--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.11.04

2日 続き 紅茶サミット

27.jpg

お客様を送り出してから、悠の昼ご飯をセットして下娘と出かけた。
会費千円のチケットで右上の九谷焼茶碗とクッキーを頂いて、左下で好みの地紅茶を注いで貰う。
私は座ったままM子が何回も往復してくれたが、渋味甘味夫々微妙に違いが有って中々味わい深い。
産地を聞いても直ぐ分からなくなったが、加賀の紅茶はほんのり甘味があってまろやか。

2時から用事の或るM子と別れて兼六園へ向かう

3広場

旧県庁跡地は「しいのき迎賓館」を残して広場に整備されているが、バスの車窓から見るだけで歩いたのは初めてで、流れや花壇が出来ていた。
振り返れば会場の向こうに四校跡地公園の紅葉が綺麗だが見る時間が無かった。

急に突風が吹いて驚いたが、急いで兼六園内の時雨亭へ。
待合に通されて直ぐに時雨れてきて間一髪でした。

5.6代藩主が建てた館は明治期に壊されたが、平成に再建されて茶会などに使われている。
和風の部屋での紅茶席はどのように使われるのかと興味がありましたが、雨戸を半閉じにした薄暗い室内に卓を三列に並べて、美福のアンドーナツとカップが35名分セットされていた。
講師の方が淹れたお茶は2.3名分で、あとは抹茶席同様に陰で淹れた紅茶ポットで各自に注いで下さり、頂きました。

3時雨亭

友人のお嬢さんがお手伝いされていて、オーストラリアからの外人客に説明されていた。

雨が酷くなり上娘に迎えに来てもらい、公園内を通って帰った。
11月1日から始まる唐崎の松の雪吊りは雨の為に先延ばしとなり、チョコッとされた物を写した。

3兼六園

余談ですが・・・

ぽろたん

上娘が小布施で買ってきた栗のぽろたん
鬼皮に切り込みを入れて熱を加えると、皮が渋皮と共に簡単に剥けるのです。
話には聞いていたがホントに天津栗のようにきれい剥けました。
早速栗ご飯にしたが、甘くてお味も最高!500g1200円は高いが、年に一度美味しい栗を味わいたい。

帰りにスーパーに寄り、有り合せの材料で小さな笹鰈を背観音開きにして空揚げと小振りのアマエビの掻き揚げに手持ち野菜の天麩羅と娘作の豚肉炒めで(何れも写真無し)でこれも久し振りのビールで夕飯でした。

かくして忙しかったが楽しい一日が終わりました。









3日の朝ご飯前に・・・紅葉を見に連れて行ってもらいました。

今年は10年に一度の美しさだと言われているようですが。
旧県庁横のアメリカ楓の通りは何時も綺麗な紅葉です。
上娘が通学していた頃から有ったそうで幹周りも太くなっています。

4アメリカ楓

雨は降っていなかったが、生憎の曇り空で今一パッとしないが、本多の森を通って、今年の紅葉狩りでした。
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。