さんで金沢方面の方々を招いての披露宴でした。

・・・何だか幻のような昔話ですね・・・何も判らない私は着せ替え人形のように言われるままに・・・・

あの頃は何処の家でも自宅でしたので、什器も20人前とかが普通でしたが、お料理万端、裏方もさぞかし大変でしたでしょう。
その他にもお赤飯とお饅頭配りと挨拶回りが有りましたがその数も凄かったです。
今思えば気の遠くなるような話です。

前世紀の名残のような話でお恥ずかしいけど、孫達がおばぁちゃんの着た姿を見たいというので、ついつい昔話になりました。

黒い式服の着物はこちら
上右側の中振袖は婚家先から頂いた雨山作の振袖の下着を中振袖に直した物です。
この記事へのコメント
美波さん 
暖かい所からお帰りな~い
ず~っと氷点下の寒い日が続き外出もしないで怠けてます。
早く更新して晴れ着姿を下げて上げたいのに・・・

親のお陰で私は娘達に晴れ着も作らないで過ぎてしまいました。
何しろ悠は何も知らないので月心寺のお当番の時でも「付け下げが欲しいと」と言ったら「帯の所に下げるもの」かと言った位です(爆)

母のように甲斐性もなくて、伝えるような物は一つも買えなくて情けないですわ。
お茶席に出なくなってからは欲しい物も無くて、海外へも行かないし・・・今や入院の備えだけになりましたね。

ベトナムのお話を楽しみにしています。
Posted by at 2011.01.15 22:37 | 編集
遊さん 昨日 旅行から帰ってさっそくブログに参りました

素敵~ 数十年たっても素晴らしい物は 素晴らしい!
着物所 金沢 流石です 昔話 もっともっとお聞きしたいわ・・

そうなんですよね 昔は嫁ぎ先の言われるままにお支度をし娘が引け目を感じないよう 親は 娘3人居ると身上潰れるといったくらいですものね
私達のころでもまだかなりそんな風潮でしたよ

それにしてもお孫さんとてもよく お似合いですね 遊さんに似てらっしゃるわ・・・
ヘアスタイルも御着物にぴったり!お母様の育て方で今の若い人も全てがシャカシャカヘアではないです。
娘も 古風でして遊さんほど素晴らしくはないけれど 私の中振袖で成人式に出ました 当時の着物より母のほうが好きだと申しまして・・・
着付けに上京した母が何より喜んでくれました。
代代受け継がれるって素敵ですね 帰国したら冷蔵庫のような家の寒さに わかってはいたのに あ~~寒い!

昔語り 是非是非また折に触れてお聞かせ下さい。
ことしも どうぞ宜しくお願いします
Posted by 美波 at 2011.01.15 12:42 | 編集
etsuさん
こちらこそ今年も宜しくお願いします。
可愛いお孫さん達とのステキな旅・・・楽しく拝見してます。
全く異次元の世界で興味深く、カタールはどこ?ドバイは何処?とグーグルマップで確かめましたよ。

皆さん大きくなられて益々チャーミングになられて、まあこの間七五三の着物を調達してらしたのに、成人式もあっという間ですよ。

そうそう~雪の日の来沢は新雪が綺麗でしたね。
今年は雪除けしなくても良い位の積雪が毎日降ってます。週末には又降ると予報してますが、どかっと降らないように祈るのみです。

なんだか気が抜けて小豆を炊いておぜんざい食べて、写真も撮らず怠けてますの。
Posted by at 2011.01.14 22:48 | 編集
遊さん

今年もよろしく御願い申します。

お孫ちゃん、可愛い~~♪
おばあちゃまに、似ていらっしゃる様の思いました。
我が家の孫が、成人になるときは、私は・・・

遊さんの着物の思い出話、もっと、お聞きしたいです。
見せて戴いた、加賀のれん、素晴らしいですものね。

2月に蟹を食べにいった、金澤、懐かしいです(^-^ ) ニコッ
Posted by etsu at 2011.01.14 21:30 | 編集
シズさん
見て下さって有難う~~(^o^)丿
今年も宜しくお願いします。

毎日雪模様ですがお陰さまで二人とも何とか元気で過ごして居ます。
生活に刺激が無くて落ちこぼれそうで怖いですが早く春になって欲しいですね。

シズさん達はまだまだお若いですから大丈夫ですよ。
昔話・・・狭い世界でグレー色が多くて・・・矢張り60台が良かったわ。
Posted by at 2011.01.12 17:01 | 編集
遊さん~~今年も宜しくお願いします。
まだblogはお休みでシャキットしません(v_v;)

本当に見事なお着物ですね!!
お孫さん達が着て下さって そして見せて頂けてうれしいです。
私もと思いましたが
年齢を計算すると遊さんより大分年上となり
元気でいられるかどうか(*^o^*)

