--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.05.11

白馬のギャラリー 森と人へ 5月8日

お料理の仲間と白馬へ行きましたが、予報通り快晴になり、新緑が輝く中を車窓からは立山連峰・明星山・雨飾山がきれいに見えた。
途中小谷道の駅で山菜類を色々買い込み、白馬へ。

青空に輝く残雪豊かな白馬三山・唐松岳・五竜まで総て見渡せて満足・感動!
10時半過ぎにはラ・ネージュ東館に着いた。
ここはまだ木々が芽吹きだしたばかりで、前庭には雪が残った所もあり山草類はまだ早くて、トガクシショウマは咲いていたが、シラネアオイは日当たりの良い所では満開だが他は花を抱いて伸びたところでした。
ランチを予約をして直ぐ近くの教会に隣接している山岳フォトギャラリーへ。

8東館


山岳写真家 菊池哲男氏の白馬を中心に写した写真はどれも素晴らしかった。
見て読むほどに・・・感動を与える写真を撮る精神力と体力に圧倒された。

8森と人と

ランチの後はみそらのの「森と人と」へ

此処へ訪ねたのは3回目ですが、この季節は初めてで前庭の印象がガラリと変っていた。
敷き詰められたチップと可愛いパンジー類が盛りで、木組みの椅子やティーコナーも出来ていて、非常に明るい。
昨年の晩秋に「素適にガーデニングライフ」に登場された本田夫人は何時も個性的な装いで素敵な方ですが、お庭もナチュラルな山の風情でした。

此処に移られてギャラリーとカフェを始められてから10周年だそうで、記念のパーティーがあり、今日はびおれさん達から良くお聞きする信州の雑誌「くら」も取材に来ていて今度登場するようです。
重厚でお洒落な硝子の器に、唐木さちさんが自宅から持ってこられた花を活けられてステキなコラボでした。

出されたお料理はこの地の物を使った品々が美しく並べられとても美味しくて参考になりました。
私は入って直ぐの所に活けられた牡丹の花器に一目ぼれで連れ帰ったが、その後同じ花材を下の中央に活けなおされたが流石ですね。

マイクロバスで行ったのに大きなカメラを敬遠してコンデジ持参で失敗でした。



この記事へのコメント
テルテルさん
お帰りなさ~い
向こうではレンタカーだったの?とても良い旅でしたね。
あの日は快晴でしたから機上から雪山もよく見えたでしょうね。
地図を見るのが大好きなので見えたらワクワクします。

ラ・ネージュの本館はドイツ風の木組みのホテルですが東館は後で出来たようです。と言っても10年は経っているでしょうが。
5年位前に友人夫妻と泊まったけどその後は催しに出るだけで日帰りです。
優雅ではなくて農作業で足腰引きずりながら動いているので、たま~にね(^_-)-☆
Posted by at 2010.05.14 23:46 | 編集
白馬のラ・ネージュは昔からあったのでしょうか
確かそのような名前のホテルに泊まった事がありましたので懐かしく思い出しました

いいお天気でよかったですね
丁度その日のお昼頃に私は飛行機で大阪に向かっていました

遊さんの暮らしは優雅ですね

Posted by テルテル at 2010.05.14 21:35 | 編集
びおれさん
白馬は長野からオリンピック道路を使うと1時間弱ですから早いですね。
此処の前の道を真っ直ぐ進むとリフトで上がり、黒菱平で高山植物も見られるので初夏の頃が宜しいかしら。
悠と一緒だと安曇野まで飛ばすので、花好き料理好きとご一緒でゆっくり出来て良かったです。

びおれさんが以前書いてくださったので話したら唐木さんはよく覚えていらして「お店をなさってお止めになった」と話しておられました。
びおれさんのお花はそういう下地が有って素敵なんですね。

