FC2ブログ
2010.05.11

白馬のギャラリー 森と人へ 5月8日

お料理の仲間と白馬へ行きましたが、予報通り快晴になり、新緑が輝く中を車窓からは立山連峰・明星山・雨飾山がきれいに見えた。
途中小谷道の駅で山菜類を色々買い込み、白馬へ。

青空に輝く残雪豊かな白馬三山・唐松岳・五竜まで総て見渡せて満足・感動!
10時半過ぎにはラ・ネージュ東館に着いた。
ここはまだ木々が芽吹きだしたばかりで、前庭には雪が残った所もあり山草類はまだ早くて、トガクシショウマは咲いていたが、シラネアオイは日当たりの良い所では満開だが他は花を抱いて伸びたところでした。
ランチを予約をして直ぐ近くの教会に隣接している山岳フォトギャラリーへ。

8東館


山岳写真家 菊池哲男氏の白馬を中心に写した写真はどれも素晴らしかった。
見て読むほどに・・・感動を与える写真を撮る精神力と体力に圧倒された。

8森と人と

ランチの後はみそらのの「森と人と」へ

此処へ訪ねたのは3回目ですが、この季節は初めてで前庭の印象がガラリと変っていた。
敷き詰められたチップと可愛いパンジー類が盛りで、木組みの椅子やティーコナーも出来ていて、非常に明るい。
昨年の晩秋に「素適にガーデニングライフ」に登場された本田夫人は何時も個性的な装いで素敵な方ですが、お庭もナチュラルな山の風情でした。

此処に移られてギャラリーとカフェを始められてから10周年だそうで、記念のパーティーがあり、今日はびおれさん達から良くお聞きする信州の雑誌「くら」も取材に来ていて今度登場するようです。
重厚でお洒落な硝子の器に、唐木さちさんが自宅から持ってこられた花を活けられてステキなコラボでした。

出されたお料理はこの地の物を使った品々が美しく並べられとても美味しくて参考になりました。
私は入って直ぐの所に活けられた牡丹の花器に一目ぼれで連れ帰ったが、その後同じ花材を下の中央に活けなおされたが流石ですね。

マイクロバスで行ったのに大きなカメラを敬遠してコンデジ持参で失敗でした。



スポンサーサイト



Posted at 10:51 | お出かけ | COM(10) |