--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.05.31

久し振りの青空

まだ気温は低めですが爽やかに晴れました~~
今朝はゴミだし前に花柄摘みやサンショウバラ他を高切り鋏やノコギリでカット。
鋏やノコギリを持たせたら何でも伐りたくなるのです。

5月も早や晦日になり溜った野暮用の始末に忙しかった。
畑の花やバラを切ってお届けできた。

31カーディナルdpリシュ
ずっと欲しかったこのタイプ。
昨年連れて行ってもらったバーンズで見つけて買ったが、早くから蕾が沢山出て期待していた。
咲き始めは濃い紫色だが直ぐ覚めて散りやすい。その後二番三番花は段々薄くなりピンクっぽい。
そういえばレークガーデンのおじさんもそう言ってましたね。
もう一つSさんに頂いたカーディナルヒュームが咲くのを楽しみにしています。

好きなバラ二つ

31フレンチレース
端正な姿と香りで魅了します。
最後はヒラヒラの平開になる、フロリバンダなのに我が家では何年経っても一輪づつです。

31ジュリア

バラ園でこの花を見たとき衝撃を受けた。
名前も分からず枯葉色のバラと呼んでいたが、その後ジュリアと判明。
樹勢が弱く二鉢買ったが思うように咲かない。

スポンサーサイト
Posted at 23:15 | バラ | COM(2) |
2010.05.29

今日のバラ 蔓バラ

気温17度
3月下旬なみとか、寒くて一度片付けた温風器を出した。

雨で傷んだ花柄を摘み少し淋しくなったがこれから開く花も控えている。
29新雪
早咲きでフリフリのスパニッシュビューティーは花後の始末も大変です。
何とか此処で成長して欲しい。
段々大きくなった新雪はこのまま置いて良い物か悩む所です。
箱根サンショウバラは此処に植えてから30年、切り詰めて1本にしたが、上の方で咲くので見づらい。
タカネバラも30年は経っているが石楠花の陰ひっそりと永らえている。
どちらも捨て難い花です。

29イチゴ
切った花を纏めてトイレに。入るたびにo@(^-^)@o。ニコッ♪

雨で何日も行かなかった畑でイチゴやエンドウが大きくなっていた。
Posted at 23:57 | バラ | COM(8) |
2010.05.29

今日のバラ フェリシアと・・・

雨は漸く上がったがどんよりとした曇り空です。
でも雨具無しで動けるのが有り難い。

05年ゆりかごさんのオープンガーデンに伺ってからバラの魅力に目覚めて、その秋に富山の大きなナーセリーで求めたバラ達です。
28フェリシア
両方とも淡いピンク系で小振りで可愛い。
作り方が悪くて何年経っても小さなままだが、今日伺ったT町のお宅では蔓で大きく育っていてステキでした。
どこか良い場所に植えてやりたいけど・・・



28ロールケーキ

友が手造りのおいしい柿の葉寿司と山で採って来たノブキの佃煮を持って来てくださった。
山の行事にはよく頂いた彼女のお得意のお寿司です。
秋祭りには加賀でも、金沢は笹寿司で小松方面は柿の葉で作り、50年も前の子供時代の想い出の味です。

又彼女は松井選手の出身地ですが、「田舎でも美味しいロールケーキが出来るようになりました」と求肥に小豆や栗が入った和風ロールケーキも頂いたが珍しい口当たりで美味しかった 有難う~~♪

久し振りに作ったケーキ2種 まだまだ作りこまないとダメですね。
Posted at 15:25 | バラ | COM(2) |
2010.05.27

バロン・ジロー・ド・ランとマダム・ピエール・オジェ

毎日雨続きで庭の木々も鬱蒼と茂り薄暗い。
次々とバラの花が開き始めたが雨に打たれて可哀相で、出来るだけ玄関に取り込みました。

27玄関バラ
↑ブルー・バユー ブルー・ムーン フェリシア カーディナルド・リシュリー ルイ14世 トラディスカント バロン・ジロー・ド・ラン
↓新雪 ブライダルピンク?
どの花も可愛いくて中々切れません。

