--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.02.20

ラン展へ 2/18

今週はずっと雪模様で気温も低くお篭もりでしたが用事ついでに洋ラン会のラン展を覗いて見ました。
一時ほどの華やかさは無いが「そういえばこんなのも育てていたな」と懐かしく一巡して販売コーナーへ。
もう増やさない積りがデンドロのスペシオサムクラシリカウルとシクラメンの原種コウムを持ち帰った。
美しい花を見ると、手入れも怠って瀕死状態の株を手入れして再生しなくてはと思いました。
らん



鎮魂歌
今は無きラン達を02年03年のデジカメ記録から探し出して纏めてみました。
この頃は既に極く僅かになっていましたが。
20思い出のラン
子供が大学時代で上京したときにはラン園を訪ねた事もありました。
東京や名古屋のドーム国際ラン展にも行きました。
大きなカトレヤは見事で存在感がありましたし、原種系は夫々個性があり面白かった。
設備が無かったので、色んな工夫をして栽培していましたが、若かければこそ!でしたね。
素焼きの鉢を大から小まで山ほど買い込み(笑)ミズゴケも能登へ採集に行き担げるだけ担いで持ち帰り(車)乾燥して使ったり、よくやりました~
昨日は注文したスリット鉢が山ほど届き、之で突然死したら後の者が困るでしょうに・・・いつまでも困ったbaーさんです。


この記事へのコメント
ウランさん
今日も午前は曇りでしたが早々に降ってきました。今週もぐずつきそうです。
ウランさんもランを手掛けていらしたのね。
花好きは同じような道を通りますねウフッ
セリバオウレンやユキワリイチゲの出会えてよかったですね。
そちらにはツキワリイチゲが有ると思っていましたよ。

これから忙しくなりますね。
Posted by at 2009.02.24 16:06 | 編集
こんんちは~。
いろんな種類にランたち育てられてたんですね~。
私も以前はシンビから入って・・・・5月の植え替え時は忙しかったですが・・・今の方が時間はあるのですが、小屋に二重のビニールハウスをして越冬させていたんですが・・・枯れる物は枯れるし・・・。
グラマトフィラムという緑色のラン・・凝りました・・。涼しそうな花をいっぱいつけるんですが、越冬が難しく・・。

セリバオウレンに会えました・・。更新中です。ユキワリイチゲが自生地で蕾を出していたのでこれからカメラ持参で。。。。
楽しい春・・・待っていますが・・・。
Posted by ウラン at 2009.02.24 12:58 | 編集
はっちゃん
水彩画展はご盛況だったようでおめでとうございます。
今度アップして見せてくださいね。

久し振りにラン展に行き、あれもこれも育てた思い出が有り、ホンの一部ですが並べて見ました。
毎年似たようなものを買い、枯らしては・・・如何に沢山の浪費をしたことやら(>_<)
残されたラベルを見ては思います。
それに培養土や肥料類に鉢で、集計したら凄い?
ま、仰せのように元気の元と思って許しましょうか。ふふふっ
Posted by at 2009.02.24 00:02 | 編集
遊さん、こんばんは。
ずい分たくさんのランを育てられたのですね。
こうして纏められると素晴らしい。
ずい分お若い頃から花との暮らしがあったのですね(^_-)-☆
私も気ままさんとご一緒で蘭の類はまったくしません。
昨年は夫の退職で蘭を何鉢かいただいたのですが、
花を楽しませていただいた後、いつも山野草をいただくHさんのご主人が蘭をやっていらっしゃるのでお世話をお願いしてしまいました。

今、我が家にある蘭類は母の受け継ぎのシュンランと花を見た事がない鉢3鉢ぐらい、あとは自分で買ったシクラメン原種2種だけ(^_-)-☆
お持ち帰りの二鉢どちらも上品で素敵ですね。

東京は寒い雨模様の一週間になりそうです。
お天気が不安定で花たちも迷っているのではないでしょうか?