『遊さんの昔話』もっともっとお聞きしたいです。

Posted by シズ at 2011.01.12 10:52 | 編集
はっちゃん
コメント有難うございます。
お若い方々と素敵なお出掛けでしたね。
お声を掛けてくださる優しい方々で宜しい事!お孫さんの成人式まで大丈夫ですよ~~

遠い昔の話でおかしいでしょ。
厳しい嫁の下積み生活が長くて・・・60代が華・・・に実感がこもってます(笑)
はっちゃんたちはず~~っと華ですもの。

今年も宜しくお願いしますね。
Posted by at 2011.01.11 22:27 | 編集
こんにちは。今年もよろしくお願いいたします(*^_^*)

昨年は遊さんの素敵なお着物を沢山拝見させていただきましたが
お孫さんの成人式のおかげで、またまた素晴らしい振袖を見せていただき、目の保養になりました。
Sちゃん、成人おめでとうございます。
こんな立派な着物は着せてあげられないけど、孫の成人式まで遊さんのように元気でいて
尊敬されるおばあちゃんになりたいものです(^_-)-☆

遊さんのお嫁入りのお話もすごいなあ、と読ませていただきました。
ブログが無かったら、御側にも寄れなかったわ。きっと!
今年も、素敵なお話とお写真楽しみにしています。
Posted by はっちゃん at 2011.01.11 16:17 | 編集
ちっちさん
都合でこちらに揚げさせて貰いました。

夫々の着物に思い入れがありますが、箪笥に眠っているより陽の目をみて、喜んで貰えて良かったです。
娘は自分のときはただのスーツで出たので着る事も無く大学の卒業式には中振りだったかしら?
幸い群馬のK市はこういう事に張り込むらしいので出番が有って良かったです。

着物は後の手入れが大変で私も足を悪くしてから着る事が無くなりました。
虫干もしないんですよ。
Posted by at 2011.01.11 12:17 | 編集
おばちゃま
今朝は今冬最低気温で寒かったですね。
私も嫁いで来た時のこと思い出します。
山の下のT町の寒さは厳しくてコタツが有っても嫁の座は通り庭に面して外同様でそれも食事の時だけ入ったのです。母が裏起毛の肌着を届けてくれましたが、綿入れの着物で着膨れてました。
暖房は火鉢一つでしたが子供達もなんとか元気でしたね。
又昔話に(>_<)

大切に たいせつに されて・・・では無かったけど、あの頃は婚家先に気を遣って・・・嫁の親は大変でしたね。ただただ感謝有るのみです。
Posted by at 2011.01.11 12:04 | 編集
お孫様の成人式おめでとうございます

遊さんが嫁ぐ時、お母様の見立てて下さった
斬新な柄のお着物は昔も今も滅多に拝むことが出来ないと思います
目の保養になりました
こんなに高貴なお着物に初めてお目にかかりました
締める帯も雅なお着物に見合った素晴らしい帯
特別に誂えたお着物だけあり、さすがです

プロの着付けの方も
この大振袖のあまりの艶やかさに、目も心も奪われ感激なされたことでしょう
そして、さぞ着付け甲斐があったことでしょう~

写真屋さんもこの振袖には、目を見張ったことでしょう~
遊さんのお着物は正にお宝物です
保存にもさぞ気をお遣いになることでしょう


孫が私の七五三の着物を着ましたが
袂に虫食い発見!!着物の管理は未だに母任せ・・・(笑)
Posted by ちっち at 2011.01.11 10:28 | 編集
寒に入ったら 冷たさが 違いますネ
引っ越してきて 初めての冬 着ても着ても寒くて
泣きたくなるような 冷たさ! と思いましたワ

凄い お着物 国宝級ですね
色も 柄も すばらしい
母上の お心入れが 伝わって来ます
これぞ 日本の 着物 大振袖黒が判らないほどの 色柄使いが 嫁に出すのが うれしくも切ない 母心に見えました大切に たいせつに されて 遊さまはお育ちだったのですね 
今 これと 同じ物を 作れる 職人さんは いないかも
遊さまが 着ている お写真 拝見したかった 
Posted by おばちゃま at 2011.01.11 09:58 | 編集
ノブコンさん
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

見て下さって有難うございます。
孫も大変喜んで着てくれましたが、娘の三人娘が皆成人となり、改めて年月の経つ早さに驚いています。
話す事が皆昔語りとなり少し気をつけないといけませんね。
ノブコンさんのように前向きに前向きに頑張らねばと痛感してます。
Posted by at 2011.01.10 22:47 | 編集
遊さん
明けましておめでとうございます。
お正月早々に素晴らしいお着物を拝見でき嬉しいです。
お孫さんのお着物、遊さんの御嫁入りのお着物だとか・・・
別染めとあってなんと素晴らしい代々受け継がれて着ていただけるなんて嬉しい事ですね。
お孫さまもおばあさまのお嫁入りの時のお着物を着て誇らしい事だと思いますよ。
べつ窓のお着物も拝見させていただきました。
Posted by ノブコン at 2011.01.10 20:09 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。