--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.05.21

ピンクの山芍薬

pinkuyamasyaku5.jpg

タネから育てたピンクの山芍薬は白に比べると花も小さく遅れて咲く。
一昨年植え替えた為昨年は1本駄目になり、しけて花も咲かなかった。
今年も細い芽が出てきたので花は無いものと思い肥料を施してしまった。
或る日友人が「蕾があるよ」と教えてくれた。仁丹よりも小さな蕾でどうせ咲かないだろうと思っていた。
写真は撮りそこなったが少しづつ大きくなってきた。肥料が効いたのか何時もより色が濃いように思える。
21pinkuyamasyakuhyou.jpg

そろそろ開こうと言う時に、生憎雨と曇天でほっこり開きえません。
そして今朝は快晴!今日は奇麗な姿を見ることが出来るかな?
あ~はらりと半分散っていました。
21pinkusaigo.jpg

儚い儚いこのお花、種を蒔いてからほぼ12年目です。
過去のアルバムから
21kako.jpg

確かな記録が無いけれど、タネを蒔いてから4年目に芽がでて、その後4年目に初花が咲きました。
21hati.jpg

これまでは株の充実のため実を着けない様にしていたが、今度は記録をとって育ててみようと思い、2003年秋に着果させ播種。
2005年春小さな苗が3本出てきた。
3本の内一つは大きいのでピンクかどうか疑問に思っていたが、梅雨のうちに1本枯れてしまい、残りも夏のうちにややこしくなり希望が持てなくなった。
親株の方も葉の色が悪く花は咲かず、もう種取も出来なくなり、友人に聞いたら彼女のも咲かなくて絶望的。
Yさんとの約束も果たせないと悲観していたら別の方に貰われたそうでほっとした。

2006年4月 諦めていた鉢からポチッと芽が出てきた、ピンクは白よりずっと遅れて芽が出るのでこの2本はピンクに違いない。
今度はしっかり肥培したので成長が早い。
大きな苗は矢張り大きくて頼もしい。
なるべく長く葉を持たせて秋にうんと肥培したいと思っている。
この記事へのトラックバックURL
http://yuu72.blog15.fc2.com/tb.php/238-5ea85332
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2006.05.23 20:40 | 編集
oldroseさん
お恥ずかしい~何でも無節操に買っては枯らしの名人ですが、ピンクだけはどこにも売っていなくて自分で育てないといけません。
でもタネから育てればこその思い入れもありますね。
Posted by at 2006.05.23 15:21 | 編集
バーバさん お忙しそうですね、お体お大切に。

山芍薬は3日の命、山でであった時は感激しました。
森の中にホワ~ッと浮いているんですよ。
ピンクは珍しくて山で出会ったことが無く友人にタネを分けてもらいました。
近所のおじいさんが「なんやあいそもない花や~」と言いましたが思い入れが強い花です。
Posted by at 2006.05.23 15:16 | 編集
手塩にかけた ピンクのヤマシャクヤク
半分散っても やはり絵になります

簡単に大株を買ってくるのとは違う 本当の花育ての 楽しみ・味わいがありますね
遊さんのお人柄が分かります
Posted by oldrose at 2006.05.23 14:37 | 編集
ピンクのヤマシャクヤクを種から育てられたんですね~!
凄い~!12年!!!

花びらがはらりと散った画像、それはそれでとても趣きがあっていいですね!
日本の「美」に繋がるような気がします・・・

Posted by バーバ at 2006.05.23 11:34 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。