--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.08.25

東京へ行ってきました 22日23日

ANAの優待割引のオープンチケットの期限が迫り、酷暑にキャンセルしようかとも思ったが・・・
日本中何処へ行っても暑いのだからと「ビルの森と谷間へ避暑気分で・・・」と出かけました。
昨年孫の三姉妹が東京に揃った時「集まってご飯でも食べようね」と約束しながらまだ果たしていなかったので、Eちゃんにも声掛けして日曜日にしたのです。
Sちゃんが合宿で参加できず残念でしたが、娘が出てくれて女性5人、集まりやすい丸ビル35階のタイ料理マンゴーツリーにしました。
25丸ビル
噂には聞いていたが凄い人でそれでも娘が早くに並んでくれて窓際に座れました。
エスニックな香辛料を使った料理が沢山並んでいたが人も多くて大変。
2時間位ゆっくり話が出来て楽しかった。
社会人になって1年過ぎた二人は活き活きと楽しそうだし、大学生活を始めたばかりのEちゃんにも良い影響を与えてくれた事でしょう。
冷房の効いた館内は涼しくて大きな窓の向うの緑を見ていると外も涼しいような錯覚を覚える。
ぶらぶらとショッピングコーナーを廻り、6月から水天宮の近くに変ったYちゃんの新居を訪ねることにした。
今日も自転車で来たYちゃんは一足早く三越に廻って冷たいデザートを用意して待っていた。

25水天宮

9階の窓から今建設中で話題のタワーが見えて、シンプルな中に好みのもので工夫して素敵な住まい振りでした。

その後寮に帰るEちゃんと別れ、娘と三越まで行き、藍染と銀のアクセサリーなどをみてガーデンコーナーへ
25三越
早や夕暮れ時となり水撒きしている方にチョコチョコ質問などして、苗は買わずに、地下で食べ物を調達してホテルに帰りました。
後は1人での~んびり(^_-)-☆



続きを読む
スポンサーサイト
Posted at 22:31 | お出かけ | COM(19) |
2010.08.19

残暑益々厳しく・・・

12日には台風4号のお陰で待望の雨が降りました。
が、その後曇り時々雨でぐずつき梅雨のような蒸し暑さとなり、30日連続真夏日は一日だけ29度台で途切れたが、又ぶり返しの猛暑が炎炎と続いています。
その間に5日にEちゃんが帰り、7日にT家がイタリアから帰国、お盆には息子はアメリカへ、K家は台湾へ。
老人二人は何処へも出かけず暑さボケでぼ~っと過ごしました。
どこかで言っていましたが「老人は暑さを避けよ」「若者は暑さに馴れろ」・・・と。
日中用事方々自転車で廻ると「熱中症」になりそうな感覚が分かったような気がします。
皆様も充分ご注意なさって下さいね。

お盆の事、戦時中のこと、書きたい思いは有れど、もう総てパス(ー_ー)!!・・・このまま休止しそうなので喝!

れんげしょうまが咲きました~

19れんげしょうま

裏庭に植えたまま何十年も消えずに咲いてくれる優等生です。
昨年タネを取り播きしたのが10株くらい芽を出し、本葉も出ていたがこの暑さで消えました。
生き残って春に芽を出してくれるようかすかに期待しています。

続きを読む
Posted at 23:02 | 季節 | COM(6) |
2010.08.11

立秋が過ぎても・・・炎暑です。

昨日まで少し雲が広がり、この機を逃さず畑や庭の草取りをした。
その間雷サマが太鼓を鳴らせども雫程しか降らず、水遣りと両方で疲労感は溜るばかりです。

そして今日は台風の影響で気温が上がり36度!お隣の小松市はとうとう37.7度を記録し、日本で一番暑かったようです。

11空

朝早くから水遣りを済ませブルーベリーを摘み、こんな日にお墓の掃除に出かけた。
カンカン照りの中で1時間半。見上げれば秋の空にパラグライダーが舞っていた。

11夏の花

先日あまりの暑さに可哀相で、鉢を木陰に移したり、簾で日除けを作ったり、桃の緩衝材で覆ってみたり工夫しました。
月初めの施肥が効いたのかシュートの赤ちゃんが伸び出したのもあり母心をくすぐります。

