--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.12.05

奈良へ行ってきました 12月2日

開館50周年に当り、リニューアルされた大和文華館の事を知り行って見たくなりました。
2日の木曜フリーデーはお天気も良さそうで、最後の紅葉も見られるかも・・・と、又前日に許可を貰い大急ぎでパソコンで調べて、かねてから気になっていた「談山神社」とかけもちにした。
7時2分のサンダーバードは9時11分に京都着。
乗り継ぎ4分は一寸危ないと思ったが、隣のホームで階段を降りて上がって滑り込みセーフ。
奈良線の急行はゴットンゴットン昔懐かしい響きで、小さな茶畑や柿畑を見ながら進む。
この頃の新幹線や高速道路はトンネルと高架を走るので風情が無くて、急がぬローカル線の旅は良いですね。
奈良から桜井駅への電車には中にも外にも日本画が描かれていて是も古都奈良らしい。

桜井駅からタクシーに乗ったが、バスで25分400円なので大したこと無いと思ったのに3000円で待ち時間と帰りも3000円だと言われビックリ。
おまけに帰りのバスは1時15分まで待たねばならない(>_<)
運転手に勧められて想定外だった長谷寺に廻ることにして、談山神社では30分待ち料無しで長谷寺まで6000円と相成った。

「先週が一番キレイだった」そうで少し遅かったが、余り混雑していなくて良かった。

大和多武峰やまととうのみね 談山たんざん神社
大化の改新発祥地

4談山神社

140段の石段を上がる正面を避けて直接蹴鞠の庭から入り吊り灯篭の美しい本殿に上がる。
朱塗りの写真は本殿の下。

11時50分発 長谷寺12時半着

4長谷寺2

長谷寺は25年前に亡父のお骨納めに上京した折り、姉妹三人揃って弟の車で訪れた思い出の地です。
今回思いがけず訪れることが出来たのも何かのご縁でしょうね。
昔の事を思い出しながらゆっくり廻ることが出来たが、おそらく是が最後と思われます。




長谷寺 真言宗豊山派総本山 西国観音霊場第八番

4長谷寺
ここは花の寺とも呼ばれ牡丹が有名ですが、タクシーの運転手さんによると「桜の頃が一番美しい」そうです。
広い境内を廻ればさぞかし見所も多いでしょうが、ひたすら登廊を登り本堂へ。
ご本尊 十一面観世音菩薩は身の丈十メートルあまりで、特別拝観しておみ足に手をかけて家内の健康をお祈りしました。
本当に見上げる高さでした。 続く・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。