そして問題のこのバラ達
27バラ二つ
昨年の「国際バラとガーデニングショー」に行った時連れ帰った新苗のこの子達。
7月に待ちに待ったバロンさまが咲いたのですが、何とピンクでガッカリ
7月6日の記事で恨み節を書いたところ、皆様に色々慰めて頂きました。
流石oldroseさんがピエールオジェのようだと書いてくださいましたが、名札をはずした覚えがなくて・・・頑固に思い込んでました。
もう片方はとうとう咲かなかったので確かめようがなかったのです。
諦めきれず2月にネットで「家はこの花で接木するので必ずフクリンが入ります」という宣伝が目に留まりポチッと押して大苗がきました。

この間から一緒に蕾が膨らんで矢張り同じかと思っていたが、ピンクの可愛いカップ咲きのマダムピエールが先に開き、遅れて正真正銘のバロンさまが咲いたのです\(◎o◎)/!
皆様散々お騒がせしてすみません
後から買ったバロン様はまだ咲かないが、この子は望まれて娘の所に行きました~~メデタシメデタシ


Posted at 23:30 | バラ | COM(6) |
2010.05.26

今月のお料理

アップが遅れてしまいましたが、今月も珍しい花ズッキーニやアマエビの前菜など美味しいものが沢山有りました。

26お料理教室

新鮮でとても大きな甘エビはそのまま頂いても美味しいですが、酒塩をしておき、5ミリ角に切ってレモン汁をかけたアボガドと盛り付け冷やしてたもの。美味しくてとろけそうでした。
子持ちの立派なアマエビの子をはずし、美味しい塩昆布を刻んで付け合せたものも始めて頂きました。

花ズッキーニはこの頃需用が有るのか、一つづつケーキのようにパックされて出ているんですね。
毎朝出荷してその日のうちに消費しないと大変ですが・・・世の中贅沢になったものです。
そういえばわが菜園にまだ植えてないんです(>_<)
サリーのパンは20年以上前のJunkoさんのレシピでハチミツを沢山使った懐かしいパンでした。

何時も素敵なお花を活けてありますが、左上と右下のは先日白馬で求められた物で、ステキでした。
我が家のは口が広くて活けにくかった。
2010.05.25

バラ ロワイヤルとフレグランス

開かない掲示板の問い合わせの返事も来ないので、諦めて他のに変えようかと思いつつ、触っていなかったら、今開いてましたね。
でも又なると嫌なので、1と2を纏めてこちらに移します。

一番最初に咲いた ロワイヤル
昨年頂いた中で之だけ開花しなかったのです。
ロワイヤル
市川のバラでステキですね!

二番手は フレグランス
色も花形も香りも素晴らしい!
フレグランス

Posted at 23:11 | バラ | COM(2) |
2010.05.23

ピンクのヤマシャクヤク

今年は芽出しから何本もスクスク伸びて期待していたが、こんなに咲いたのも初めてです。
見てくださいね

23ピンクヤマシャクヤク

明日も雨の予報で儚い花の命どうなるでしょうか?
白よりずっと小さいのです。




雨の中で撮りました。
今年は元気なので種を取りたいけど受粉するでしょうか。
23ピンク山しゃく


26日 今日もまた雨が降り続きました。
夕方見たら半分散ってしまい、ほんに美人薄命ですね これで記録終了

26yamasyaku.jpg




続きを読む
Posted at 23:51 | | COM(8) |
2010.05.22

バラ三種 福袋から

今日は曇り空で風も無くバラ日和でした。
バラは蕾からあっという間に開き、最も美しい姿を撮るのは難しいと知る。
09年の早春、サカタのサイトから三種名前不肖の福袋を3800円で買った。
開けたら蔓ゴールデンシャワー・FLマーガレットメリル。HTブルームーンが入っていた。
ブルームーンは前に買ったのでだぶったし、他はネットでも余り聞かない名前で、マーガレットメリルは咲かず、ゴールデンシャワーも一日でだらけて矢張り福袋は~と思った。
今年マーガレットメリルしっかり育ち早々に蕾も見えて、バラ花壇の中心に植えた。
オフホワイトに中心がほんのりピンクで姿も香りも良い。
22マーガレットメリル

