--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.08.21

21enngawa.jpg


21sudo1.jpg


21hanasikibu1.jpg

今日も朝からギンギラギン
しかし朝夕は凌ぎやすくなり部屋の中はまだひんやりと涼しい。
昨日友人から涼しそうなお花を沢山頂いたのであちこちに活けて見る。
縁側にはベニスで買ったお気に入りの花活けに。クロスは藍染めに突っ込んだリフォームです。

お座敷のテーブルにはYちゃんの内祝いに貰った花瓶で泡の流れが涼しそう、ニントウとミサオの木を入れて。
「ミサオノキ」は検索しても該当無しと出てくるが、大正生まれの彼女が長年育てているもので如何にも彼女らしい名前です。

最後に「ハナシキブ」これも長年名前不詳でしたが、先日ゆりかごさんのサイトで判明したもので、暑い最中に咲いてくれ、枝もたおやかで涼を呼ぶお花です。

21misao.jpg

みさおのき~で検索しても該当無し
ミサオノキ~広葉樹の大木で出てきます。
ご存知の方がありましたら教えてください。

この記事へのトラックバックURL
http://yuu72.blog15.fc2.com/tb.php/42-38d34511
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
本当にネットののお陰で世界が広がり嬉しい事です。
かのおねえさまもビックリしてました。
彼女も拘りの人で「もう年で駄目やわ」と言いながら色んな物を作っています。
私は「篤農家や~」と言って何でも教わっているんですよ。
Posted by at 2005.08.22 22:49 | 編集
遊さん、名前が分かって良かったね。
私もよそから頂いた花が名前が分からないとすっごく気持ち悪いの。
下さった方は案外ケロッとして「名前わからないのよ」って言うんだけどね。
いろいろ判明してくるとつくづくネットの力の凄さに今更ながら驚く。
遊さんもネットを始めて本当に良かったね!
Posted by ゆりかご at 2005.08.22 21:44 | 編集
教えていただきました~

[和名]ニンジンボク
[分類]クマツヅラ科ハマゴウ属の落葉低木
[的中率]70%
[他候補]特に分からない。
[解説]ニンジンボクは中国原産の木で、高さ2m前後になります。セイヨウニンジンボクは同じ仲間で、ヨーロッパ原産です。木の高さは両者ともあまり変わらないようですよ。
[見分け方]セイヨウニンジンボクは、小さな葉(小葉:しょうよう)が5~7枚ワンセットでつき、縁のギザギザ(鋸歯)はありませんが、ニンジンボクは3~5枚ワンセットでつき、大きなギザギザがあります。これらの葉の形は掌状複葉(しょうじょうふくよう)と呼ばれる少し珍しいタイプで、小葉が複数集まって1枚の葉を構成します

有難うございます
Posted by at 2005.08.21 23:40 | 編集
日記を書いてからもう一度検索して見ました。
カタカナで書いたら出てきましたが大きな広葉樹で全然違っています。
Posted by at 2005.08.21 12:15 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。