このギャラリーでは紅茶や中国茶がメーンのようですが、私達はまだ一度も頂いてないので、あの空間でゆっくり出来たらいいなぁと思います。
Posted by at 2010.05.14 10:48 | 編集
遊さん 素敵な一日を過ごされましたね
唐木さちさんは10数年前の私のカルチャースクール時代の先生
懐かしく興味深く拝見しました

ラ・ネージュ東館は皆さん絶賛されるので一度行ってみたいと思ってた所
そして「森と人と」のパーティー、シックで遊さんにピッタリと思います
おいしいお料理を楽しんだり、優しい野の花生けを見るのはは心の栄養・・
お写真もいいアングルでなかなか良いですよ

白馬に行ったら「森と人と」に是非寄って見たいと思います
いつも開いているのでしょうか

Posted by びおれ at 2010.05.14 00:12 | 編集
浮遊子さん
ラ・ネージュは少し標高が高いのか山野草はこれからですね(又寒くなったし)
唐木さんのお花も今回は脇役でしたがハッカクレンとか牛蒡の葉なども有りました。

そうですか、お庭のシーンをご覧になったのね。
先日鶴太郎さんも見えられたそうで、「お庭の花を見たい」と言いましたら「どうぞどうぞ東海北陸高速だと近いですよ」と応えてくださいました。
Posted by at 2010.05.13 22:23 | 編集
白馬ラ・ネージュ東館 以前 遊さんが紹介していらして
とても印象に残っていました。
確か Kさんも行かれましたね♪ ここはいつか女性の友と行きたいですね。

唐木ちささん 確か 川瀬敏郎さんの特集番組で広いお庭で
山野草を育てておられる方と紹介があった気がします。
そのお花を川瀬さんが活けておられ 素晴らしかったです。
遠い記憶がよみがえってきました♪

重厚なガラスに良く合う花選びが さすがに絶妙と思いました。

遊さんが持ち帰られたガラス いつかご披露くださいませ。
Posted by 浮遊子 at 2010.05.12 23:33 | 編集
oldroseさん
今コメントして帰ったところです。入れ違いでしたね。
お庭はチップを敷いてあったので夏草があのように伸びるでしょうか?
前は自然のままのようでした。
マダムと呼ぶのに相応しいようなステキな方で新聞記者をなさっておられたそうでニューヨークにもお住まいだとか?(又聞き)

花器は口が楕円形に広いので活けるのが難しかった~
何しろ腕が悪いので。
Posted by at 2010.05.12 22:53 | 編集
またまた白馬へお出かけでしたか♪
唐木さちさんの挿花は シンプルで素晴らしいですね

『森と人と』 昨秋素敵にガーデニングライフで放映されていたところですか? 春はまた雰囲気が違っていますね
建物も素敵だしお庭もゆっくり見に行きたいわ

お持ち帰りのガラスの器 また宝ものが増えましたね♪
Posted by oldrose at 2010.05.12 22:28 | 編集
ウランさん
本当に別世界でしたが1人ではなくて皆で行けば怖くない(笑)
しばし遊んできました。

この東館の前庭の山野草は本当に沢山有って素晴らしいのですが、まだ早かったです。
家のシラネアオイは此処の実生苗を貰ったので今回写真を持っていって見て。貰いました
ひとりでに生えた物もあるようです。

ウランさんも色々お楽しみですね。
Posted by at 2010.05.12 21:25 | 編集
おはようございます~。
なんと素敵な雰囲気の時間をもたれたことでしょうね~。
私からみれば、「家庭画報」の世界・・・。
表現が難しいのですが・・・・。(笑)

先日プチ同窓会をしました。
女性は持ち寄りの惣菜、男性はお酒類・・場所は元旅館だった同級生の自宅で・・・。
こんな会もいなあ・・って実感でしたあ・・。

遊さんも道の駅でのお買い物・・・お好きなんですね~。
私も大好きで~~す。
シラネアオイでしょうか・・・薄紫の花が顔をだしているのは・・・・。
Posted by ウラン at 2010.05.12 08:10 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。