ゴールデンシャワーはバレリーナと大き目のプランターに植えて小さな蔓仕立てにする積りで北側の勝手口に置いた。
朝開き午後にはオレンジ色の花芯が見えるようになったが曇り空なのできれいな姿のままです。



続きを読む
Posted at 23:39 | バラ | COM(6) |
2010.05.21

今日のバラ  トラディスカント

気持ちの良い皐月晴れでした。
お迎えしたアメリカからの観光客はお花好きの方で、庭を案内中に新顔のバラが開き始めたが写せなくて残念。

情熱的な真紅のバラ「トラディスカント」
ベランダは日照が少なめで、なよなよと枝が曲がってしまう。
21トラディスカント
続きを読む
Posted at 22:56 | 日々好日 | COM(6) |
2010.05.21

今日のバラ ルイ14世

リュイ14世

07年にS苗を頂いた。
3年目でやっと株に育ったようです。
オールドローズの中で最も黒に近いと言われているようですが、端正な蕾があっという間にくしゃくしゃに開く。
Posted at 01:00 | バラ | COM(6) |
2010.05.19

過去ログですが   鳥越城址

春から天気が悪く寒かったりで、今頃になって鉢緩めや植え替えをしています。
大体片付き今日はシルバーさんにキレイにして貰った所で恵みの雨になりました。
珍しく3日も畑に行かず庭に集中してました。
ブログも溜る一方で一寸さかのぼります。


9せんな

8日に小谷道の駅で山菜を沢山買ってきました。
その中に花ワサビが有って一袋では足りず、いつもの所へ取りに行った。
T家の孫達も山菜取りは初めてで一緒に行くと言ったが遅れてしまい、現場に着いたら草丈が伸びていて長靴で無いと気持ちが悪くて河原に降りられない。(その前に大きな蛇の死骸を見た)
幸い路肩にあったのを取って帰り道で彼達が来たが悪いけどそのまま車に。

買ってきたおにぎりもあるので、旧河内村の長い藤棚の所に入ってお昼にした。
何時も通り過ぎるだけだったが入ってみたら休憩所や広い芝生の庭になっていて驚いた。

S君達は折角来たのに山菜取りも出来ず、では歴史の勉強にと目の前に見える山上の鳥越城址に行く事にする。
昔来た時は忠霊塔があるだけの山頂だったのに、砦の城跡が復元されていて驚いた。
そういえば一揆祭りとか行われているようで、故里見直しの一環でしょうか。

9鳥越城址

戦国時代に「百姓の持ちたる国」と呼ばれた加賀一向宗の勢力は強かったが、織田勢の猛攻にあがらえずこの地が最後の牙城となり戦い敗れのです。
今は車で上がれるが、標高300mの山で、手取川の下流まで見通せ、方や大日川で天然の要塞でした。
研究が進んで遺構が整えられ、春は桜もキレイでしょう。

帰宅後センナ漬けを作り、7瓶出来て悠の友人にお持ちして喜ばれた。



Posted at 23:55 | お出かけ | COM(0) |
2010.05.16

塀の回り

今日は亡父の25回忌にお参りしました。
読経の後でお坊さんが一寸した法話をなさいますが、15年前に大阪から小松のお寺に来られたお坊さんで彼の友人とのお話でした。
友人は肺癌で初診察の時から手遅れで余命2.3年と告知されたそうです。檀家の方に「自分のしたい事をしなされ」と言われあれも之もと考えたが、「最後は普通の生活がしたい」又そうなったら周りの人から妙に優しくされるのも気になるとの事で二人は会えば何時もの通り漫才のように話し合われたそうです。
しかしいよいよ最後にはホスピスに入られ酸素吸入をしながら1時間かけて休み休み話されたそうですが(電話で)「普通の生活が宝物だった・・」と。
とても感銘深いお話でした。

