--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.04.11

老谷の大椿

春は雑用が多くて又ブログのアップが間延びしてしまいました。
花冷えが長く続いた後に今週は気温も上がり、桜さくら~の上天気になりましたね。
お料理に畑、桜と沢山溜ってしまいましたが、元気を出して・・・先ずは


老谷の大椿 4月4日
三月初めにショパンさンの所でこの写真と記事を拝見して圧倒されたのが始まりです。
○十年前に椿に凝って北陸地方の名花や番付などを興味深く見ていたことも有りましたが、この大椿は全く知らなかったのです。
直ぐ色々調べ地図で検索しましたら案外近くて行けそうなので、Masakomamaとnaoちゃんにお願いして出かけることになりました。
4全景

羽咋市志雄町から山越え大回りをして氷見市岩瀬 行願寺を目印(カーナビ)に。
志雄町のたにぐち菓子店の「おだまきが美味しいよ」と通りすがりに買い求め、土手の桜並木も満開にはさぞかしと思われる所を過ぎました。
思っていたより道幅も広く県境の峠を過ぎて直ぐ「大椿近道2キロ」の看板が出ていたが何故か通行止め。
立派な道なのですり抜けて進んだが崖崩れで駄目でした。歩けば直ぐのような気もしたが戻ってぐるぐる回り行願寺で其処から標識に従って直ぐでした。
大きなお家の方の持ち山らしく簡易トイレに生水の手洗いまで設置してあり、案内地図や道も整備されて、この家の方の椿への愛情が伺えました。
周りの畑にも色んな椿が植ええあり、其処から歩いて直ぐの所にその大椿は鎮座していました。

前述の写真の印象が余りにも強烈だったので、沢山の支柱に支えられ大きな傘をかぶったような葉陰に幹が隠れていた為かイメージが一寸違いました。
階段が作られていて、上がると「さしまたの椿」と呼ばれる由縁の幹がどーんと目の前に飛び込んできます。
樹齢500年の幹は多くの支柱に支えられながらも、青々と茂り沢山の赤い花をつけて、簾のように垂れ下がっていました。
きちんと手入れをしておられようです。
私のカメラでは入りきらずNaoちゃんの広角で撮られたものを

4nao.jpg

何枚かを合成して一寸グロテスクですが、初めのイメージに近づけた物を見てください。
考え無しで撮ったので無理して暗転部に散り椿を貼りました。
4大椿
一番下の写真では幹が少し見える。

着いた頃から小雨が降り出し、途中雨に濡れながら伸びたフキノトウを摘んできました。
同じ道を帰り、羽咋の上杉でお蕎麦を頂きました。
途中で試食した黒米の粉で作った皮に胡桃味噌餡の「おだまき」が美味しくて、寄り道したかったが、16日から20日間M座に出品されるそうなのでそれまでのお楽しみに。
他にヨモギや白・黄・ピンクの皮は総て米粉だそうで餡も粒餡漉し餡味噌餡で3日たっても柔らかいままでした。



富山県指定文化財
(天然記念物)
昭和40年4月1日指定
 
 左右2本のツバキのうち、大きい方が指定となっている。ヤブツバキで、幹回り3.4㍍、樹高6.6㍍、枝張りは、東西約8㍍、南北約11㍍の広がりがあり、その面積は約50平方㍍(約15坪)を占める。樹齢は500年以上と推定される日本でも屈指の巨樹で、3月中旬から4月中旬にかけて真紅の花を枝いっぱいにつける。落ちた花で周囲が敷き詰めたようになている様は格別である。

 地上80㎝から太い3本の幹に分かれ、さらに伸びた枝が複雑に絡み合うその形状は異様で、「刺股(さしまた)の椿」の別名がある。
その昔、飢饉に苦しむ民のため城主に直訴した家老が怒りを買い、一族の男子が刺股で処刑された。飯原家から娘が嫁いでいたが、夫の非業の死で悲しみのうちに亡くなり、娘の墓標の代わりにこのツバキが植えられたという伝説がある。

富山県教育委員会
氷見市教育委員会  看板より





この記事へのコメント
バーバさん
ショパンさンのは文中にリンクしてありますから見てね。
あの写真は一度見たら忘れられない位凄い!

