--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.07.12

芸妓さんのお稽古風景

これも市の広報で見つけた催事で娘も行きたいというので申し込みました。
金沢には東・西・かぞえまちと呼ばれるかっての廓跡があり、今は茶屋街としてきれいに復元整備され観光の目玉になっています。
此処には芸に秀でた芸妓さんが沢山居られ、そのお稽古の様子を一般に開放して見学できるのです。
以前は一見さんはお座敷に上がるのも大変で旦那衆の社交の場所だったようですが、この頃は色んな催しが企画されているようで、ニュースに出たりしていますね。
11主計町1
ここ主計町には美味しいお鍋の店があり何回か来ましたが、ゆっくり歩いたのは久し振りです。
店構えの木格子もキレイになり伝統工芸を並べた一寸高級なお土産店もできていて驚きました。
最近お店が増えすぎた東茶屋街に比べたらひっそり静かで落ち着きます。
お稽古場はこの店の横の細い小道を入った奥にあり玄関には芸妓さんの名前が書かれた団扇が飾って有りました。
二階に上がると初々しいきれいな方がお茶の接待をしてくださいました。椅子が用意されていたので一番後ろでしたが有り難い。
11芸妓お稽古風景
始めに全員で素囃子です。
結婚式やお祝いのお席で何回か見聞しましたが、黒紋付姿で正装の芸妓さんがずらりと並んでの素囃子は格式が高くピタッと会場を引き締めて素晴らしい。
東京や京都に並ぶと言うより勝る品格がありますね。
ここでも太鼓・オオカワ・小鼓・笛に三味線と唄が揃って締まります。

その後は小唄や長唄にあわせて一人づつの舞があり、最初の男舞の方と最後の年配の方が素晴らしかった。
総踊りの後でお座敷太鼓の型を幾つか披露し、その後見学者の中から希望者が手ほどきを受け最後に三味線に合わせて嬉しそうでした。
今回は無料で各茶屋街で何回か催されるので、西でも見たいと思って聞きましたがもう締め切りが終わっていて残念でした。
娘は以前有料の時にも参加したが今回のは本当に良かったと感激していました。

終わって外に出ると、直ぐ前が暗がり坂へ登る道です。
これという名前が無かったので金沢にゆかりのある五木寛之氏にお願いしてつけられたそうですが「くらがり坂に明かり坂」流石ですね。
昔ハイキングクラブの冬の例会で通ったきりですが坂の上まで結構有ります。
11主計町

この後写真展やカメラやさんに連れて行ってもらい車で南へ北へ・・・
写真展では前のサークルの方にもお目にかかり素敵な作品も見られて良い一日でした。




この記事へのコメント
おばちゃま
ビビアンさんに負けないくらい金沢通になってくださいね
こちら地元に居ながら知らない事ばかりで・・・この前やっとつぼみに行ってきました。
あそこも裏に流れる用水の石垣が借景になっていましたね。

裏千日町も犀星の生家と西茶屋に近いので一度行きたいです( v^-゜)Thanks♪

昔京都の祇園で芸子さんと舞妓さんを上げて散財・・・イエ散々でした~
祇園川上の狭い部屋でゴ一行サマは雨に濡れた着物で窮屈この上なしで、風情は無かったですシュン
Posted by at 2009.07.13 16:04 | 編集
ショパンさん
昔は閉ざされた世界でしたが、観光に一役買って開けてきましたね。
一番若い子が又きれいで初々しくて、男性でなくても惚れ惚れ見とれました。
旦那衆がほおって置かない?・・・小説の一片が浮かんでくるような・・・風情でしたよ。
冗談ですがエディーさんやkenさんにお似合いかもシツレイ

でも流石に年長の方の舞はお見事でした。
Posted by at 2009.07.13 15:49 | 編集
よーぜんさん
この頃良くお茶屋遊びの体験がニュースで流れますが、これはお稽古風景で締りが有って良かったです。
秋にもあるようですから見逃さないで行きましょう。
あのお鍋やさんも間口3間くらいだったのに随分広くなりましたね。
金沢弁の上手な女将さんでしたね。

ここは浅野川の川底と同じような高さで、昔から良く水害に遭っていました。
お気の毒に昨年も酷かったのかしら?あの堤防から溢れたらオシマイですもの
Posted by at 2009.07.13 15:39 | 編集
ビビアンさん
何時もは大橋の上でそれも乗り物の窓から眺めるだけですが、歩いてみると静かで情緒がありますね。
そうそう川下に町屋の食事処が有るというので其処まで行きましたが2時過ぎで終わっていました。
矢張りビビアンさんご存知でしたのね~~
娘が金沢グッドウイルで海外の観光客のお世話をしているので色々情報が入ってくるようです。

此処にも芸子さんが沢山おいでることを知り少し驚きました。
今月末から浅野川園遊会が始まるそうですよ。
Posted by at 2009.07.13 15:19 | 編集
是非 主計町
行って見た~い
お座敷遊びはなかなか 叶いませんが 昔
芸子さん付きの 料亭でのお食事会に参加したことがあります 髪を結い上げ 裾をひいて
それは うっとり 
日本の美意識 を体感できる世界でした
県立美術館へ ガラスを観に 行って来ました
やはり 加賀百万石は すごいです
兼六園の みどりが きれいで 苔が一時期よりは増えた気がしました 辰巳用水が 街の中を流れ 昔と今が 渾然一体となった 金沢は不思議な街ですネ
大好きな街になりそうです
  
Posted by おばちゃま at 2009.07.13 14:13 | 編集
金沢ってやっぱり風情があって、素晴らしいですね~♪
そして芸妓さんのお稽古も見られて
良かったですね~~♪

くらがり坂 あかり坂 それぞれに趣があって
ネーミングもぴったりですo(*^ー^*)o
Posted by ショパン at 2009.07.13 11:26 | 編集
こんにちは。
金沢に住んでいても、なかなか見ることのできない風景の一つですね。とても貴重な体験だと思います。
主計町のお鍋やさん、私も行ったことがあります。
もともとおいしいお鍋ですが、あの場所で食べるからなおさら、格別においしく感じてしまいます。

去年の水害ではたいへんな被害にあったのに、何事もなかったかのようにすっかり元通りですね(内実はどうなのか、わかりませんけど)。ほっとします。
Posted by よーぜん at 2009.07.13 09:51 | 編集
主計町の風情 大好きです。
特に夕暮れの情緒は最高ですね。
お鍋屋さんからもう少し行ったところに
すごくお気に入りのお店がありますし
路地裏のような細い通りも大好きです。
昔 子供の頃にあった黒塗りの木のゴミ箱が置いてあったりしますが
今では斬新に見えるものですね。
東でも西でも、時々お三味線の音が聞こえてきたりして
しばし 佇んでしまうことがあります。
Posted by ビビアン at 2009.07.13 09:29 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。