--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.04.20

今日の散歩は

悠の朝の日課 お絵描きとパソコンタイムが早めに済んだので、11時半頃から山の方へ行きました。
山は木の芽が萌え出し今日の天候と相俟ってぼ~っとかすんでいます。
いつものお蕎麦やさんで鴨かけと蕎麦掻きご膳を頂き、近くの村の中にスケッチに良い場所が無いかと一回りする。
この頃はどのような山の中でも古い家が無くなりましたが、冬の雪囲いもまだ取らない家がある。
この頃は雪が少ないので頑丈な囲いをする家も少なくなったのでしょうが。
20鳥越村
「手取川」は白山から流れ出し、日本海に注ぐ石川県で一番大きな川ですが、唯一この辺りで峡谷らしき姿を残して、「不老峡」と呼ばれています。
私には高校時代に遊びに来た事や子供達が小さかった頃ここまで急な道を降りてバーベキュウをしたことなど、思い出の場所です。
この頃夏には川下りなど催しているようですが全く来た事が無かったのです。
今回立ち寄って貰ったら展望台が出来ていて「綿が滝」と谷が見えるようになっていて驚きました。

その後近くの持ち山にも寄り、少し入って見たが荒れていて、昔蕨やぜんまいを取った斜面が見える所で引き返した。
此処にはニリンソウがびっしり生えていたしその奥にはイチリンソウも有ったのに、一人なので勇気も無く見ることが出来なかった。



この記事へのコメント
ビビアンさんへ 追伸
「りんどう」でした
Posted by at 2009.04.21 15:04 | 編集
ビビアンさん
あったりー悠はあそこが好きで良く行くのですよ。
私は違う所にも行って見たけどいつもおんなじです。
曲がり角・・・「りんど」ですね。
和田屋さんの分家です。
和田屋さんの元女将さんが獅子パークにもタイムとか言う店を出されて若い子に人気らしいけど、悠にはちょっと。
あの「そそり」も私はもう一度行きたい店ですが、悠は?
せっかちだから雰囲気を楽しむ気持ちが無いのです。
「あまんみゃ」もビビアンさん好みだと思いますが行ったのは数年前なので今でも有るか判りませんが・・・

山歩きと好みのお店に入れたら最高ですね。
今は山側線で楽になりましたでしょう!
車が出来れば思いのままにスイスイですね。
Posted by at 2009.04.21 15:01 | 編集
テルテルさん
私も山ではないけど田舎育ちなので、入り組んだ小道の村の佇まいは心の故郷に思えます。
時々子供心に怖かった道など夢に見るんですよ。
今は何処の家も新しくなって木の家が少なくなりましたね。

そうそうあのログハウスの喫茶店、行きも帰りも「あそこ良いんだって大阪から来る人も行くそうよ」と水を向けても素通りでした(ー_ー)!!
町では無くても良いけど不便な田舎ではマイ運転でないと駄目ですね。
憧れの今津の浜大根も終わったでしょうね。
Posted by at 2009.04.21 14:30 | 編集
もしかして・・・お蕎麦屋さんは「みたき」ですか?
ここしばらく鳥越方面に出かける機会がないので
いろいろと思い出しながら、見せていただきました。
何度行っても好きなところです。
ひめ神社近くの曲がり角にある(名前を忘れてしまいました)
山菜と川魚の料理屋さん・・
鮎の塩焼きが絶品ですね。
あとは焼き油揚げ・・
美味しくって、わざわざ油揚げを作っているお豆腐屋さんに寄って
買って帰ったこともあります。。
新緑の季節・・近いうちに行きたいです。
Posted by ビビアン at 2009.04.21 11:19 | 編集
私が育ったところではないのですが、この風景は懐かしく思えます
毎年夏休みはそちらで過ごしていましたから、山の匂い、風の音、野菜の味・・・今では資料館で見るような家の中の道具、夜道の暗さ、どれも映像を見るようにはっきり覚えています
手取り川はもっと深く水が多かったような記憶です






Posted by テルテル at 2009.04.21 07:21 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。