--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.06.28

まいどさんと歩く

市の広報の「まいどさんと歩く <一向一揆伝説と小立野寺院群>」が目に留まり、興味が沸いて身体の鍛錬も兼ねて申し込みました。
「まいどさん」とは、金沢の街の観光ボランティアガイドでこの日は10名位の人がお世話下さり、総勢40名が5班に分かれて説名を聞きながら歩きました。
小立野台は兼六園から東に伸びた尾根状の台地で坂が多い。
前田利家が織田信長の命で一向一揆衆を滅ぼし平定する以前は各所に砦が有ったそうで、地の利を見るとなるほどと頷けた。
又天徳院を始め如来寺や宝円寺は前田家ゆかりの寺で藩政時代は広大な寺領を持って前田家の庇護も受けていたが、明治以降金沢大学や刑務所・後に美大や七連隊などに土地を収用され、その上現在は大きな道路が出来て昔の面影は無いが、境内は広くて夫々の歴史は興味深い。
26小立つ野
開通したトンネルや広い道路から急な天神坂を下った所に菅原道真を祀った椿原神社がある。
新しい道が出来るまでは小立野台から下る唯一の坂で鬱蒼とした暗くて細い坂です。
社殿で一向宗の話を聞いたが、ここは砦跡で金沢城も望め、重要な拠点だったらしい。
崖下の天神町は昔のままの狭い通りで、崖の上には「5人扶持で有名な松」が見える(吉田茂宰相時代に国務大臣を務めた林家亀次郎邸跡で此処でも毎年茶会が催された)
今度は馬坂を上り宝円寺へ。
馬坂は初めて通ったが、途中に延命地蔵が祀ってありニュースで見たことのある一つ灸が7月1日に有るらしい。
登った所は見覚えのある宝円寺近くで、此処には俵屋宗達の墓所があり毎年茶会が催され、以前は良く通った所です。
が裏の墓地へ行ったのは初めてで、かって前田家の墓地だった名残のお墓が残っている。
明治に入ってから前田家は神統に変り、総ての要人の墓所は野田山に移され鳥居を立てて祀ってある。が、此処にも鳥居が幾つか見られた。
俵屋宗達の墓を見て外に出ると谷を隔てた彼方にお城が見える。
興味深かったのは、関白秀吉没後伏見邸で家康と対面した利家が、自像を描き髪を切り和尚に埋めさせたと言う御影堂と御髪堂がありました。
奇しくも今夜の天地人での景勝の遺言と同じで、昔の武人の気概を感じます。
其処から木曾坂と呼ばれる坂を下り(深い谷で木曾はこの様なところかと付けられたらしい)点々と小さなお寺が並んでいた。
26坂
寺の詳しい説明は聞けなかったが小さいながら夫々趣があり、浄土真宗に見られるよなどでかい構えではない。
八坂(ハッサカ)の下で解散。2時間15分の散策でした。
きれいに整備された八坂を上れば左側がかって陸軍病院だった国立病院で、登りきったところが兼六園です。
直ぐタクシーが通ったので一目散に家に帰りました。
春頃から足の調子が悪いのに参加したので、坂の上り下りが堪えて、大変疲れました。
まいどさんに「良く最後まで歩けたね」と言われたが、さぞかし見苦しい姿だったのでしょう。
ただ暑い日だったが湿度が少なくて日影に入ると涼しい風で気持ちが良かった。

長年金沢に住んでいるが初めての所が沢山あり、頂いた地図を頼りにフラットバスも有るようなのでぼちぼち歩いてみたいです。

この記事へのコメント
よーぜんさん
脳と身体に活力を!と思って参加しましたが、今の私には結構きつかったです。
整形でも接骨院でも結局加齢現象で片付けられますし、自分で加減するより無いですね。

