--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.01.23

新年会 六花にて

お料理仲間との新年会
今年は昨年オープンしたらしい?「町屋懐石 六花」でした。

以前「初ふね」というお酒を作っておられたI酒造店のお家で、この頃流行りの町屋を利用されたお店です。
是まではバスから眺めただけでしたが、流石に酒造場だけあって、広い敷地の後ろにはマンションらしき建物があり、パーキングに至る空間は硬いイメージながら、一本植えられた椿「西王母」が趣を添えている。

22六花のコピー

がらりと入った所が目の前にカウンターと椅子席 ここは昔「店の間」と言った部分ですね。
その奥が茶の間に当る「おえ」と言っていた所で「あ~懐かしい~嫁の座は風が吹き抜ける此処だったのよ」と強調する。
通り庭だった土間部分には飛び石を敷き壁側はギャラリー風にしつらえてありました。
大袈裟な帯戸ではなくて、障子入りの塗り戸です。昔住んでいた家では夏になると障子だけはずして簾に入れ替えていましたね。
天井の梁は無くて明かりを取り入れるようにすっきり改造されていました。
以前はもっと広い「おえ」だったのでしょうが、こじんまりと作られ、掘りごたつ風のお席になっています。

懐かしくて前置きが長くなりました・・・

22六花2

板長さんは京都嵐山の吉兆で修業されたそうで、地元の食材を使って垢抜けた繊細なお料理です。
器も夫々素敵でしたね。
しんじょのお椀は影でよく見えないが、薄くて編み笠を押さえた様な形で蒔絵も現代風でお洒落でした。

22六花3

小鉢に盛られた強肴は紅白の椿を添えて、目でも美味しい。
少しづつですが、最後のご飯は土鍋で炊きあがったものを見せてからよそい、お替りをと言われたがオナカが一杯で遠慮したが美味しいかった。
デザートは「当店オリジナル」と言われたが、訊ねた友が言うには「炊いたリンゴにレモンコアントローを入れてマッシュ」だそうで葛餅も小豆の炊いたのも程好く、甘さ控えめですっきりと上品なお味でした。

なるべく前日までに要予約だそうだが、季節を変えて又訪れてみたい。

詳しくはこちを 六花


余談に


今日はどんより薄曇りだったが降らなかったので、バラの剪定をした。
しかしドレもか細くて何処を切ったらよいか迷いながらで捗らない。
寒さも堪えるし2時間ばかりでギブアップ

胡桃とドライイチジク入りのライ麦粉パンを焼いた。
噛むほどに味があり一寸お気に入りです。

22イチジクパン2
この記事へのコメント
よーぜんさん
今日の午後は猛吹雪でしたね。
昔は吹き溜まりが出来るほどの吹雪がよくありましたが、近年では珍しい現象でしたね。

アチコチに町屋スタイルのお店が有るようですが、此処は簡素で良い感じでした。

蔓バラは咲くと見事ですが手入れが大変だと分かりました。
殊に我が家のような狭い空間では難しい~
芽がはっきり見えなくてスパスパ切れないんです(泣き)
鉢も大きくすると動かすのが難儀で、手持ちを減らしてしっかり育てる方向に変えないとダメですね。
よ思うけど・・・・爆笑
Posted by at 2013.01.25 22:04 | 編集
おはようございます。
六花、素敵なお店ですね。
お店の雰囲気といい、お料理といい、新年会にふさわしいシチュエーション(^_^)

ライ麦パン、ふんわりとした感じがとても美味しそうです。
くるみといちじく入りという取り合わせが目新しいです。

バラの選定、お疲れ様。私も今年こそはと思ってお天気とにらめっこしながら作業をしておりますが、遊さんと同じく、あまりに細い枝だと本当にどこで切っていいのかわからないのですよね。面倒くさくなってスパスパ切ってしまっていますが、果たして花への影響やいかに…
Posted by よーぜん at 2013.01.25 08:52 | 編集
びおれさん
この頃は新幹線開通で経済効果云々・・・などと盛り上がってますが、2年半後「私は元気で一人旅できるかな~」「いやいや長野や軽井沢が行き安くなるぞ~」と思ったりしています。

此処は金沢駅に近い所ですから是非お出ましを。

結婚当初から15年間典型的な町屋に住んでいましたが、ああ言う風情は好きですが、もう住めませんね。
三八の豪雪で25日間閉じ込められて火鉢だけの暖房でしたが、子供達も元気に育ちました。
正に隔世の感ありです。

今壊される家が多いので何とか再利用するように活動して、若いアーチストのギャラリーなったりしてます。

パンは大昔は手捏ねでしたがこの頃はHBです。
途中に取り出して成形するのは頭の体操だと思って楽しむ程度ですよ。
Posted by at 2013.01.24 21:40 | 編集
遊さん、六花 素敵なお食事処ですね
お料理のお仲間とにふさわしいお料理
しつらえも美しい
女性はそういうところに魅力を感じますよね
再来年辺りには金沢への新幹線開通でしょうか
近くなったら是非訪ねてみたいお店です

ライ麦粉パン、ふんわりとおいしそうに焼けましたね
遊さんはパンの腕前も先生級なんですね
Posted by びおれ at 2013.01.24 17:48 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。