--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.10.07

秋祭りの季節 HVのお客様

豊作を祝って秋祭りが賑やかに催されている。
この町に移り住んでからはお祭りと言っても出店に子供達が群がっている氏神様にお参りするだけですが、元居た町では、御神輿に獅子舞が三頭と作り物と呼ばれるその年話題の人形が6基位、賑やかな唄声と友に練り歩きます。
飲食の準備や接待で主婦は大忙しで、猥雑に飲んだくれた人達も入ってくるしで大変な3日間でした。

義父はお祭りの世話役で羽織袴姿で出ておられ、夜になると「にわか」と称して変装したご一行様が見えるのです。
そのお祭り好きな義父が持ち山の桐の木から作らせた獅子頭が有るのです。
長い事お蔵に眠ったままでしたが今回飾ってみました。

麻布に染めたカヤと呼ばれる胴体の部分は車にかぶせて中にお囃子の人が入り(今はテ-プ)その先にくくりつけた頭を掲げて昼は一軒づつ舞いながら回り、夜は御神輿のお供で頭を掲げながら物悲しい笛の音に導かれて廻るのです。
この頭とカヤで昭和32年に一度だけ獅子舞をしましたが、写真が出てこなくて残念です。

昔話が長くなりました・・・・

9hv客

カリフォルニアからのお客様
日本は初めてで余り勉強をしてこなかったと言われたが、ご主人は地図や気象のことに詳しくて良く話された。
奥様はおみ足が悪くて静かな方でしたが、「貴女も何か聞きたい事を」とご主人が言われたが「私は聞いて楽しんでいる」と控えめながら喜んでくださったようです。
掛け軸の意味は?と問われ、
閑居幽事多・・・分かりやすく「リタイヤなさった貴方の様に時間が沢山有ったら雅な良い事が沢山有りますよ」と伝えたらとても喜んでくださった。

9HV来客2

アナポリスから見えたご夫婦
奥様のTシャツが素適で先ずお聞きしたら、ご主人は写真家でお孫さん4人が白いシーツの上でポーズを決め真上から写されたものだそうです。
アップにしたら分かりますか?
パパッと写される写真は流石素晴らしくてメールで送られてくるのが楽しみです。
カメラは私と同じルミックスとニコンでしたが腕が大違いでした。
海とヨットの写真を持ってこられたが地図を見ると長く入り込んだ湾で、ご縁が無ければこういう所は全く知らずに終わるところでしたね。
お陰で視野が広がり楽しかったです。

両家とも「日本はクリーンで緑が美しい」「新幹線など技術も素晴らしい」「シュワルツネッカーが視察に来た電車はロスからサンフランシスコに通す予定」だそうで何とか日本が導入権を獲得できますように。





9獅子舞3
詳しい説明は後程
この記事へのコメント
imaさん
見てくださって有難うございます。
伝統の獅子舞ですが金沢市内では殆んど見られず周辺の田舎で少し残っているだけですね。
中でも鶴来町のほうらい祭りは頑張ってますね。今日明日がピークかしら。
私の田舎では小さな頭で3人入って舞ってましたが今はどうかな~60年も前のことになりました~

私も夕べ小布施で買ってきた栗3キロ渋皮煮にしてたら下処理だけで午前2時に、仕上げはまだまだです。
Posted by at 2010.10.11 09:52 | 編集
毎回素敵なおもてなしで感動してしまいます。
子どもの頃、お正月に獅子舞が各家の玄関先に来るのですが
それが怖くて怖くて玄関の陰に隠れていました(汗
大人になった今ではこんなに素晴らしい獅子頭がお宅にあるなんて
すごいなぁと思って、アップで撮らせて頂いていると思います。
Posted by ima at 2010.10.11 00:24 | 編集
気ままさん
何時も有難うございます。
金沢でステイなさる方々には皆大層好評のようですね。
なかなか上手に組み立てられたツアーのようです。
もう10年も若かったらこういうキメ細やかなツアーで出かけたいわと思う位です。

栂池は紅葉真っ盛りのようでしたが標高1500mの女神湖では植えた木だけが赤い位でまだまだでした。
月末から月初めにかけて予定が混んでいてフリーの身ではないので(笑)取捨選択が難しいです。
ゴキゲンを見ながら・・・・宜しくデス
Posted by at 2010.10.10 23:15 | 編集
遊さん、いつも読み逃げばかりですみません

もう、驚くことばかりです
遊さんのおうちはどれだけお宝があるのでしょう

そしてコメントを拝見していてもそちらの風習は大変ですね
簡略になったとはいえそちら方面に嫁がせるのは大変ですね

今のようにHVをなさっているときには特に外国の方に色々な古いものをお見せするのは良いですね
遊さん宅をお訪ねした方はとてもラッキーだと思います
私たち日本人でも目にできないものも沢山あるのですから・・・