雨が降って朝の行事が減ってほっとしてますが(^_-)-☆
小さな二番花が咲いて慰められますね。
Posted by at 2009.07.01 09:46 | 編集
こんばんは。
まいどさんと小立野をめぐってきたのですね。
引っ越す前はあちらのほうに住んでいましたので、とても懐かしく拝見しました。(今でも近いといえば近いのですけど)
車で通るとどうということはないのですが、金沢の町は本当に坂道が多いですね。車が通れないところも多々ありますし。
ご無理なさいませんように。
Posted by よーぜん at 2009.06.30 22:16 | 編集
さくらさ~ん
一年振りにお会いできるのを楽しみにしていましたが、色々重なってとても残念です。
あの小さなカスミソウのようなお花は「かすみの姫」ですか。
早くに枯れたので残念でしたが下のコンクリートの隙間から生えて、何かしら?と思っていたらどんどん広がって咲いたらビックリしました。
今度は気をつけて種取しないといけませんね。

さくらさんも暑いのと歩きは苦手ですか?
でも三人お揃いでお出掛けなされて宜しいですね。
私も三姉妹ですが一番下なので長姉はもう居ないし中の姉も義兄の介護で出られません。
今の内にお楽しみになってくださいね。
Posted by at 2009.06.30 00:01 | 編集
遊さん
さすが歴史のある街 金沢ですね。
歩いてまわるといろいろ発見があって楽しいですね。
それにしても坂や階段が多いですね。
私は目の左右の度が極端に違うので、
階段の最後の一段が見えにくて、凄く怖いです。

あら!信州 残念です。
お会い出来ますのを、楽しみ楽しみにしていました。
どうぞくれぐれもお大事になさって下さい。

↓遊さんちも「かすみの姫」満開ですね。
小さな花ですが、可愛いですよね。
私は鉢ですが、こぼれ種で増えるんですね(*^v^*)ニコッ♪

Posted by さくら at 2009.06.29 23:06 | 編集
はっちゃん
山登りをしていた頃から登りは強かったが下りが弱くて・・・膝を傷めた今は尚更下りが辛いのです。
術後西国三十三札巡りの時はまだ良かったのに・・今だったらとても参加できません。
新しい接骨院にも行ってみたけど効き目が無さそう(>_<)

残念ながらそうなんです。
ラシラスのタネやトリステスの球根など持参しようと心積もりして居たのですが、どうにもだるくて、何もする気が起きないんですよ。
下肢閉塞性動脈硬化も診て貰ったけど只の動脈硬化で年齢並みだそうです。嫌ね~
Posted by at 2009.06.29 22:06 | 編集
歴史のある町、金沢なので、こうした市の催しがあるのですね。
興味を持たれて、お出かけになり、新しい発見をされ、素晴らしいです。
でも、ちょっと坂がお辛かったようで、ご無理のないように身体休めてくださいね。
畑で鍛えていらっしゃるけど、上り坂は堪えますね。
私も上り坂は大嫌い(~_~;) 階段も苦手になって来ています。

金沢の観光地とは違った歴史的箇所を拝見させていただいて、ありがとうございます。

今回・・・??? 信州のことかしら?
お会いできないのかな? 
Posted by はっちゃん at 2009.06.29 21:40 | 編集
気ままさん
有難うございます。
なんだかだるくて重くて今日は筋トレをさぼってしまいました。
筋トレでご一緒の方も来ていらして紫陽花を取って居られたので挿し木用に終わる頃持っていったらその方も酷くて「帰ったら寝たわ」と言ってました(笑)
まるで大雪山大縦走の後に味わったのと同じ疲労感で、年齢を痛感しました。

今回は本当に残念ですぅ。
Posted by at 2009.06.29 17:03 | 編集
とてもすばらしい企画ですね
でも、坂道の上り下りは足に堪えますね
遊さんは頑張りやさんだからきっと無理なさったのですね

今回は残念ですが体を大事になさってくださいね
今日は天気予報も外れてよい天気です
でも、家の中はエアコンをつける季節になって辛いですね

薔薇の2番花が色々咲き出して楽しんでいます
Posted by 気まま at 2009.06.29 10:56 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。