FC2ブログ
2006.06.19

Kei's Garden

15日は「信州日帰り花の旅」を企画してくださったびおれさんとoldroseさんのお陰で、花三昧美味しいもの三昧の素晴らしいオフ会でした。
前夜不覚にもカメラを壊して悠のを借りた為勝手が違い、あの素晴らしいお庭の様子がキレイに撮れませんでした。
心に焼き付いていても形にしなければ消えてしまいそうなので・・・
keis.jpg

何時もブログで拝見していたoldroseさんのお庭は家の後ろの山を切り開いて作られたもので階段を上がると其処は秘密の花園のようでした。
最初に目に飛び込んだお心入れの迎え花はブログで見覚えのあるアンティークの銅のお鍋に。
熊さんが気持良さそうに寝そべっていてご愛嬌!
私もこんな所でゆっくりしたいですね~~
keinoniwa.jpg

バラは勿論とてもキレイでしたが優しい風情の花が咲き乱れ、グランドカバーの小さな花が又カワイイ~~
自然に増えたワイルドストベリーに野イチゴ、白いイチゴ等等、お一人で組み立てられたアーチが幾つも有って思い思いのお花が絡まって居ました。
まだ上の方に向かって開拓されているようで良くここまでなさったと感嘆するばかりです。
見覚えのあるコッワルドのチムニーもちゃんと納まって風格を添えていた。これがoldroseさんとのご縁の始まりでしたね。

keiko3.jpg

塩田野平が見える丘の上バーベキューやお茶の出来るコーナーもあり生活に密着した素晴らしいお庭でした。
keibara.jpg

昨日は雑誌社が取材に見えたそうで早く見てみたい。日頃のご苦労が大輪の花を咲かせたのでしょう。
oldroseさんのおめでとう!!そして有難うございました。
この記事へのトラックバックURL
http://yuu72.blog15.fc2.com/tb.php/260-e74e5e79
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
oldroseさん
あの素晴らしいガーデンは私の腕ではとても表現できませんが・・・雑誌の発売が待たれます。
迎え花~素適でしたよ~ショパンさんは繊細で独特の世界お持ちですが、ガーデンではあのさりげなさがピッタリです。
もしかして前日にガーデンソイルからお持ち帰りの「重い物」はこの熊さんかしら?

娘はあそこでガラスの天使が5個ぶら下がったものがお気に入りで、針金の造形はオーナーガ天使を下げるために手作りされた物で売り物ではなかったのですが、纏めて譲って下さいましたの。
とても素適で喜んでいました。

あの山の上に車道が有るのですか?それは便利ですね。
でもあの広いところをどうやって作られたのか不思議です。
段々の壁は業者でしょうね。
まだまだ上に伸びているので大雨が降ったら~と心配してます。
車が別だったので余りお話出来なかったような・・・でも百聞は一見にしかずで本当に満足しました。

お体お大切に。
Posted by at 2006.06.22 17:01 | 編集
ショパンさん
迎え花~一目見たとき「まぁ~素適」oldroseさんのお気持がふあーと伝わってきました。
兎に角どこを見ても花花花で一日居ても飽きない感じでした。
広過ぎて近くでお話が聞けなかったのが残念。写真を写すのに精一杯でした。
ショパンさんなら思う存分素敵なアレンジが出来る事でしょう。
Posted by at 2006.06.22 16:43 | 編集
お忙しい中 数々の写真をアップしてくださり ありがとうございました

画像を見て 迎えばなのアレンジ もう少し気のきいた活け方は無かったのかと・・・・(汗!)
↑ショパンさんにも見られてしまった (>_<)
アレンジの仕方 ショパンさんのHPで これから勉強させていただきます! ヨロシクね

アンティークチムニーは 裏庭の上にある道まで車で運び 引き摺り下ろしました
なにしろShinに内緒で買ってきたもので 頼むわけにもいかず 一人で苦闘しました!
そんなこんなで 結局今 膝を痛めてしまっています
昨日は整体のお世話になりました

わがやは 何をするにも 階段階段・・・・・
「膝が命!」です
これからは(も) 膝や身体をかばいながらの庭仕事になりそうです

平らなお庭が うらやましい!
Posted by oldrose at 2006.06.22 10:02 | 編集
先日oldroseさんとお話させていただいたばかりなので
良くは存じ上げていないのですが
これだけの広いお庭をお一人で??と改めてビックリしました
おもてなしのアレンジが本当に素敵で・・・
大好きな皆さんを待ちながら、アレンジされてるお姿を想像して
・・・・
Posted by ショパン at 2006.06.22 09:46 | 編集
バーバさん
今回は本当に残念でしたね。素晴らしいオフ会だったのでなお更ですが、花園は逃げていきませんから・・・

oldroseさんのお庭は冬の光景で良く分かるように段々状で本当に体力がないと出来ない事です。
あそこが花で埋もれているのですからスゴイ!!水遣りなどどうしていらっしゃるのでしょうね。
まだまだ上に伸びていきそうな気配でしたよ。
あのチムニーもお玄関先にあるのかと思っていましたが、上の方でしたから運ぶのも大変だったでしょう。

カメラは説明書も無く電車の中であれこれ設定を触って見ましたが色がきつくて。
今一眼を使っていますが携帯に便利な小型が欲しいです。
Posted by at 2006.06.20 23:46 | 編集
遊さん、前日にカメラを壊されたんですか!
それはとても残念でしたね!
ブロガーは画像が命ですもんね!
でも突然カメラを代えられても綺麗に撮られてますね!
私だったらきっと写すことすらできなかったでしょう。

私もoldroseさんとお付き合いを始める前からこのチムニーはとても印象に残ってます!
あの時、イギリスの屋根の上には沢山の煙突が並んでいるよねと思いました。

体力がないので、現実には私にはこんなに広いお庭の管理は出来ませんが、皆さんのKei’s Gardenの画像を見せていただいていると、広いお庭もあれこれ遊べていいなあ!と思ってしまいます。 
Posted by バーバ at 2006.06.20 21:00 | 編集
管理者にだけ表示を許可する