--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.11.01

軽井沢点描  22日~24日

毎日雨降りです。
殊に今日は午後からざあざあ降りになり風に雷で夕方には大雨警報がでました。

一寸気分が萎えてブログもパスしようかと思ったが、日に日に忘却の人に近づきつつあるので自分の為の備忘録として。

23.24日と快晴を見越して三度軽井沢へ行く事になり、お陰で言い出し難かった25日のオフ会にも参加できた訳でグッドタイミングでラッキーでした。

23日は朝から快晴で山のほうが良いかしらと、以前良く行った標高1113mにあるホテル軽井沢エレブンサーティーへ。
屋上から雄大な浅間山が目の前に見えるので、初めての時は大感激してその後も絵の素材を求めて行ったのですが、今は大きな建物がガランとしていて寂れた感じでした。
その上広い所は駐車場から長く歩く事になり、もう行く事も無いでしょうね。
ランチも簡単なものしかなかったが、地元嬬恋の高原キャベツが甘くて美味しかった。

1軽井沢1113

道中の紅葉はまだ少し早いようです。
時間が余ったのでお決まりのレークガーデンへ。
悠がスケッチしている間に杖の代わりにペットのウバ車を借りて(爆)ほぼ半周する。
シュウメイギクがたわわに咲いて綺麗でしたね。
バラはボチボチで好きなのだけパチリ。

夕飯は娘と一緒に

1無彩庵

あなごで黒米と栗を包んだもの。里芋と何かのパテ(忘却爆)メーンは牛ほほ肉の赤ワイン煮でとろけるよう。
デザートはリンゴの器に? イチジクのコンポートでした。
こじんまりと落ち着いた感じのお店でどれも美味しかったです。

前日の夕飯に何を食べたか思い出せないのはボ○の始まりとか~?






24日
悠を小諸のインターまで送り、帰り道にハーブのお店に寄ったがお休みで。追分の小さなクラフトのお店に寄ったら、近くに有る美しい用水の保存活動をしている水辺を紹介された。
悠の素材になるかもと思って廻ってみた。

1追分

長い遊歩道を歩いたら気持ちの良い所でしょうが、ホンの入り口の所だけでしたが、安らぎと潤いのある水辺はゆっくり散策したい所でした。

それから追分の花屋さんでシュウメイギク等を買い、おぎはらの軽井沢店を探して訪ねた。
本店と違ってハウス1棟でしたが、珍しい山野草が有り、荷物のことも考えずに「宿根マツムシソウとブータンルリマツリ」を買ってしまった。
その後びおれさんのブログに出ていたコテージ415へ。
1コテージ415
栃の黄葉が美しく、暖炉に火が燃えて、静かな大人の雰囲気でした。
マロントライフルと紅茶を頂いてゆっくりする。
素朴な器が並んでいて娘は花一輪が似合う小さな器を求めた。
びおれさんにお話したら「12月で止められるそうで残念ですね。

悠と一緒だと絶対行けないからと旧軽とアウトレットに連れて行って貰ったが、私にはご縁の無い所でした。
その後寒くなったので明日の為に暖かい下着をや簡単な雨具を買って、盛り沢山な一日でした。
あちこちに車を走らせて貰って行きたかった所へ行かれて感謝感謝。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。