最近お忙しくあちこちご活躍ですがお体、ご自愛くださいね
今月はお会い出来そうでしょうか?
Posted by 気まま at 2010.10.10 12:40 | 編集
さちよさん
コメント有難う~~
何だかとても味のあるプリントで手造りかと思って褒めたら嬉しそうに説明なさって良かったです。
娘が「お母さん良く分かったね」と言いましたが、矢張りその辺で売ってるのと違いますよね。
拡大してみると色まで計算されたようなシャツやズボンをはいてます。
工夫して撮られれた写真ですから色んな物になっているのではないでしょうか。

お祭りの説明が書けないままに信州へ行って来ました。
生憎はっきりしないお天気で何もしないで終わったのですが。
Posted by at 2010.10.10 00:51 | 編集
ショパンさん
義父の小学校の同級だった方の作ですから博物館とはいきませんが・・・
この方の白山の高山植物の欄間が素晴らしいのに、今の家には合わなくてはずしたままなのですよ。
同じ郷土の出身者ですから博物館に寄付したい思いです。

この方の写真機はニコンでも小型だったので一眼?と思いましたがどれも素敵でした。
この日はお坊さんも見えたので、細字の香炉をを出してあり虫眼鏡で見てもらおうと持ち出したけど、写した写真を伸ばして見てましたね。三脚もしないのに少しもぶれてなくてもし送ってくれたらお見せします。
Posted by at 2010.10.10 00:39 | 編集
はっちゃん
3日間信州へ行っていたのでレスが遅れました。
加賀人形に獅子頭を持ったのや獅子頭も大小様々出てますが、この様な獅子舞を出来るような大きな物は普通の家には無いのですが。
写真と英文の説明を付けたものを作ってあげたけどビデオでも見ないと分からないでしょうね。
麻で出来たカヤの染がキレイなままで驚きました。
個人宅では保存が大変なのでこの先どうなりますか?

若い嫁は袴のたたみ方を知らないで困りましたが、良く袴をつける義父でした。
Posted by at 2010.10.10 00:25 | 編集
おばちゃま
そちらでも秋祭りは獅子舞ですね。
娘が嫁いだ年にお嫁さんの家には特別に廻ってくるそうで・・・娘も訪問着を来て待ってました。実家の私達もご祝儀を弾んで。古いしきたりが脈々と続いていますが大分簡略になりましたね。

確かに若衆が減って維持するのも大変ですが。
シャンガという白い毛は馬のしっぽでしょうか。
小学生になると棒振りの練習をして出ますが息子は出た記憶が無いですが祭りの半天を染めたのが蔵にあるはずです。
悠は42の厄年にお神輿を担ぎました。これは決まりなので仕方なくです。
Posted by at 2010.10.10 00:11 | 編集
すてきですね~。何もかも。
お孫さんたちの人文字でできたプリントのTシャツを着れるなんて、おしゃれでお幸せですね!!
吹き寄せおせんべいもおいしそ~ですね。
それぞれの土地の古くから続く祭りもいろんな形があるんですね。
本当にお勉強になります。
有難うございます。
Posted by さちよ at 2010.10.09 23:18 | 編集
凄いですね~~獅子頭 こんな博物館に置くような物までお持ちとは・・・・驚きます
日本にいても見た事がないのに
外国の方にとっては本当に感動ものでしたでしょうね
遊さんのお宅に来られる方は幸せですねo(*^ー^*)o

人文字のTシャツ 解ります~~~凄いです!!
プロのカメラマンさんなのですね
遊さんのお宅で撮られたお写真 きっと素晴らしいでしょうね~~♪
Posted by ショパン at 2010.10.09 10:06 | 編集
遊さん、こんばんは\(^o^)/
また遊さん家の素晴らしいお宝を見せていただいて、感動です。
祭りの写真を拝見して、お義父さまは羽織袴でゆったりとこの獅子頭に付き添って練り歩かれたのだろうかと、想像してみました。
遊さんも裏方さんでしっかりとお世話なさったのでしょうね。

いつもながら、遊さんのお宅にいらっしゃるお客様はお幸せだと思います。
日本の家庭は素晴らしいと良い印象を持って、帰られることでしょう。
遊さんもいろいろなお話をなさって、ますます視野が広がりますね。
Posted by はっちゃん at 2010.10.07 21:56 | 編集
おはようございます 秋晴れ♪~ 
立派な 頭ですねー アップで拝見したい
胴幕までお持ちの方は すくないですよねー
刀の下の 毛は尻尾のもの?でしょうか すごーい
まわしてみたいものですネ
子供の数が 年々減り 舞わし手の 若者が減少して 元町内人や 助っ人多数で 今年もおししがやってきました
来年最後の 婦人会の役が巡って来ますので 最後のおししのお世話になりそうです 楽しみではありますが 身体が付いてゆくのやら? 昔は3食と夜食のうどんまで 全部手作りでしたねー すべてが終わると3時近かったかも 
息子が 大天狗を舞った時期もありましたっけ 
良き時代だったのかも  
Posted by おばちゃま at 2010.10.07 09:21 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。