--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.08.29

どじょうの蒲焼

大雨の後、今日で3日31度の暑さが戻ってきました。
それでも朝夕は涼しい風が吹いて凌ぎやすくなりましたね。

鶴来町のお墓参りに行かれたY様から懐かしい「どじょうの蒲焼」を頂きました。
金沢や富山方面の郷土料理と言われるが、夏の栄養源として、年配の世代では懐かしい食べ物です。

29ドジョウ

小さな泥鰌を二枚に開いて(骨つき)三匹づつ串に刺してたれをつけながら焼くのですから暑い時に大変です。
この鶴来町の「キンマヤ」のおばあちゃんは名物のような方でしたが今はもうお孫さんの時代でしょうか。
雑誌などに紹介されて東京辺りからも注文が入るようです。
今は店先で焼いている所が少なくなりました。

どじょうと言えば子供の頃、田圃の小川に仕掛けた反しのついた竹で編んだ筒に入った泥鰌を、泥を吐かせてから生きたまま鍋に入れて「ゴメンゴメン」と言いながら、お酒をジャーとかけて蓋をして調理していた母を思い出します。
子供には気持ちの悪い料理(柳川)でしたが、物流の乏しかった田舎では大切な蛋白源だったと思います。
今の田圃は区画整理が行き届いて、化学肥料や農薬で、あのような小川も生き物達も姿を消してしまったのでしょうね。

連想…ごりの思い出

泥臭いどじょうとは大違いで、澄んだ清流にしかいない「ごり」
子供が小さい頃何回か山奥の川に取りに行った事がある。
膝まで川に入り小さな箱めがねで覗くと大きな頭のごりが見える。
直径10センチくらいの小さな網を頭のほうからかぶせると入ってくるが、逃げても直ぐ近くの岩に止まる。
魚辺に休むと書いてごりと言うが、本当にその通りですばしこくないのです。
笹がきごぼうと白味噌を用意して行き、その場でごりの味噌汁になるのですが、一度連れて行ったオーストラリアからの受け入れ高校生はつまんで川にポイしてましたね。

頭が大きくてグロテスクな魚ですが、高級食材で1匹から二切れしか取れないお刺身は珍味です。
生きたままから揚げにすれば頭から食べられますが・・・あ~長い事食べていませんね(悠は川魚が嫌いで)
金沢には「ごりや」と言う専門料亭もありましたが今はなくなりました。

ちなみに金沢土産の「ごりの佃煮はこの本ごり(かじか科)と違ってハゼ科で頭は小さい。

一寸お借りしたこちらに写真入で詳しく出ています。


29かに

先日頂いた昆布締め 
鱈や平目、さわらなどはごく普通に有るが烏賊や甘エビは珍しい。
東茶屋街にお店があるそうで、カジキとコウバコガニは頂いたが、烏賊は初めてなので後の楽しみに。


鶴来町 金間屋は こちらにありました
スポンサーサイト
2011.08.27

集中豪雨・・・そして晴れ

27庭

一昨日と昨日は大雨警報が出て凄い集中豪雨でした。
我が家はどのような大雨でも浸水の心配が無い家ですが、樋から溢れた水が滝のように落ちて、北側の細い通路が通れなくなります。
1時からの来客が来られないかと悠が心配するほどでしたが、「この調子で1時間も降ったら低い所は浸水するかもしれないがそんなに続く筈が無いから大丈夫」…やがて小振りになり、その後晴れ間も出てきた。
そういえばこの前もスーパーから出てきたら凄い雨になり暫く雨宿りをしてから帰ったが、梅雨のようにしぶしぶ降ったかと思えば大降りになり変なお天気です。

そして今日は青空が広がりました~
朝のうちに消毒を済ませ食後から庭仕事と思っていたのに、世界陸上の女子マラソンから目が離せず、見ているうちに暑くなってしまった。
久し振りに30度を越すと矢張り暑い。
夕方風が涼しくなってから畑の草取りをして、そろそろ冬野菜の種蒔き準備です。

それにしてもアフリカ勢の黒い旋風の前に日本の女子選手は残念でしたね。

マイブーム

27ゴーヤジュース

ゴーヤジュースを作るのに40年前のミキサーの歯が切れなくてざらざら口に当り、ジューサーは糟が出て手入れが大変だし、冬に買ったクイジナートのスティックハンドブレンダーを使ったら一人分が超過単に滑らかに出来上がるので、毎日頂いてます。
今日は熟れ過ぎて黄色くなった実にパセリと牛乳・蜂蜜タラリで攪拌、これも美味しかった。
先日年上の友人と話していた時、「子供の頃レイシと言って種の周りの赤い所が甘くて食べたね」と聞いて、ゴーヤとレイシが同じ物だったと分かった。おやつに食べたので青い実を食べた記憶が無いのですが。
右上はブルーベリーのスムージー

このハンドブレンダーは南瓜のスープや皮が気になる杏のジャムも最後にお鍋の中でジャーと動かせば出来上がり、片付けにも場所を取らず小人数にはもってこいの便利なものでしたね。

右下は この方の所で見た胡瓜のビール漬けです。
あっさりしていてサクサクと美味しいのです。
一度で捨てるのも勿体無くて二度目はラッキョウ酢や、塩を少し足して漬けるが小蕪や茗荷などを一緒に漬け込んでも美味しい。手抜き名人は下漬けをしなくても良いのが気に入ってます。

胡瓜3本に ビール150cc 塩12g 砂糖30g の液に漬け込むだけ(少しアレンジ)

