--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.05.07

彦三(ヒコソ)緑地

4月から通いだした尾張町の病院が早く済み、木曜日で帰宅時間が気にならないので、長い事気になっていた彦三のツツジを見に廻った。
開園してから既に30年は経っていて花の盛りにはニュースでも紹介されるが、一度も訪ねたことが無かったのです。
「旧家の庭にツツジが沢山植えられている」漠然とそのように思い込んでいたのですが、行ってみたら広い所で驚きました。
立派な門が三箇所に作られ、休憩所やツツジ資料館なども整備されていました。

老舗が多い尾張町から入った彦三一番町界隈はお屋敷町で立派な家が多かったが今はビルも増えたようです。
ここからくらやみ坂を降りれば主計町や東茶屋街も近く三々五々見物の人達が訪れていた。

6彦三緑地
元々は加賀藩に仕えた遠田家(約千石)の屋敷跡で通称「遠田のつつじ」と言われ6代藩主前田良徳から贈られた樹齢約250年の銘木を残す為に作られたようです。
その苑地はツツジ保護の為に囲われて入れないが、真っ赤なノトキリシマの株が幾株も咲いていた。
お蔵は近年資料館として整備されたようだが中には歴史資料とツツジの説明があり、楠の木のある辺りが住居跡らしく、周りにあとで植えられたつつじは72品種1,400本のツツジと13品種80本のボタンが咲いていました。

6彦三緑地2

生憎真夏のような暑さで牡丹はだらりとしていたがツツジは盛りでした。
カメラが無くて携帯の写真で個々の花は写せなかったが「くろふね」が好みでした。
又我が家で咲いている「ムラサキヤシオ」はやや高山性のため名札だけで株は無かったが 、資料の説明によると「レンゲツツジの系統で北関東・北陸近畿地方の雪深い所に生え、紫の染汁に何回も染めたような赤紫色なので紫八塩ツツジと呼ぶ」
そういえば葉はレンゲツツジと同じだが、花は全然違い、1000m位の所でプリンと咲いたこの花に出会うと嬉しくなったものです。

前項の我が家のツツジに有るムラサキヤシオはスキー場造成地でばっさり切られた株の葉を見て貰ってきた中の1本を大事に育てて10年位経っています。
又余談ですが、金沢で標高が最高で難易度の高い「高三郎」に登った時、頂上真下でこれの白花に出会ったのです。
廻りに確かめる人も居なくて「アレは幻?でも間違い無し」二度目は一寸季節がずれていて確かめられなくて今でも心に残る花ですね。
この記事へのコメント
ショパンさ~~ん
やっと良い季節になりましたね。
今日は白馬でシラネアオイやトガクシショウマに逢ってきました。
場所によって芽出しはマチマチでしたが。お宅のほうは之より一寸遅いかと思ってました。

あら~Kennさんもこちらに?
残念ながら緑のジャンパーの方とは入れ違いになってお話が聞けなかったです。
今は各所にボランティアの方がいらして皆さん親切ですね。
Posted by at 2010.05.08 21:57 | 編集
遊さ~~ん♪
偶然翌日Kennさんもこちらに行かれたんだそうです♪
なんでも緑のジャンバーを着て、管理されてる方と
お知り合いなんだそうです♪
  それにしても6日の日は暑かったですよね・・・
私も街に出てあまりの暑さにぐったりしましたもの
それなのに、今朝は霜がおりてましたし、こんなに
気温差が大きくては植物も大変ですよね
Posted by ショパン at 2010.05.08 19:54 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。