本当に変な人が増えましたね。
道端で胡坐ををかいタリ車中でお化粧したり・・・・

<夫と富山に行く機会がありましたら、是非寄ってみたいです♪ >
椿の季節以外は何もない所ですし、一寸寄り道するには不便な所です。
他にも良い所が沢山有りますから・・・
今年の国際バラショウ行かれるの?
Posted by at 2009.04.13 23:46 | 編集
ウランさん
いつもコメント有難う~~
むたむたしているうちに早桜も散り始めましたね、
その点椿は種類が多いから長く楽しめますが、今藪椿が赤くてかわいいですね。
このちょっとおどろおどろしい椿も花は可愛いかったです。
樹齢は500年だったので訂正しておきましたがそれでも凄い長生きですね。
Posted by at 2009.04.13 23:38 | 編集
遊さんの行動力の方が凄いです\(@_@)/
私は何故か丁度ここで話題になっているショパンさんの記事を見逃していたのです
だから、初めは何のことやらチンプンカンプン・・・・・

>お墓の基壇に腰掛けて、キャンバスに絵を描く人が居て、びっくり・・・・・
香川県直島に行った時、民家のカフェの座敷に欧米人の金髪の御婦人が床の間の袋戸棚の上に座布団を置いて座ってらしたのを見てビックリ!
よほど、「床の間は日本の神様の御座所で・・・」と伝えたかったけど・・・・・

老谷の大椿の場合は日本人でしょ!超ガックリですね(-_-;)

夫と富山に行く機会がありましたら、是非寄ってみたいです♪
大昔に飯原家からお嫁に出られた娘さんの悲しみがもう既に癒されているといいですね
昔の人としてはそれがケジメだったのでしょうね
Posted by バーバ at 2009.04.13 22:53 | 編集
ショパンさん
コメントを下さった方々もあの画像が印象深かったようですね。
あの写真は勿論kenさんではないのでしょうが・・・
あれがお宅に有って15年振りにネットの世界にデビューして、こんなに輪が広がるのですからこれも凄いですね。
氷見にお住まいのビビアンさんやゆりかごさん達もこのご縁で初めて見に行かれたそうですよ。
私達の先に車が有りましたが岐阜ナンバーで団塊の世代風のご夫婦でした。
後から来た方は皆富山ナンバーでしたが。

kenさんが行かれた時にはお掃除の後?
桜のように一度に散らないので時間が経つと汚くなるからかしら。
私達もあの程度でした。
何しろあの写真は凄すぎます!!

福岡の方・・巨樹の会とか?家の近くに城跡を巡っておられる方も有りますしその道を極める方が色々有るんですね。

kenさんの感想~田舎ののん気baーさんなのにハズカシイ~
Posted by at 2009.04.13 18:10 | 編集
こんにちは~。
すごい大椿のようですね~。樹齢700年ですか・・・
木に手を置いて、元気をもらいたいですね~~。

管理も大変でしょうし、本当愛情がないと木の精も応えてくれませんよね~~。

見事な大椿、ありがとうございました!
Posted by ウラン at 2009.04.13 15:36 | 編集
遊さ~~~ん
素晴らしくまとめてくださったので
解りやすくて、大木の迫力も伝わってきますね~~

9日の日にkenさんがもう一度ここを訪れたそうですが
落ちた椿を楽しみにしていたのに、掃除されていて
残念だったそうです

その時この椿の後ろにあるご先祖のお墓に
お参りしようとしたら、お墓の基壇に腰掛
けて、キャンバスに絵を描く人が居て、びっく
りされたそうです。 話をすると、ネットを見て、
見たくて来ましたとの事でした。何と九州
の福岡から来たそうですよ・・・

そして、遊さんもここにいらした事を知り驚かれていまし
 「<遊さん>と言えば、私を、(ゆべしの
人)と言われた方で、あの文章を、拝察
し、・・一本芯が通り、人生を深く理解さ
れてて、凛んとした生き方を、なさってる
達人と、感じた印象を持ってました
・何と、東京にお住みと想ってま
したが、金沢在住みたいですね?
 それにしても、 そんな方を、お友達に
持つショパンは、すごすぎですよ」とメールを下さり
なんだか凄く鼻が高くなった気分です~~o(*^ー^*)o