27おこわ

我が家のガス台は狭くて焼きナスを作り難くトースターでは時間がかかり敬遠していたが、皮を剥いて美味しい塩とオリーブ油を塗ってラップで包みレンジでチンを知ってから気軽に作ってます。
そのまま冷蔵庫に入れて、かけるものによって和風にも洋風にもアレンジできるので良いですね。

節電対策でデパ地下のお惣菜が良く売れているそうですが、頂き物のおこわや蒸し寿司の冷凍物や、雑穀米の炊き込みおこわを握って冷凍しておくと忙しい時や何も用意が無い時に便利ですね。


Posted at 23:30 | 季節 | COM(4) |
2011.08.22

れんげしょうまが咲いたけど・・・

れんげしょうま

一気に涼しくなりました。
なんだか気持ちが悪いくらい急変しますね。
夜になって戸を開けると寒いくらいの風が入り、虫の音が一際大きく聞こえてきます。
れんげしょうま丸

裏庭のレンゲショウマが咲いている!と知りながら暑さと蚊の集中攻撃を恐れてカメラも取らず怠けていました。
なんだか意欲が沸かず我ながら情けない。
暑さと共に、虫刺されか?化粧品かぶれか?顔がチクチクざらざらして気分が悪いのも引き金になっているようです。
お墓参り以外は何処へも出かけず家の中で過ごしてしまった。
涼しいうちに外仕事を済ませたいと衣替えすればしぶしぶ降ってきて出鼻をくじかれ、美味しいものも沢山頂いたのに写真も撮らず、ちまちまと直し物をしたりで終わる。

22かのこゆり

今週から通院も始まるので気合を入れ直して・・・わずかに咲いている庭の花です。

Posted at 23:41 | |
2011.08.12

立秋が過ぎても・・・

「大気が不安定で雷と大雨に注意」と天気予報に出てくるが、たまにバラバラと邪魔な雨が降るだけで纏った雨はもう何日も降らず、とにかく暑い
鉢の水遣りだけはどうしても手を抜けないのでそれだけでもうへとへとです。

12茗荷

庭に植えてある茗荷の花が咲いて薬味分は取れたが悠が嫌いなので、胡瓜のビール漬けに入れてみたら美味しかった。

畑はカラカラに乾いてペットボトル6本では追いつかず、バターナッツの雌花も咲かなくなり一寸気合が入りません。

ゴーヤのその後

12ゴーヤ

垂れ下がって地面に這っていた蔓の誘引は上手くいって深い茂みの中の実が少しづつ見やすくなり大きくなってきた。
所が小さくて白っぽい実が大きな緑色に変わるかと期待していたら直ぐ熟れてオレンジ色になってしまう。
確か「沖縄の細長い種類」も植えた筈なのに、水分不足と暑さのせいで大きくなれないのかも。
丸くてコロンとしたのも有り、右下のは友人から貰った深緑の長いのでこの種を取っておいた。

毎朝ゴーヤとりんごに蜂蜜タラリ、牛乳とジュースにしたり、ラッキョウ酢に漬けたりで苦味を楽しんで暑い夏を乗り切りたい。


Posted at 23:40 | 季節 | COM(8) |
2011.08.03

元気を貰ってます~~

初めてのバターナッツ

遅れて植えたので心配したが、こういう暑さに強いのか旺盛に伸びています。
毎朝「今日は雌花が幾つ咲いたかな?」と欠かさず受粉の手助けをしてますが、棚よりじ地這いが好きなのかごろごろ転がっている。
棚の方は直ぐ上まで伸びて垂れ下がりそれを紐で吊り上げたりしているが、蕾のうちに黄変して落ちたものが多い。

2バターナッツ

2バターナッツ1

敷き藁も間に合わなくて一つだけ実止まりしたのに腐ったものがある(下中)狭い所に植えているので葱の上に鎮座したものも(笑)
形がカワイイ上に成長が早いので毎朝楽しみです。
今年は坊ちゃん南瓜も普通の栗南瓜も植えそこなったのでバターナッツ一筋です。

植えた当初はこちら


もう一つ ゴーヤは?

続きを読む
Posted at 22:08 | 菜園 | COM(6) |
2011.08.02

8月に

新潟や福島県に記録破りの豪雨が降り、浸水家屋のどろどろな状態を見るにつけお気の毒で心からお見舞い申し上げます。

早くから梅雨が上がり猛暑が続いた7月はとても長かったように思えます。
一寸涼しくなった後の8月の天気はどのようになるのでしょうか?
大気が不安定で雷や雨予報がでるが、バラバラと降るだけで油断していると鉢物が水切れとなり、朝の仕事に時間がとられる。

2畑の花

お盆に備えて遅く植えたグラジオラスが予定より早く咲いてしまったが、矢張り新球根は大きな花穂を伸ばして見事です。
でも活け難い花ですね、添えは大きく育ったミントで爽やかな香りです。

2野菜

畑は適度なお湿りと気温が下がったせいで、草も伸びるが遅れて蒔いたオクラやモロヘイヤなど暑い所原産の野菜がすくすく伸びだした。
こぼれ種から生えた赤紫蘇。里芋も雨が降ったらどんどん大きくなった。
しかしナスは葉ダニがついたのか固まってしまったの剪定し、活性剤と液肥混合のほかに追肥も与えたが上手く更新できるか分からない。
農協に5個100円が有り胡瓜も3本90円で何をしているやらと思えるが、育てる楽しみがあるから出来るのですね。


Posted at 23:09 | 季節 | COM(2) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。