--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.11.06

おやきリベンジ

びおれさんから「おやきの改訂版」を送って頂いたのに中々作れなくて、今日は雨降りで落ち着いておやき作りに挑戦です。

おやきと言えば野沢菜が好きで、茄子や南瓜のを余り食べないので、いざ作るとなるとどう言う物だったのか定かでない。
たまたま近所の友人も嵌っていて頂いたら薄味仕立てで素朴な味でした。
この前は甘辛い味付けでそれはそれで美味しいと好評でしたが、今回はやや控え目にして見る。
4種類のタネを作り、中力粉500gに基本通りの砂糖や水分を入れて捏ねる。
6oyakitane.jpg

500gで12個分らしいが、大きいと試食するのも大変なので24個にし、夫々6個づつ作り蒸す。
大葉が無くて冷凍の柿の葉を敷いてみる。
6oyaki2.jpg

仕上がりはびおれさんのようにふかふかにはならない??
捏ねすぎなのか、伸ばしてくるむとき押さえ過ぎなのか?
でもこの前の強力粉で作った時よりは柔らかく仕上がった。
oyaki.jpg

皮が薄くて一寸上品過ぎる「おやき」になったので、今晩もう一度16個見等で作ってみたい。


7mataoyaki.jpg

昨日の具が少し残っているし、納得のいくようにもう一度作ってみた。
信州のおばぁさんが身の回りのもので作っていた事を思い、畑の大根と金時草で具を作る。
生地も少し自分流にアレンジし、耳たぶ位の柔らかさになるよう優しく捏ねた。
具は大匙山一杯を優しく広げた生地で包む、このほうが包み易い。
16個と思ったが18個になり、それでも随分大きいが、ふっくら仕上がる。
(昨日はしっかり捏ね、伸ばす時も麺棒で押さえつけて伸ばしたのが反省点でした)
7dekiagari.jpg

娘に試食してもらったら、胡桃入り紫芋のと大根が美味しいと言う。
上の娘にも宅急便で送った。

・・・少し薯預饅頭風になったのが気になります・・・11/7

***レンジでチンまたはトースターで焼いて頂く。
  矢張りお饅頭っぽいのが気になりネットで検索
  地方や家により色んなタイプがあるようです。
  近々もう一度作ってみよう***11/8
この記事へのトラックバックURL
http://yuu72.blog15.fc2.com/tb.php/106-c56c3025
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
遊さん、おはようございます。
月曜日にメール送ってくださったとのこと・・・
まだ届きません。
どうしたのでしょう。
もしよろしかったら、お手数でももう一度おおくりいただけますでしょうか。
よろしくおねがいします。
Posted by びおれ at 2005.11.09 07:23 | 編集
嵌ってますの~
先ほど娘から電話が来て「美味しいけど1回目の硬くてもっちりの方が好み」だと言います。
私も最後のは一寸お饅頭ぽくなったかな?と今日もネット巡りで、何だか虜になっています。
地方やおうちによって様々なのですね。
Posted by at 2005.11.08 22:33 | 編集
あとで作られたのも皮が薄くて餡がたっぷり、おいしそうです。
皮も工夫して作られたとのこと
遊さんは何を作らせてもお上手・・
焼き色がついて最高の手作り<おやき>ですね。
Posted by びおれ at 2005.11.08 21:06 | 編集
私はアメリカンスタイルの焼き菓子が多く、和物はなれていないせいもあり一寸大変でした。
Posted by at 2005.11.07 23:35 | 編集
ですが、お焼きは作れません。
といいますか、挑戦したことないんです。
結構手間がかかりそうなので、気合入れないとできそうもないので・・・

Posted by よーぜん at 2005.11.07 20:55 | 編集
信州育ちなの?
お母様直伝のおやきは作られない?
私も田舎で、あの頃はお菓子など無くて母の草団子が一番のご馳走でした。
その頃からヨモギ摘みなど大好きでした。

今朝も試食で胸焼けしてますふふっ

紫芋はそんなに甘くくは無いのですが加工が楽しめるので作ったのに、ネズミにやられ残念。
之は種子島紫で通信販売です。
Posted by at 2005.11.07 10:56 | 編集
この前「手に付いて困った」と書かれてましたが、今度は一寸サクサク目です。寝かしている間に滑らかになりましたが水分は加減した方が宜しいかも。
之は冷めても硬くなりません。
もう試食用に配って無くなったので之からもう一度です。
くるみ入りがグーでした。
Posted by at 2005.11.07 10:43 | 編集
私は生まれが信州なので、子供のころは
よく母がお焼きを作ってくれました。
最近はお店にあるのを買ってきますが、
いつ食べても、懐かしい味がします。

紫芋の具とは、めずらしいですね。
そして素敵なアイディア。
どれもこれもおいしそうです。
Posted by よーぜん at 2005.11.07 10:25 | 編集
遊さんおいしそうね
沢山の種類作ったんですね
私も実は作ろうかとナスを沢山買い込んだのに
野暮用が出来て今日は1日出かけました
早く作りたいな~
Posted by 気まま at 2005.11.07 02:01 | 編集
お陰さまで有難うございました。
今度のは冷めても硬くならないで良かったです。
後がパンクしそうで柿の葉を張りましたが取れないのも出てあせりました。
胡桃の食感が良かったです。

先ほどメール送りました。
光に変えてから何故か送信されない事が起きて先ほども手間取りました。
Posted by at 2005.11.07 00:56 | 編集
ブログに伺って洒落たトロフィー拝見しました。
8年も前のシニアのHP保持者って少なかったのでしょう。
何時も先端を走っておいでますのね。
これからも楽しみにしています。
Posted by at 2005.11.07 00:50 | 編集
遊さん、すごいおいしそうに作れましたね。
具もいく通りも作られて・・
<紫いものくるみ入り>珍しいし手が込んでいます。
焼き色も綺麗について、柿の葉がしかれグレードアップしたおやき。
又作ってくださったことが嬉しいです。
私も遊さんに習って今度作ってみます。

Posted by びおれ at 2005.11.07 00:33 | 編集
「おやき」、「おやき」。
どれも美味しそうですね。
「特別賞」のトロフィーを頂いてきました。わが家のリビングに飾ってあります。今夜のブログに報告しました。ありがとうございました。
Posted by IVY at 2005.11.06 23:38 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。