--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.10.11

来客多々

2カーネーション

2日 庭にも畑にもこれといった花が無くて近所の花屋さんへ
渋いカーネーションが色々有ったが、好みのピンクのトルコキョウとマトリカリアを。

3日にはホームビジットのお客様です。

3庭

1日にシルバーさんに掃いて貰ったので雨に濡れて美しい。是だけで御馳走ですね。

3シャロン&ステラ

前もって名前と年齢。州と市を書いた名簿が送られてくるのですが、住所と頭文字が同じだったのでご夫婦だと思い込んでいた。
来られたのが女性二人だったので間違いかと思ってビックリしたが、71歳のお元気なお友達でした。
自己紹介では水色の方は15年位前にアメリカの関係学校で2年間日本に滞在していたが何処へも出かけなかったそうで、旅行は始めてらしい。
住まいのモンタナ州はカナダ国境に近くて標高は1200メール、近くに国立公園もあり自然豊かな所らしい。冬は雪が積もるので雪掻きの苦労話は同じようです。

私は地図を見るのが大好きで予めグーグルマップに打ち込んでプリントしておくので、そこから話題が広がって良いですね。
テレビで放映されている御嶽山はどこか?と言うので、グーグルマップを出して説明した。

茶の間で神棚の説明をしたら誰に教わったのか「90度にまげて二拝礼ニ拍手一礼」をご存知で恭しく参られたのには大笑いでした。

着物は二枚用意してあるが帯と小物が無いので大慌てて揃えた。
皆さん顔は小さいがおなか周りが大きいので後ろで結んで何とか着せたが大汗をかいた。

4日には悠の甥がひょっころ訊ねてきたので、フレンチのランチを。
もう孫が出来て動画を見せてくれて嬉しそうです。
2人はT大の同級生ですが夫々要職から解放されて悠々自適を楽しんでいるようです。
お葬式には来なくても良いから元気で会話が出来る内に顔を見せてくれた方が嬉しいよ」と伝えた。

7日
はお料理教室
8日は整形の帰りに映画「舞妓はレディー」を見たが、マイフェヤレディーのパロディーのようでもあり、一寸賑やかだったが、着物好きのスーザンさんにDVを送ってあげたいと思いながら見た。

10日はHVと報恩講が重なったがお坊さんは8時で米人は9時にホテルを出るので多分大丈夫だろうと変更しなかった。

10本誓寺

カメラついでに後ろからパチリ
今日のお仏壇はお晴れの飾り付けで普段は掛けない打敷きを掛けて華やかです。
年に一度の家報恩講は朝の早いのもあり、仏壇のお掃除その他前日までに済ませておくが終わったらほっとします。

10エリザベツ&クリスチン2

明るくて楽しいお二人はまだ60代でとても若々しい。
ニューヨークとフィラデルフィアの中間にお住まいです。
金髪のエリザベスはカワイイ紙袋から次々とパンフレットを取り出してEastonの説明が始まりました~

米国で3番目に古い都市で1776年に独立宣言をした町の中央のモニュメント 
クレヨンのクレヨー社 その道では有名なマーチングギタ-の生産とミュージアム
町には運河が流れて昔は交通の要所だったらしい。

彼女達は此処の博物館でお手伝いをしているそうで、最後に旗を取り出してニコッ
最初に作られた星条旗だそうです。

クリスティーンはハートにアメリカと日本のシールを貼った封筒にメッセージカードを入れて、ニューヨークに近いカジノの島アートンティックシティーの手提げ袋とキラキラボールペンを持参
カジノではスロットマシーンやポーカーをしてリフレッシュ 「もうかりまっか?ボチボチよ」・・(爆)
娘さんにキティーちゃんを与えたら大人になってもキティーちゃん大好きでお土産に。他にマッチャのキットカットも沢山買いたいと言ってましたね。

此処までの話が弾んで・・・軌道修正・・・日本の印象は?
日本は何処もキレイで皆さんとても親切だと。
リョカンにシンカンセンや他の乗り物も使って移動したり、普通の家庭を訪問できて良いツアーだと。
とても喜んでいました。
エリザベスはガーデニングが趣味で庭を歩いていましたね。

10エリザベス&クリスチン

2人のカメラから家族の写真や五箇山での楽しい様子を見せてくれたりで最後は時間切れになったが、慌しく着付けをして、若い2人らしくお化粧を直してハイポーズ!
時間が有ったらこの髪をアップにしてあげたかったですね。
是まで年配のご夫婦が多かったが、女性の友人2人連れも気が張らなくて楽しかった。

簾を障子に変えて、花嫁のれんを掛けました。

この記事へのコメント
はっちゃん
報恩講は浄土真宗では大きな行事で昔はもっと盛大でした。
お寺でも3日間くらいされますが私は行った事無いです。
義母たちの時代は紋の羽織を着て行ってましたね。

各家を廻るのは「うちぼんこう」と言って門徒の家を一軒づつ廻るのですが、この頃の若い世帯や共稼ぎの家はどうしているのでしょうね。
我が家も息子達の時代になったらどうなる事やら。
仏壇の飾りつけなど一緒に住んでないので分かりませんね。
ま、お寺さんの収入源といったら怒られそうナイショ

着物は娘と2人で前後ろチャチャッと着せられるので、あの人たちも大喜びです。
Posted by at 2014.10.13 22:24 | 編集
シズさん
こちら夕方から荒れてきましたが、早めに買い物を済ませて良かったわ。
こちらも冷えてきて、寒がりの悠は早くも「ダブルの毛布を出せ」と・・・

HV我が家はずっと高齢のご夫婦が多かったのに、女性の友人2人連れは気楽で楽しかったです。

日本の事・・・甥の話ですが、一昨年家族で来た時のこと。若い嫁ちゃん達は兼六園やお城に全然興味無しで忍者寺と他は食べる事とお土産だったそうです。

K孫が今月からイギリス大使館に勤めてますが、米国生活が長かったので、日本の歴史や文化を勉強するように勧めようと思ってます。
Posted by at 2014.10.13 21:48 | 編集
お忙しく、充実の10月スタートですね。
まだまだ、お客様をお迎えになるのかしら?

素晴らしい日本庭園は、ほんとに美しく、何よりのご馳走ですね。
珍しく二組とも女性のお客様で、お二人に着物を着せてあげるのは大変なお仕事だわ(^_-)-☆

報恩講はお宅にお坊様がいらっしゃるのですか?
ご立派なご仏壇で、仏壇もお床飾りも整えて、御坊様をお迎えされるのですね。

台風が近づいてきています。
東京はまだ静かな雨だけですが・・・弱まって通り過ぎて欲しいものです。
Posted by はっちゃん at 2014.10.13 18:25 | 編集
遊さん~~今日はどんより肌寒い日で 雨が降り出しました。
自然災害の連続に 日本列島は厳しい試練ですね。
どう備えればよいものか・・・

お忙しくも充実した秋の日々ですね。
しっかりと暖かいおもてなしで 素晴らしい『民間外交』に
私も嬉しく 誇らしい気分。
二組さんの笑顔が とても素敵で 満足度が分かります。
>二拝礼ニ拍手一礼はなんとかですが
日本ことを知らな過ぎて 恥ずかしいです。

お料理教室のアップを楽しみにしています(*^。^*)
Posted by シズ at 2014.10.13 10:19 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。