--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.03.31

ホームビジット その後

3月後半は23日と27日にお招きしました。
31hana_20100401002141.jpg
お客が変わっても亭主変らずで、玄関もお座敷もチョコッと差し替えるだけでこうして写真で残すと変ですが、お許しを。
連日4名様を受け入れておられる家も有るようですが、我が家はご夫婦で静かです。

31B夫妻

物静かな方達で、お二人とも教育者で奥様は幼稚園の先生をなさっていたそうです。
書道に興味が有るといわれたので急遽本棚にあった悠が60の手習いでしていたかな書や本をお見せした。
6月に息子さんが結婚するので「愛}と言う字を教えて欲しいと言われ、筆ペンで番号を打ちながら書いてあげた。
カリグラフィーの書法で書かれるようです。
床の間の掛け軸も・臨済宗相国寺派管長有馬頼底師・の一行に架けかえたら「こういうの物はどこに売ってますか?」と聞かれた。
日本の布にも興味をもたれたので端布を幾つか差し上げたら「気前の良い方だ~グループの中で私達が一番ラッキーです」と喜んでくださった。
今回のお土産は古い丸帯から敷物を作りました。

彼女は用意した椅子に掛けないで座布団の上で正座してましたね。

31お客

27日はロスアンジェルスのL夫妻です。
この方達は一番若くて50台と60なかばのご主人で、明るくてユーモアたっぷり。
東京では歌舞伎を見たといわれ、スガワラが出てこなくて「書道の先生。受験生の守り神」・・・で菅原伝授手習鑑だと分かる。
一幕見席だったようですが自分達で並んで券を買ったそうで英語のイヤホンをしたので良く分かったそうです。
説明に受験生の守り神と言ったのでしょうか(笑}

実は6日の夜の部を売り出し前の13日に早や押しで申し込んだのに3階席の端のほうしか取れず直ぐ全館満席だったので「エー」「アメリカで抑えたの?」「旅行者は別口?」と盛り上がった。
京都では能を見たいそうです。

宿泊のホテルがデパートに直決しているので行ったのか、着物が沢山有ったとか言ってましたね。
グーグルマップでお家が出てきたら大喜びしてました。
なるべく特定した所まで出さずアメリカの中のどの辺?までしか出さないようにしているのですが。
ご主人はソニーのカメラやビデオ持参で英語から和訳ができる携帯電話で「とても美しい家です」などと見せてくれました。
娘さんの友人に日本人が居てお寿司の事等、も話していたが ロスなら2回行った事が有り話が弾みました。
日本の印象は、町がキレイで人も礼儀正しい事。保温付きのウオシュレットトイレが素晴らしいとも。

大体要領も分かり2時間でもお互いに楽しめますが、悠が事故など有った時どうするのだと言い始め暫くお預けです。

スポンサーサイト
Posted at 23:04 | 出来事 | COM(4) |
2010.03.30

久し振りの快晴!

3月も明日で終わるが雪や雨が多くて、その上急激な気温の変化で、春らしい日が少なかった。
今朝はマイナス1.7度まで冷え込み、屋根や庭にもうっすら雪が残り、鉢も凍っていた。
しかし真青な青空が冴え冴えと広がり待望のお天気です。
30晴れの庭
昨日も今日も植木屋さんが来てくれると待っていたのに、来なくてがっかり。
昨日は温室内で鉢植えの植え替えをする。
クレマチスは大体終わり、雪割草は根詰まりで名花を枯らしてしまったので大鉢に寄せてみた。
30雪割草
溢れるように咲いたことも有るのに、こぼれタネの実生ばかりになってしまい少々淋しい。
オキナグサも昨年買ったこれ一鉢になってしまった。
友人宅では凄い大株になり何年も咲いているが我が家は3年持てばよいほうです。
30たったそう

5年前に友人から貰ったタッタソウは消えそうで、又出てくれるから嬉しい。
小さな米粒のような実が出来るので蒔いてみたら、3年目で咲きました。
一寸油断したら日が翳りもう閉じてしまったが、春の花達は日光と気温に敏感ですね。

キクザキイチゲも20日以来一度も開かず、今日やっと開いたがもうお終いですね。
明日木を植え替えるためそ~っと起して仮置きしたのでこの姿はもう見納めです。




Posted at 23:08 | | COM(8) |
2010.03.24

寒さぶり返し

何故か春らしいお天気が続かず、異常に暑かったり急に寒くなったりで変な年ですね。
それでも花の開花は例年より早いそうです。
 
今日も朝から雨になり予定していた庭仕事が出来ません。
24雨の花
 
今年はまだビオラなど春の寄せ植えが出来ないが、昨日マーガレット・ファセリアその他を買い、今日は出ついでHCに寄ってもらい庭土に混ぜる団粒状の土を買ってきた。
その時目に付いたミニバラテデーベアーも。
ジョイフルホンダで買ったのより花が大きめでつい手が出たのです。
鉢を減らしたくて紅葉の根元を開墾しようと目論んでいるのですが・・・雨の日が多くてはかどりませんね。