母も「何歳まで生きるつもりかしら?」と独り言を言いながら何十年もかかる松の苗を植えていたのを思い出しました(笑)
長生きの秘訣ですよ(^_-)-☆ どんどん注文してください(^^♪


Posted by はっちゃん at 2009.02.23 23:29 | 編集
浮遊子さん
この頃はランもミニが沢山出ているようですがもう手を出さない事に。
この黄色のはキンギアナムと良く似ていたので丈夫そうだと思い、色違いで買ってきました。
名前はこうして書いておくと何時までも残りますから、自衛手段ですウフッ
コウムはお高くて(^_-)-☆ でも之まで見てきた中でこの葉が気に入ったので。
セツブンソウも3軒見たけど儚すぎて手が出なかったの(ーー;)

浮遊子さんはまだまだですが、突然死でなくてもそろそろなのに、ボロばかり増えて困った者です。
Posted by at 2009.02.22 23:06 | 編集
ランは花の王様でしょうか?♪
華やかで 花もちよく 温度の管理ができれば育ててみたいです♪
今回 お持ち帰りになられたスペシオサムクラシリカウル
(絶対に覚えられそうもありません!)
上品ですね。
私もコウムを連れ帰りましたが 本当はこの葉の美しいのが
ほしかったのです。お値段に難あり!でした。

突然死 困りますね。私も息子二人(お嫁さんも♪)に怒られそうですが
天国へ行ったら関係ないかしらねウフッ
それにしても 能登へコケを採集に行かれたのですか。
もう遊さんの情熱にびっくりです(^-^*)ノ
Posted by 浮遊子 at 2009.02.22 21:03 | 編集
ショパンさんもラン栽培なさってらしたの~
花の無い時は風情の無い姿ですが咲けば夫々の良さが有って色々作ってましたね。
唯胡蝶蘭は高温多湿が好きですから咲けば優雅ですが上手く出来なかったわ
あれをキレイに咲かせておられたのは流石です!!

<何を植えようとそんなに・・・>ハハハー
挿し木後の鉢上げや子苗の鉢上げ鉢増しように4、5号サイズ沢山と、バラやクレマ用にロングタイプの7,8号を。
今までもそうでしたが材料が揃っていないとダメなのです。
Posted by at 2009.02.22 20:10 | 編集
遊さんはランも沢山咲かせていらしたんですね~~
私も一時は色んなランも育てましたが
胡蝶蘭を一番沢山咲かせました
何度も咲くのが嬉しくて♪
今は家の中で栽培しなくなったので、全部無くなってしまってます
セロジネもしだれて咲く姿が可愛くて好きでしたが
かなり嫌な臭いがあったのを思い出します
カトレアが一番香りが強かったですねヾ(=^▽^=)ノ

何を植えようとそんなに沢山の鉢を買われたんでしょう??
Posted by ショパン at 2009.02.22 11:07 | 編集
気ままさん
ランは丈夫で高温種以外は簡単に枯死しないし、咲けば長持ちして華やかでしたね。
その時も置き場所に窮して色んなことをしていましたが、若ければこそ出来ましたね。
その点山野草はあっという間に消えますからはかないですね。
キクザキイチゲは葉のある内に肥培してください。
ショパンさんも書いておられましたが、山草園でも砂糖水を遣ったら良いと言ってました。
濃度まで聞かなかったのですが速効ですから、程々薄目が安心かも。

気ままさんの京都は温かで良かったですね。
京都府立植物園なら日帰り可能なので狙っていますが暖かくて晴天が条件ですね。
Posted by at 2009.02.21 09:30 | 編集
こんばんは♪
花好きの遊さんはやはりお持ち帰りしましたね(^^)
私は蘭の類は全くしませんが花期が長いので家の中で楽しめますでしょう?
雪はまだ降っているのでしょうか?
今年は少ないようですがそれでも雪が融けるまでは大変ですね
キクザキイチゲはいくつも葉が上がってきましたが後のは花芽を持っていないようです
もう一鉢いただいているのですがそちらは全くまだ何も出てきません
不思議~~
Posted by 気まま at 2009.02.21 00:13 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。