--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.01.23

新年会  つる幸にて

21つる幸床

金沢では茶懐石料理で定評のあるつる幸です。
床の間にはご亭主お心入れの寒牡丹がお決まりのボク(枯れ枝)を添えて活けて有りました。

21お料理1

チマチマとしたお小皿に繊細なお料理が盛られて、目でも楽しみながら頂きました。
お刺身のお皿は全部画替わりで是も楽しい趣向ですね。

香箱蟹(ずわいがにの雌)の茶碗蒸しは始めていただいたが濃厚で美味しい。
上に蟹味噌のアイスが乗せてあり、「混ぜないで食べてください」と言われたが、是も新しい演出ですね。

21お料理2

大女将さんも出られたがお元気そうで、お茶の世界から遠ざかって十数年経つのに良く覚えていらして流石です。
現当主は今風に洋の素材も取り入れて工夫されているようです。

普段は一寸敷居の高い料亭ですが、口の肥えたお料理仲間10人で楽しみました。
用事が残っていたので一足先に失礼したが、皆様今年も宜しくお願いします。

コンデジが壊れて元携帯とスマホの写真なので綺麗に撮れなくて残念でした。


この記事へのコメント
0-chan さん
お二人で京都から金沢へ。小さなお店から始められて超一流の茶懐石料亭に。
それなりに気遣いも抜群ですし、お道具も沢山揃えられて偉いですね。
今回はグループのランチと言う事で遊び心も入って楽しめました。

九谷焼は今一使い勝手が悪くお料理が映えない事も有り、我が家ではお蔵入りが多いです。
昔の物はお皿も漆も皆20人前揃いで、普段使いするには一寸
昔は結婚式も法事も家でしたので、大変でしたね。

トリュフご飯に焼き鰤の下には白子と生クリームのソース(アラ写真が無いわ)アイス等等・・・意外性もアリでした。
Posted by at 2014.01.26 23:49 | 編集
寒牡丹生ける時は 枯れ枝を添えるんですか~(@_@) 初めて知りました。勉強になります。
で、お料理の美味しそうななのもさることながら さすが地元の九谷焼のお皿がいいですねえ~(^^)
売ってるお皿を見ても 今一つピンときませんが、
こうして お料理が乗せられて 色々御膳の上で組み合わされると、
明治、大正にワープしたような 素敵な時間を感じますね。

といいながらの シメのトリュフご飯 いかしてますね~(*^^)v
Posted by 0-chan at 2014.01.26 22:25 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。