--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.03.03

弥生三月・・・

3雛祭り

旧暦の雛祭りに馴染んでいるので、雪の残る季節にお雛様はちと早い。
それでも世の流れに乗って、十数年前に作ったお雛様だけ飾った。
古い縮緬はそれだけで味わい深くて好きだが、他にも大正時代の刺繍の半襟や新旧着物地で沢山作って方々へお嫁に行きました。

牛乳パックで菱形を作ったが押しているうちに四角に近くなった雛寿司と蛤のおつゆで気分だけのひな祭り。
金沢の雛菓子と言えば金花糖の鯛や野菜の盛り合わせだが、昔は30センチ位の大鯛に見合った野菜や果物で初節句には実家や親戚から届いたものです。
今は小さな籠盛りが主流のようですが、それでも甘くて敬遠される。

味噌餡の主菓子と雛の季節限定のお饅頭を買いました。

下のお雛様は長女が生まれた時に義父が知り合いの人形作家に頼んで作ってもらった雛人形でお顔が愛らしい。
着物も古布を使って有ります。

この記事へのコメント
sachinotomoさん
そちらも少し春めいて来たでしょうか?
早く桃の花や菜の花が咲くような暖かさになって欲しいですね。
老人二人では変わり映えしない生活で、その様に言われるとお恥ずかしいです。

日本には伝承したい季節毎の催事があるので億劫がらずに大事にしなければなりませんね。
この頃はテレビやブログで全国の事が分かりますし、分からない事も検索で直ぐ判るので便利になりました。
Posted by at 2012.03.04 22:33 | 編集
お雛祭りの雰囲気満点ですね。
季節ごとの行事を生活の中にとりいれ、
その意味をかみしめながら、
その日を過ごせるって、お幸せなことですね。
昔の人がしてきた、慣わしの中には、
深い意味や、祈りがあったりするものですよね。
無知な私ですので、これからは更に、
慣わしや、節日の持つ意味を、たずね、
今あることに感謝しながら、生かしていただきたいと
思わせて戴きました。有難うございます。
Posted by sachinotomo at 2012.03.04 20:28 | 編集
シズさん
早や三月になりましたがまだまだ寒いですね~
マメに動けないのでお雛様も「おねんねのお方」が多くてごめんなさいデス。
晴れても風が冷たくて久し振りに外へ出ましたが思う程仕事が出来ません。

我が家も同じですが、昨日は珍しく「今日はなんや?」でした。
混ぜご飯が嫌いなので半分残し作り置きのお菜ですましたの。
「どこかで美味しいものでも食べたい」と言っても、「家で食べとるもので良い」とすげないのです。
粗食でも何時も上げ膳据え膳ですから有り難味が分からないんです(>_<)

Posted by at 2012.03.04 15:43 | 編集
遊さん~~おはようございます。
お天気は今日からまた下り坂。
こうして春は待たせながら進むのですね。

各家々お雛様にまつわる物語がありますね。
遊さんお手製のお雛様も嫁ぎ先で 
きっとお幸せにお暮しでしょうね。

二人暮らしで相棒があまり反応のない人と来ると
お料理もついつい簡単になってしまいますが
自分の為に散し寿司とお吸い物と・・・桜餅は買いました。
相棒は何の感想も言わずでしたが
お雛様の日くらいとは気づいたでしょうか(>_<)
Posted by シズ at 2012.03.04 09:33 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。