日本海に進んできた台風で、明日は完全雨マーク どの程度降ってくれるでしょうか~


Posted at 23:23 | 季節 | COM(6) |
2010.08.07

高山へ  8月2日

猛暑が続き些かのびてしまいました。
Eちゃんの滞在中に「立山黒部アルペンルートか上高地」へ案内したいと思ったが「涼しい所へ行きたい」と思うのは皆同じで何処も満席でだめでした。
それで高速バスを使って行ける「白川郷と高山」へ行く事にした。
世界遺産の白川郷では40分の乗り継ぎ時間を利用して明善寺郷土館に入っただけだが、吊橋を渡って行ったのは初めてで新しい発見でした。
日曜日を避けたので少し静かでした。
濃飛バスに乗り換え1時間で高山に着いたが、此処では4時間の滞在なので有効に使わないといけない。
駅前でお蕎麦を食べてからタクシーで屋台会館へ。

2屋台会館

10年位前に訪ねた時と展示が変り、ガラス張りの外から解説を聞きながら見る。
豪華絢爛な屋台とからくり人形で有名な春と秋のお祭りの様子をビデオで見たが、もうあのような人混みの中へは出かけられないと思った。
全部で11基の屋台は年に二回入れ替えがあり、各町に屋台を収納する蔵が有ったが、上の四本柱を下へ降ろして収納し高さが調節できるようになっている。

そこから歩いて古い町並みの方へ行き、一度入ってみたいと思っていた吉島家と日下部家を見学する。
高山へは何回も訪れているが仲間と何となくぶらぶらするだけで入館したことが無かったのです。

2吉島家
土間とおえの空間には見事な大黒柱と天井に組まれた梁が素晴らしい。
酒造りの家業を支えた大きな井戸も目をひく。奥の間は簾が下げられた夏のしつらいが涼しげです。
吹き抜けの茶の間以外は、迷子になりそうなくらい沢山ある部屋は華奢な作りで、ここ高山は北陸のように重い雪が降らないそうです。
昔の様子を残した台所なども興味深かった。

続いて隣にある日下部民芸館にも入った。

2日下部家

天領時代に御用商人として栄えた商家で、明治8年の大火で消失後建てられた家は吉島家と良く似ている。
明治建築の民家として国の重要文化財に指定され、使われていたお道具類が展示されていた。
中庭に設けられたお休み処で冷たいお茶とおせんべいが振舞われた。

次の通りは観光客が多くてお店も色々、造り酒屋の多いのに驚いたが昔は50軒、今は8軒だそうです。
路の両側に綺麗な水が流れていてお店の人が汲み易い四角い柄杓で打ち水をされていた。
ここで腰掛けて桃のソフトクリームで一休み。
「とらやのお饅頭」を買って駅へ向かったがまだ時間が有るので戻って「高山陣屋」へ入る。
広い敷地内に表の役所と裏の私宅部分があったがいずれも武骨な作りです。(写真無し)

小京都として観光客に人気の高山は、・・・武家流でありながら公卿風で茶道では「姫宗和」とも呼ばれる宗和流の祖、金森宗和の居城のあった所・・・・と漠然と思っていた。
陣屋の帰りに一寸不審で、乗ったタクシーに聞いたら「お城は秀吉時代に城山にあったが100年続いた後出羽の国に移封後、天領となり陣屋は代官所だった」と言われて納得し、我乍ら不勉強を恥じた。
城下町と言うよりは町人文化の町なのだと改めて思いました。

暑い最中にずっと付き合ってくれたEちゃんのお陰で、詳しく見て廻られて得る事の多い一日でした。

帰りのバスは高速直行で6時過ぎに駅前に着き、駅スーパーで夕飯を調達して帰宅できました。


Posted at 23:13 | お出かけ | COM(2) |
2010.08.01

トマト

トマトが沢山取れました~♪
大きいのはザク切りにして冷凍
ミにはセミドライに
初めて植えた黒いトマトは中型でイタリアントマトのような形、之が房になって生るのです
コンポートにして見ました~
勿論お友達にも食べて貰いました~

1とまと

ブルーベリーも根気して取りました~
つまみ食いしても700gありましたが、鳥がつつくのか地面に沢山落ちています。
良く熟して大きいのはアマーイ
Posted at 23:45 | 菜園 | COM(8) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。