FC2ブログ
2012.11.29

20日は奈良へ

奈良は京都と違って馴染みが薄い。
法隆寺や大仏殿・春日大社・薬師寺・お水取りの二月堂に柳生街道ハイキングが記憶に残っている。
一昨年は談山神社と長谷寺へ一人旅をしたが、範囲が広いので一人では難しい。

今回はおばちゃまの「岩船寺前で手作りの草餅・・・」が引き金なので、岩船寺を検索したら半日定期観光バスがあることが分かりラッキー
所在地は京都府木津川市なので県境を越えて30分の道のりです。
ガイドさんの説明によると「今は立派な道が出来て大きな観光バスでも入れるが、昔は細い山道だった」そうです。
掘辰雄が昭和20年代に奈良から浄瑠璃寺まで歩いて2時間半かかったそうだが、石仏や里程塚などを巡るハイキングコースも有り、それらしきグループも見かけた。
そういえば昔法隆寺まで、のどかな田舎道を歩いた記憶が有るが、グループで歩いたので定かではない。

20岩船寺

ガイドさん曰く・・・先ずは御堂内でお参りをしてから和尚さんのお話を聞いて下さい(即撮影はダメ)
大きな阿弥陀如来は欅の一木作りで、周りに四天王を従えて圧倒される。

お話が長引いて周りの散策も出来ず、下へ降りて地元おばさんの売店で草餅とエビ入り餅を買った。
美味しかったですよ~
野菜や漬物も美味しそうだったが、今回は買い物控え目です。

続いて浄瑠璃寺へ

20浄瑠璃寺1

阿弥陀堂は九体阿弥陀仏を祀る為の横長のお堂で、阿弥陀如来中尊像の両側に四体の阿弥陀如来像が静かに西方(浄土池)に向かって安置されている。

どのお姿も同じように見えるが、まなざしが少しづつ違うような・・・気がした。
唯一現存する九体佛だが、東京に九品仏があるが是は三体づつのお堂だそうです。
秘仏・吉祥天女像(重文鎌倉時代)が開扉されていたが色もきれいに残っていて美しい。

浄土池を回り池越しに拝むのが正しい参り方で、障子を開ければ一体づつ枠に入るようになっている。
山門までの道脇には馬酔木の大株が並び、奈良らしい。


今回のバスガイドさんは優しく落ち着いた説明でとても良かった。



ならまちから興福寺へ続きを読む
スポンサーサイト



Posted at 23:46 | お出かけ | COM(10) |