16花束

画像も出来事も沢山溜ってしまったが、家に居るときは庭や鉢物の整理で時間が足りません。
春先には明るいと思っていた庭も木々が茂り、バラ苗もどんどん伸びて水切れしないように鉢増ししたりで余裕が無い。
先日聞いた話では日照5時間朝日で3時間と言われたがとても無理です。が今のところ病気も無くつぼみも膨らんできました。
 
今日は塀の周りで咲いているお気に入りを纏めてみました。
16塀1
鉢に植えてあったスパニッシュビューティーを塀の中に植えて車庫に誘引した。
それも蕾が大きくなってからで引っかかって折れたりしたがこの後希望通りになってくれるか少々心配です。
モッコウバラは盛大に咲いて切っては差し上げている。
昨年椿をばっさり切ったので深山レンゲは元気です。
16塀2
種蒔きして2.3年目の八重咲きおだまき黒が一重になったり、なでしこも色変わりが咲いたり、庭には植えられず畑へ持っていこうかと思うが、通る度に愛でられて溝の上で小さくなってます。
そうそうスイートピーのマツカナやラシラスは11月に蒔いたと言うのにまだまだ小さくて咲くのは何時になるやら(>_<)

今日訪れた実家では塀の回りにながーいコーナーが有り、ツツジ他の植栽で、私なら溢れるように花を植えたいと思った。


Posted at 23:57 | | COM(9) |
2010.05.11

白馬のギャラリー 森と人へ 5月8日

お料理の仲間と白馬へ行きましたが、予報通り快晴になり、新緑が輝く中を車窓からは立山連峰・明星山・雨飾山がきれいに見えた。
途中小谷道の駅で山菜類を色々買い込み、白馬へ。

青空に輝く残雪豊かな白馬三山・唐松岳・五竜まで総て見渡せて満足・感動!
10時半過ぎにはラ・ネージュ東館に着いた。
ここはまだ木々が芽吹きだしたばかりで、前庭には雪が残った所もあり山草類はまだ早くて、トガクシショウマは咲いていたが、シラネアオイは日当たりの良い所では満開だが他は花を抱いて伸びたところでした。
ランチを予約をして直ぐ近くの教会に隣接している山岳フォトギャラリーへ。

8東館


山岳写真家 菊池哲男氏の白馬を中心に写した写真はどれも素晴らしかった。
見て読むほどに・・・感動を与える写真を撮る精神力と体力に圧倒された。

8森と人と

ランチの後はみそらのの「森と人と」へ

此処へ訪ねたのは3回目ですが、この季節は初めてで前庭の印象がガラリと変っていた。
敷き詰められたチップと可愛いパンジー類が盛りで、木組みの椅子やティーコナーも出来ていて、非常に明るい。
昨年の晩秋に「素適にガーデニングライフ」に登場された本田夫人は何時も個性的な装いで素敵な方ですが、お庭もナチュラルな山の風情でした。

此処に移られてギャラリーとカフェを始められてから10周年だそうで、記念のパーティーがあり、今日はびおれさん達から良くお聞きする信州の雑誌「くら」も取材に来ていて今度登場するようです。
重厚でお洒落な硝子の器に、唐木さちさんが自宅から持ってこられた花を活けられてステキなコラボでした。

出されたお料理はこの地の物を使った品々が美しく並べられとても美味しくて参考になりました。
私は入って直ぐの所に活けられた牡丹の花器に一目ぼれで連れ帰ったが、その後同じ花材を下の中央に活けなおされたが流石ですね。

マイクロバスで行ったのに大きなカメラを敬遠してコンデジ持参で失敗でした。



Posted at 10:51 | お出かけ | COM(10) |
2010.05.07

彦三(ヒコソ)緑地

4月から通いだした尾張町の病院が早く済み、木曜日で帰宅時間が気にならないので、長い事気になっていた彦三のツツジを見に廻った。
開園してから既に30年は経っていて花の盛りにはニュースでも紹介されるが、一度も訪ねたことが無かったのです。
「旧家の庭にツツジが沢山植えられている」漠然とそのように思い込んでいたのですが、行ってみたら広い所で驚きました。
立派な門が三箇所に作られ、休憩所やツツジ資料館なども整備されていました。

