FC2ブログ
2011.02.28

雪の科学館へ

旧制小松中学の先輩「雪博士 中谷宇吉郎博士」に傾倒されて北大に進学された義兄をはじめ、先生の下で研究された方々との交流を纏めた「雪の科学館」企画展に行って来ました。

28雪の科学館

大雪山での雪の結晶や人工雪やその研究を裏付ける雪ゾンデによるナカヤダイグラムの実証など、館長さんの説明をお聞きして、戦中戦後の防寒設備も粗末で勿論コンピューターも無い時代に、地道に研究を重ねられた方々の熱い思いに感動しました。

28書

学芸員の説明は途中から聞いたので画像も半分ですが、とても面白くて、子供達が聞いたら科学心が向上するのではないかと思われた。
マイナス30度以下になる箱の中で作られる雪の結晶や、真鍮の型にはめ込んで作る氷のペンダントなど。
テレビに映し出されたものをコンデジで写したので本物の素晴らしさではないですが。
28結晶
上から二枚目はシャボン玉の薄い膜を瞬時に凍らせた物で、他にもダイヤモンドダストを見せてもらったり興味深かった。

柴山潟に面したカフェでティータイムでしたが、白山はぼーっと霞んでよく見えず残念。
六画形を象った素朴な木の建物が好ましい。

近くのホテルでランチの後、姉と従妹の運転で三人揃ったので、95歳の叔母に逢いに行ってきた。
生き字引のように何でも良く覚えていて、その日は「お天気も良かったので一人で2キロ位歩いて美容院に行ってきた」と言われてびっくりしたが、DNAにあやかりたいものです。
今回も加賀路は晴れて、心豊かな一日を過ごせて感謝 (o^-^o)
スポンサーサイト



Posted at 23:32 | お出かけ | COM(4) |