FC2ブログ
2005.10.06

酔芙蓉と栗栗

6huyou.jpg

酔芙蓉は芙蓉の花より随分遅れて咲く。
風の盆の町八尾では各家の前に鉢が置かれていたが、9月1日に咲くのでしょうか?
純白で開き、昼にはピンクに染まり夕方か明朝には赤く萎んで落ちる。
6sibukawani.jpg

利平栗の良いのが手に入り昨日から渋皮煮を作る~上出来!!
渋皮に傷をつけないように慎重に剥くが4/1強は上手くいかず、それはぺースト状態にして保存する。
他所様に差し上げたら残りは僅かになったが、又作る事にして美味しいうちに頂こう。

6suihuyou.jpg


7kuriso-su.jpg

バーバさんのコメントからヒントを頂いて今夜は栗のソースをかけた一皿です。7日夕飯


この記事へのトラックバックURL
http://yuu72.blog15.fc2.com/tb.php/84-8d71a9cd
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
東京マダム達のように美味しいもの頂いていませんのでホンマの味ではなく自己流ひらめき料理です。
が、栗の味がして美味しかったです。
ビビさんのタルトを作りたくて、渋皮煮を夕べも作りました。
Posted by at 2005.10.12 21:33 | 編集
バーバーさんの栗のペーストでのお料理はどんなのかしら?と想像しながら拝読していました

あら、もう早速お造りになったのですね!
美味しそう~
お洒落なお料理が出来上がり

真似したくとも私には出来ませんです
Posted by ちっち at 2005.10.12 01:53 | 編集
お花を見る度に「造形の神様」にお礼を言いたくなりますね。

渋皮煮はもう20年選手ですが、作る度にはらはらします。
何よりのポイントは新しくて良い栗選びですね。

昨日白身魚を頂いて今日はバター焼きをと思っていましたが、バーバさんのお洒落な1品になるかも・・・有難う!
Posted by at 2005.10.07 09:57 | 編集
昨日も「コスモスのぼかしが素敵」と書きましたが、今日も「ぼかし」が素敵ですね~♪

私は酔芙蓉、鉢苗を戴いても戴いても枯らしてしまいます。
大好きなのに~(涙)
やはり、地植えにするべきでしょうか?

『栗の渋皮煮』は母は作りませんでしたので、てっきり「大分の郷土オヤツ」だとばかり思ってました。
全国版なんですね!
これは、いつもアチコチから頻繁に戴くので(だから 尚 「郷土食」と思ってました)、私は作りません。
いえ、「作れない」と言うべきか~(笑)

あ、そうそう、栗のペーストはのばしてポタージュスープも美味しいです。
お皿の真ん中に白身魚・ホタテ・海老・ウニを盛って、周りにスープをはり、チャイブかチャービルを添えます。
(あああ~、文字で説明するより、画像でいつか・・・、汗)
Posted by バーバ at 2005.10.07 08:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する