--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.02.03

哀しいお別れ

白バラ

昨日の夜「気まぐれ日記」をお訪ねしたら、「ありがとうございました」と言う表題で下記の記事が飛び込んできました。

teruteruminoru.jpg

あまりに突然で信じられず茫然自失・・・言葉も出ない状態でした。

29日にはライ麦ケーキに寄せたコメントを書いてくださり、30日には天然酵母から作られたライ麦パンの事を「気まぐれ日記」に更新されていたのです。

彼女との出会いは、ivyさんのブログからで、大きな木の写真に惹かれて「素敵ですね」とコメントを残したら「お父さんが一人住まいの小松の軽海」の写真で、御両親が小松出身と言う奇遇だったのです。

その頃は保育士や老人施設で働いておられ、合間にお父様のお世話に小松まで通っておられました。
退職後は旅行や水泳フラダンス等々・・・パン作りは講師クラスでその上ボランティアも・・・
「こんなに自由な時間が有ってよいのかしら」と言いながらお孫さんとの交流も楽しんでおられました。

1月1日には63歳のお誕生日を迎えられてご夫婦仲良く旅行されていましたのに・・・
是から「華の60台」を楽しまれるはずだったのに・・・

賢い彼女はもうエンディングノートを書いておられたのでしょうか。
優しくそれに応えてお知らせ下さったご主人様「ありがとうございました」

1月に気にされていたお父様が亡くなられて、寂しくもほっとなさった事と思いますが、お疲れが溜まっていたのでしょうか。

年賀状に「今年こそお会いしたいわ」と書いたらとても喜んでくださったのに・・・残念です。
お父様の事でお電話が有り、明るく元気なお声を聞いたばかりだったのです。
こんな事ならもっと沢山お話すれば良かったと悔やまれます。

寂しくて口惜しくて、夕べからぽっかり穴が空いたような状態です。


teruteruさんはこういう事を書かれるのは多分不本意ではないかと迷いました。
後で消去するかもしれません。

今は唯 心から御冥福をお祈りいたします。

彼女がお好きだったオレンジ色を手向けて、
マッターホルンをバックにオレンジのコート姿で飛びっきりの笑顔のお二人お揃いの年賀状に
手を合わせて合掌。

オレンジバラ






そして今日は昨年旅立たれた友人の一周忌でした。
何時も明るくて前向きで、死ぬ時には「あ~~楽しかった~」と言って逝きたい、と常々言われていた。

遺影はそのままの笑顔でピンクのセーターで微笑んで居られる。
このお方が亡くなられて求心力が無くなり、集まる事が少なくなりました。
気の置けない仲間とのおしゃべりが脳の活性化に一番良いそうで、残念です。


そして一昨日の事
昨年の秋にホテルでランチを御一緒した 悠の友人の訃報が届きました。
娘さんからのお電話でしたが、もう一人の方にも知らせてきたそうで、
多分エンディングノートのようなものに「亡き後に知らせて欲しい名簿」でも書いて有ったのでしょうか。
今は核家族となり親の交友関係まで知らない家族が多いので、書き残しておいた方良いと聞いた事があります。

昨年後半から同世代で活躍されていた著名人や、若くて才能に恵まれた方が亡くなられて淋しくなりました。


今年の誕生日には大台に乗るので、心して片付けなければなりません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。