そしてネットで頼んだ半円型のトレリスが届きました。
24アーチ

送料が600円なので組み立て式のものだと思っていたが、巾40丈210のままでした。
直ぐ開けて確認して欲しいという事で開いたが、レビューにも書いて有ったが、電柱隠しや壁面用に、案外しっかりした物で、とりあえず立てて見たが、予想より大きくてどこに使おうか?
この灯篭隠しにピッタリかも。
植木屋さんに竹垣もお願いしたので狭い場所に林立状態です(>_<)
ネットは気軽にポチッと押してしまうのでいけませんね。
長尺ものの苗でも買わないと間に合わないが、地植えにしたら直ぐ長いシュートが出てくれるかと期待しましょう。
Posted at 23:06 | 季節 | COM(12) |
2010.03.20

庭の春一番

先日開いた玄海ツツジの柔らかな色合いがほっこり優しく、茶の間に座って春を感じている。
気温はめまぐるしく上がったり下がったりしながら春に近付いていますね。
今日は一気に26度まで上がり、この間から蕾のままためらっていたキクザキイチゲが一斉に開いた。
昨年からあちこち掘り起こしたので「春の妖精」と呼ばれる山草類は例年よりまばらですが、可憐な姿で咲いてくれると嬉しいですね。

20キクザキイチゲ
ユキワリイチゲは昨年初花で沢山咲いたが、今年は4輪しか咲かなかった。
キクザキイチゲに比べると一寸渋めの色ですが花型が整っている。
西日本に多くてこの辺の山では見られないが、暮れのうちから蛾が羽を広げたような大きな葉が出るのが特徴です。
これも春の妖精と呼ぶのでしょうか?
20ユキワルイチゲ

4輪夫々にあっち向いてホイと咲いているので撮り難い。
今日は風が強くて方々で被害が出たようだが、暖かだったので通販で買ったアーチを組み立てたが、大きすぎて一人では立てられず友人夫妻に手伝って貰って納まったのでウレシイ。
今夜は凄い風ですがしっかり固定してくださったので心配無しで感謝。
明日は又寒くなるようですね。
Posted at 23:35 | 庭の花 | COM(12) |
2010.03.19

花フェスタin名古屋ドーム 3月15日

174名

ひょんな事からナゴヤドームであいち花フェスタ・名古屋国際蘭展が開催されている事を知りました。
この蘭展には2004年にも行ったが、もう蘭は卒業して僅かばかり育てているだけです。
花フェスタと言うので蘭以外にも有るのでは?と思い調べてみたら今ときめいている方々の「バラ四銃士トークショー」がある事が分かり、高速バス日帰りで行く事にした。
開催期間中は名古屋駅からシャトルバスが出ているので凄い行列でしたが会場まで運んでくれるので助かります。

蘭の他に南半球オーストラリアのワイルドフラワー(期待したほどでもなかったが)南米ペルーの高地で発見された秘境のラン・コバチ(入り口に花はアリマセンと明示)ハンギングのコンテストやテーブルセッティングもありました。

トークショーは2時からだったので苗のコーナーも見て廻ったが、ラン以外は無くて残念。
小さなランと九州地方の山アジサイの挿木苗を3株買っただけでした。
1時半頃から座席についたので前から4番目中央に座れました。

17トークショー

壇上にバラが並べられ、素敵な面々が雛壇に勢揃いです。
「テーマはバラと遊ぶ」
先ず「バラの紳士有島薫氏」に「バラの貴公子大野耕生氏」が贈られた「フレグランスオブフレグランシス河本バラ園」のお話。
それに「バラのソムリエ小山内健氏」渋くてとても良いお声。
司会が「ニューローズ編集の玉置一裕氏」で有島さんが言われるには「この三人で語ったらマイクを渡さないでしゃべるので、彼に仕切って貰わないと・・・」

イングリッシュローズからデルバール社のフレンチローズ、
花を見せながら上手に解説されるのでどれもうっとり~中でも「マダムフィガロ」は三人ともお勧め!