Posted by ショパン at 2009.04.13 11:22 | 編集
浮遊子さん
さくらさん
えんじぇるさん
皆さんショパンさん所でご覧になり感動なさったのですね。
私もあの写真とお話には強烈な印象を受け「何々近くではないの?」と驚きました~
昔は山の秘境だったのでしょうが今は道も良くなり思った以上にすいすいでした。
あの近道が崖崩れでなければもっと簡単で、写真に見える林道が崖崩れのあった道でした。
それにしても今のカーナビは山奥のお寺でも出てくるのでビックリ。
私達は使いこなせないだけでひたすら電話番号のみです(爆)

同じ話題なので纏めでごめんなさいね  遊
Posted by at 2009.04.13 06:17 | 編集
老谷の大椿を見てこられたんですね!!
ショパンさんとこで見せてもらってたので椿の巨木樹齢700年も凄いし、歴史を感じます。
そこまでの道中も大変危険とかで心配してました。
無事に行かれてこんなにたくさんの画像を・・・
とても行けない(遠い~い)こうして見せてもらえてありがとうございました。
Posted by えんじぇる at 2009.04.13 00:12 | 編集
私もショパンさんのところで拝見して
樹齢700年の椿がある事に驚きました。
遊さん 早速お出かけになったのですね。
沢山の支柱に支えられ、大切に思われている
お宅のお気持ちが伝わってきます。

沢山のお写真で様子がわかり嬉しいです。
素晴らしい椿のご紹介有難うございます。
散り椿も素敵ですね。
Posted by さくら at 2009.04.12 22:43 | 編集
ショパンさんが紹介していらして感嘆しましたが
それを見に行かれた遊さんの行動力が凄いですヽ(*゜∀゜*)ノ
樹齢700年ですか!
とても椿とは思えない堂々とした幹 歴史を感じますが
人さまのお手入れの賜物も貢献していますね。

名木を見せていただき ありがとうございましたv(^∀^)
Posted by 浮遊子 at 2009.04.12 22:18 | 編集
気ままさん
私もあの写真が強烈で圧倒されました。
15年も前の写真ですから支えもなく道も悪かったのでしょうね。
幹は凄いけど、抱え咲きの優しい藪椿でした。

広告の件有難うございます。
突然出てきたので驚きましたが、夕べQままさんの所でメモリ設定しました。
Posted by at 2009.04.12 10:01 | 編集
ビビアンさん
3月に行かれた記事を参考にして4月に入ってから行きましたが、まだまだ沢山咲いていました。
老木なのに手入れが良いので葉も花もキレイでしたね。
雨降りになり神音カフェは又今度に。
氷見は海も山も良い所が一杯ですね。

この頃はどんな山奥でも道が良くなり、嬉しいですがノーカーなのが辛い所、乗せて頂けて感謝です。
Posted by at 2009.04.12 09:55 | 編集
ショパンさんのところで拝見してすごいなぁと思っていました
そこに行くのはすごく危険なように思えましたがそんなことないのですね
それにしてもこの幹の曲がりくねった様子は歴史を感じさせられますね
遊さん見に行かれて良かったですね
私も見せていただき嬉しいです

さくらもやっと終わり落ち着きましたがまだ八重桜が・・(笑)
下の広告をもし削除するなら次のようにすると消えます

管理画面の環境設定の変更→ブログの設定→
記事の設定をクリックするとその下にアカマイの設定というのがあり、そこでアカマイを利用しないにして更新をクリックしてください

Posted by 気まま at 2009.04.12 00:32 | 編集
老谷は山の中とは言え、道路も広く
綺麗に整備されていて、危険な個所は何一つありませんよね。
看板もところどころに設置されて、わかりやすくなっていますしね。
ヤブツバキでは日本一だそうですから
全国からマニアの方がいらっしゃるようで
これは地元の私も知りませんでした。
地元にいると、いつでも行けると思ってしまうので
逆に花の時期の逃してしまいます。
でも今年は もう一回 見て来ようと思っています。
Posted by ビビアン at 2009.04.11 23:41 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。