--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.05.19

過去ログですが   鳥越城址

春から天気が悪く寒かったりで、今頃になって鉢緩めや植え替えをしています。
大体片付き今日はシルバーさんにキレイにして貰った所で恵みの雨になりました。
珍しく3日も畑に行かず庭に集中してました。
ブログも溜る一方で一寸さかのぼります。


9せんな

8日に小谷道の駅で山菜を沢山買ってきました。
その中に花ワサビが有って一袋では足りず、いつもの所へ取りに行った。
T家の孫達も山菜取りは初めてで一緒に行くと言ったが遅れてしまい、現場に着いたら草丈が伸びていて長靴で無いと気持ちが悪くて河原に降りられない。(その前に大きな蛇の死骸を見た)
幸い路肩にあったのを取って帰り道で彼達が来たが悪いけどそのまま車に。

買ってきたおにぎりもあるので、旧河内村の長い藤棚の所に入ってお昼にした。
何時も通り過ぎるだけだったが入ってみたら休憩所や広い芝生の庭になっていて驚いた。

S君達は折角来たのに山菜取りも出来ず、では歴史の勉強にと目の前に見える山上の鳥越城址に行く事にする。
昔来た時は忠霊塔があるだけの山頂だったのに、砦の城跡が復元されていて驚いた。
そういえば一揆祭りとか行われているようで、故里見直しの一環でしょうか。

9鳥越城址

戦国時代に「百姓の持ちたる国」と呼ばれた加賀一向宗の勢力は強かったが、織田勢の猛攻にあがらえずこの地が最後の牙城となり戦い敗れのです。
今は車で上がれるが、標高300mの山で、手取川の下流まで見通せ、方や大日川で天然の要塞でした。
研究が進んで遺構が整えられ、春は桜もキレイでしょう。

帰宅後センナ漬けを作り、7瓶出来て悠の友人にお持ちして喜ばれた。



この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。