--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.04.06

インカ帝国展と内山邸  3月25日

大分前になってしまいましたが・・・
富山県民会館で開催中の「インカ帝国展」に姉と行ってきました。

昨年の6月12日に東京のimaさんが書かれた記事を見て、関西辺りで開かれたら見に行きたいと思い調べたら、幸いな事に富山で開催される事が分かりチェックしていました。

ついでに行く所がないかと探しても、是と言う所が無くて迷っていた所、タイミングよくゆりかごさんが「豪農の館 内山邸の梅林」をアップされたので「そうだ此処にしよう~~」
誠にウエブ生活様様ですね\(^o^)/

「クスコ マチュピチュ」は死ぬまでに行きたい所の一つでしたが、とうとう行けずしまいになりました。
あの頃は色々調べて、高所順応には自信もあるし、クスコの黄金美術館にマチュピチュでは山上のロッジ泊まり・チチカカ湖やナスカの地上絵、など総て網羅したツアーを探していました。
何時もの旅行社に話したらもう一つの行きたい所「フンザ」が追加募集中で勧められ、ころっと変わってしまったのです。

今回はパネルによる説明が大半で、黄金美術館からの出展が無くていささか物足りなかったが、湖の崖の上に収められたミイラが圧巻でした。
黄金の太陽神のマスクや小さな人型や装身具等も有り、あの山の中で高度な技術を持ち栄えていたインカ帝国が、征服者スペインに滅ぼされた過程が良く分かる構成でした。
最後に3D眼鏡で見る映像がキレイで面白かった。

25内山邸1

お昼は直ぐ近くの「鶴喜」で海老天のうどんを頂き、タクシーで内山邸へ。
このうどんやさんへは20年位前に悠と行った事が有り、あのおばあちゃんがまだ健在でしたね。

25本宅

内山邸は千石の豪農の面影が残る広いお屋敷に、大きな住宅の構えで有りながら、風流な月見台や茶室が三つも有り、夫々に配された手水鉢も赴き深かった。
書院前の庭には大きな枝垂れ桜が何本も有り、今頃は満開でさぞかし奇麗でしょうね。
椿の古木も何種類か植えてあり見頃でした。

御当主は東京にお住まいだそうで、昭和50年代に富山県に寄贈されたが、手入れが行き届いていました。
神通川の氾濫跡地を開墾して400年 千石の豪農となられたようですが、加賀には是だけの規模の家は無いですね。

当日は曇って寒い日だったので、とうとう本風邪になってしまいました(-_-;)

内山邸はこちらで
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。