--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.12.26

師走色々  12月26日

久し振りに一日中青空が広がり気持ちの良い日でした。
ここ3日ほど降らないので、溝の植木鉢を片付けて溝掃除を済ませ、バラも剪定して1箇所に寄せた。
今日は漸く畑に出て、大根の収穫・土寄せを済ませ残っていた里芋を掘る。
そしてずっと気がかりだったエンドウ類のタネを蒔いてほっとした。
26玄関

玄関に葉牡丹の寄せ植えと桜草が増えて明るくなった(*^v^*)ニコッ♪
ご近所の雪吊りも終わり青空に映えて美しい。
今日は儲けものの1日でしたが、明日も晴れの予報で嬉しい。


蕪寿司
26蕪寿司

膝が悪くなってから休んでいた蕪寿司を4年ぶりに漬けた。
早く早くと思いながら、手順が悪くてお大幅に遅れたのでお正月にぎりぎり間に合うでしょうか。
気温が高いと直ぐ熟んでしまうし塩加減と重石の加減が難しい。
鰤はごりごりの塩で〆るので蕪の塩を強くするとどうする事も出来ないので3%弱にしたが
少し酸味が出ていて一寸心配です。
それに麹の醗酵が油断していて進みすぎたのも気になる。
お漬物の中で一番気の張る蕪寿司ですね。


この記事へのコメント
美波さん
12月は雨降りばかりでくさってましたがこの二・三日の好天で助かりました。
美波さんの蕪寿司はビビさんタイプですか?
大根寿司でしたら1回が5本位で気軽に出来ますが、
鰤を1本買って塩漬けから仕込むのは矢張り緊張しますね。
以前茶会で出たとき「寿司と言うのだから酸味が有って当然」と言った人がいて「そうか」と少し気が楽になりました。
金沢では青蕪と宣伝していますが家はずっと大きな白蕪です。
そりゃーそうです。
売っているのと材料が違いますもの。

エンドウ、友人に「早く蒔かないと沢山ならないわよ」と言われたのですがポットに蒔くのも面倒で一日延ばしにしてました。
早く伸びても雪で潰れる事もあるし・・・
暖かいのでブロッコリーの脇芽で重宝してます。
黄色のカリフラワーも大きくなっているけどまだ取らずにいます。
今年も餅つきはパスです。
Posted by at 2007.12.29 21:28 | 編集
ちっちさんもお料理上手で何でも作られるのに・・・・
こつさえ分かれば出来ますよ。
但し気温が高いと膿み易いので要注意ですね。
それと材料を揃えるのが大変かも・・・
昔は麹屋さんにしかなかった麹も今ではスーパーに色んなのが出ていますし、
身欠きにしんなども大根寿司用に沢山出てます。
気ままさんがなさったように鰤の代わりに辛い塩鮭も使います。
富山や能登では塩鯖のも有りますね。

色んなお店で売ってますが高いだけで一押しがどこか分かる程買わないので。
Posted by at 2007.12.29 21:09 | 編集
気ままさん
働き者だなんて恥かしい~~
昔母が言っていましたが「せなはぎ(怠け者)の節句働き(人が休んでいる時)」を思い出して苦笑しながらやっています。
普段知らん顔していてする時はががーっと!
それと滑り込みセーフがお得意です!!

それより気ままさんの果敢なチャレンジこそお見事!!
蕪寿司は北陸の冬の代表的な漬物で、こちらでは「都会の知らない人に送っても麹を洗って食べたり臭いと言って喜ばれない」と言われて敬遠される漬物だと思っていました。
昔は各家の味があり自家製が多かったけどこの頃はお店の宣伝で普及しましたね。
我が家のは「何処のよりも美味しい」と言われてお重に詰めて年賀に持参していました。
段々世代が変り良さの分かる人が減った事もあり作る量が少なくなりましたね。
それと重石からだすと味が落ちるので送って来ても家で食べるほど美味しくないと娘が言うのですよ。
さ~て成功したかドキドキです。
Posted by at 2007.12.29 20:55 | 編集
今年は年末お天気続きで助かりましたね 我が家も 外回りが早くにはかどりました。かぶら寿司 一度目は麹が甘くてあっという間に熟成し一寸酸っぱめ。。少ししか作らないので 分家にも食べてもらい 二度目は白かぶらで・・今日あたり見てみようと思いますが すんなりおいしく出来る時とそうでないときと有って。。でも売ってるよりもおいしいように思うのは手前勝手?

我が家の畑のえんどう豆 芽が出てます 白菜はそろそろ収穫した方がいいのでしょうか? 今日はほうれん草を取りました  することが一杯あり 誰も来ないといっても何だかセワシナイですね 風邪など引かれませんように。。また覗きに来ようっと。。
Posted by 美波 at 2007.12.29 13:25 | 編集
私も気ままさんと同じに
遊さんの働き振り
私には到底無理だなあと・・・

蕪寿司大好物なのですが
初めから無理と諦めて、漬けようと考えたことがありません

最近、私も自分好みの蕪寿司が漬けられたらと
思うようになっていましたが

気ままさんのお話や
遊さんのレシピ拝見し
やっぱり私には無理と実感しました(泣)



Posted by ちっち at 2007.12.29 10:50 | 編集
遊さんは働きものねぇ
私は1日にこんなに出来ないなぁとしみじみ感じました

かぶら寿司
ちょっと真似事してみようと素を取り寄せたのに肝心の蕪が手違いでこなかった (泣)
急遽友達が送ってくれた柔らかい蕪を使いましたが今度は鯖が魚屋になくなっていました
お正月用品を並べるのでそんなものはおいてないのです
キルトママがサーモンで作っていた本を紹介してくださったのでそれを採用
何とかできました
取り寄せた麹はすごく甘くて我が家向きでした
やはりこちらでは作るより買ったほうが良いですね(苦笑)

遊さんのかぶら寿司楽しみですね
Posted by 気まま at 2007.12.29 09:47 | 編集
シズさ~ん ようこそ(^o^)丿
ブログの〆も早々と済まれて、お家のほうも準備万端お済でしょうか。
二日間晴天だったお陰で何とか外は終わりましたが中は全然。
今日は1歩も出ないで年賀状でした(遅っ)
お正月は2人だけなので気が楽です。
シズさん 風邪が流行っているようですからご自愛下さって良いお年を~
Posted by 遊 at 2007.12.28 21:46 | 編集
遊さん~♪
年の瀬に晴れの日はうれしいですね。
我が家もサトイモと大根と収穫がありました。
農園は二年の約束なので次があるかどうか・・・

お正月の準備も着々(*^o^*)
『蕪寿司』・・・上手に漬かっているといいですね。
私は去年白菜漬けを失敗して悲しい思いでした。
Posted by シズ at 2007.12.28 11:30 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。