老舗が多い尾張町から入った彦三一番町界隈はお屋敷町で立派な家が多かったが今はビルも増えたようです。
ここからくらやみ坂を降りれば主計町や東茶屋街も近く三々五々見物の人達が訪れていた。

6彦三緑地
元々は加賀藩に仕えた遠田家(約千石)の屋敷跡で通称「遠田のつつじ」と言われ6代藩主前田良徳から贈られた樹齢約250年の銘木を残す為に作られたようです。
その苑地はツツジ保護の為に囲われて入れないが、真っ赤なノトキリシマの株が幾株も咲いていた。
お蔵は近年資料館として整備されたようだが中には歴史資料とツツジの説明があり、楠の木のある辺りが住居跡らしく、周りにあとで植えられたつつじは72品種1,400本のツツジと13品種80本のボタンが咲いていました。

6彦三緑地2

生憎真夏のような暑さで牡丹はだらりとしていたがツツジは盛りでした。
カメラが無くて携帯の写真で個々の花は写せなかったが「くろふね」が好みでした。
又我が家で咲いている「ムラサキヤシオ」はやや高山性のため名札だけで株は無かったが 、資料の説明によると「レンゲツツジの系統で北関東・北陸近畿地方の雪深い所に生え、紫の染汁に何回も染めたような赤紫色なので紫八塩ツツジと呼ぶ」
そういえば葉はレンゲツツジと同じだが、花は全然違い、1000m位の所でプリンと咲いたこの花に出会うと嬉しくなったものです。

前項の我が家のツツジに有るムラサキヤシオはスキー場造成地でばっさり切られた株の葉を見て貰ってきた中の1本を大事に育てて10年位経っています。
又余談ですが、金沢で標高が最高で難易度の高い「高三郎」に登った時、頂上真下でこれの白花に出会ったのです。
廻りに確かめる人も居なくて「アレは幻?でも間違い無し」二度目は一寸季節がずれていて確かめられなくて今でも心に残る花ですね。
Posted at 23:07 | 金沢散策 | COM(2) |
2010.05.05

端午の節句

5端午の節句

息子のお節句飾りは久しく出さないが、アメリカのお客様用に娘の所のS君が生まれた時贈った甲冑を飾った。
お軸は家孫のS君が生まれた時頂いたものです。
田舎のほうに行くとたまに鯉のぼりが泳いでいる事が有るが、この頃は各家のを寄せてずらりと威勢良く泳ぐ風景の方が多くなったようです。
粽でも買いに行こうと思いながら庭仕事に明け暮れて終わってしまった。

今日は30度を越す真夏日の所もあったようですが、金沢は26度で戸を開けて心地よい。

我が家のツツジに続く続きを読む
Posted at 23:49 | 季節 | COM(4) |
2010.05.03

五月晴れ

風薫る五月 待望の皐月晴れになりました~~

3庭
木々は葉を広げキラキラ輝いて、花達も陽を浴びて嬉しそうです。
田には水が張られてこの連休中に田植えが進む事でしょう。
今年のチューリップは渋めです。左下二つ 他は前からの分だが、チューリップの後にスイー
トピ^ーを蒔いたのが失敗でした。陰になって養分を取られるせいか全然伸びてきません(>_<) 

1日に帰宅した息子は二日にはや帰り、今日は午後から伏木へ行くという悠について出かけた。
桜の葉も真緑に変わってしまったが氷見に近づくにつれ淡い緑色になり矢張り海の近くは幾らjか気温が低いようです。
伏木と言ったが氷見の港で写真を撮ったら直ぐ帰るという。
海鮮館に寄って欲しいと頼んで廻ったが駐車場に入るのに行列で、待つのが嫌いな悠は直ぐ帰る。
残念 日本で一番人気の新鮮で美味しいお魚があると評判なのに・・・
3氷見

チューリップフェヤーか五箇山帰りか、途中で渋滞が始まり高速道路での渋滞は初体験で「矢張り連休は遠出はできない」医王山あたりへ山菜取りに行った方が良かったかも・・・お魚も山菜も食べ損ねました~


続きを読む
Posted at 23:47 | 季節 | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。