続いて日本で作出されたバラの紹介で前述の河本バラ園のフレグランスオブフレグランシスやシュシュ・プリンセステンコウ・「天使のバラシリーズ ミカエル・ラフェロ・ガブリエル」等々・・・日本のバラとして世界に通じると。
最後にF&Gローズ(フローリスト・ガーデナローズ)自分で育ててアレンジするを提唱。
切花の花持ちのよさとガーデンローズの多彩な色という事で、あおい・みさき・てまり・等々中でも最新の友禅は小小山内さんプロジュースのバラで「変りゆく美しさ・変らない美しさそしてダマスクの香り!」

三人のお勧めのワンポイント
有島氏・・・今月一杯どんどん肥料をやる・花の枝の半分で切る。
小山内氏・・・花一輪薄い皿にサラダ風 花で遊び、写真で遊ぶ・
大野氏・・・栽培は徐々にステップアップ 7.8分咲きの綺麗なうちに切って楽しむ。
玉置氏

予定を20分オーバーして終わり、出口でサイン会が有りました。
ニューローズ 2010を買って並びましたが 小山内さんが何回もカメラを構えてメモしていた白髪のbaーさんを覚えていて「熱心に聴いてましたね」と言われたので、以前にショパンさンのBBSでと言ったらちゃんと覚えてました。
さすがバラのTVチャンピオンですね。

帰りもさぞかし長い行列かと思ったが遅れたのでガランとしていて4時半過ぎに駅到着。
Lサイズ売り場に行きたかったが馴れない所なので地下でお弁当を買って名鉄バスセンター5時半に乗って帰りました。

重いカメラを敬遠してコンデジだったためバラのアップもままならず、ボケボケです。
勝手にリンクしましたが支障があったらお知らせください。


続きを読む
Posted at 01:33 | お出かけ | COM(6) |
2010.03.18

トットちゃんのバラ

17とっとちゃん
15日に名古屋のフラワードームに行ってきました。
お目当ては今をときめくバラ界の華麗な4人のトークショーです。
夕べは遅くまでこの記事を書いて居たのですが、矢張りこちらが気になり先にしました 後でアップしますね。

昨年の「国際バラとガーデニングショー」で発表され、苗も昨年の秋から売り出されたようです。

会場でもこのバラができた経緯や、花の特性が熱く語られましたが、
柔らかな優しさの中に華やかさ、可愛らしさ、洗練された知性、ウイットも感じさせる
ディープカップロゼット咲きシュラブ・・・バラ界の貴公子と呼ばれる大野耕生氏の叔母さま「河本純子氏 河本バラ園」が作られたそうです。
又この苗を購入すると社会福祉法人トット基金に売り上げの一部が寄贈されます。

偶然ですが過日黒柳徹子さんのトークショーを聞きに行きましたが、ユニセフ親善大使だった頃に体験された、世界の可哀相な子供たちの話から現在健康に気をつけて生活なさっている様子など、テレビで拝見したままのユーモアを混じえた闊達な話し振りでした。
何よりも私と同年齢の筈ですが、1時間半立ちっぱなしで話されたお元気さに驚きました(直ぐ椅子が欲しくなる私が情けない)

そう言う訳で帰宅後ネットで調べまくり苗の注文を致しました~
他にもその時紹介された河本バラ園のシュシュやフレグランス オブ フレグランシスも。
植えるところも無いのに感化されやすくて困ったちゃんです。


写真とバラの説明はNew Roses 2010より。

Posted at 10:11 | | COM(6) |
2010.03.13

今日のお客様

昨日一日だけの晴天で今日は朝から雨模様です。

今日は2回目のホームビジットのお客様を迎えました。
この間は不慣れであっという間に過ぎてしまい、対応の仕方を考えました。
お客様のほうも初めてなので緊張されるのでしょうが、この前は地図を色々広げての説明が長かったので、自己紹介の後にご自分の住所をグーグルマップに入れてもらったら一目瞭然でした。
家族写真も持参され、子供が3人孫7人「あらー家は8人}と話が弾みました。

フィリピンから47年前に移住されたそうで、2年後には金婚式なので結婚早々にアメリカへ渡られたのでしょう。
さすが進取の気性に富み、明るく前向きな性格らしく何にでも興味を示され反応の早い方でしたね。
話題も恋愛結婚かお見合いかと言う事から、フィリピンでは長女が家の後継者になるとか、又家紋のこと等も聞くので慌てて染め抜きの風呂敷を出したり、扇子を出したり、短い時間の中で交流できました。

今回は和服の用意をして娘と二人で着付けたので「5分で着られた」ととても喜んでいました。
ブログに写真を載せても良いと言いましたのでお披露目します。

13kimono.jpg
緑色の靴下が気になりますが、コハゼは無理かと思いそのままで、次回は旅館の白タビを用意しましよう。
彼女は玄関先で靴を脱いだ後で持参の靴下に履き替えたのですが、この心遣いにも驚きました。

お客替れど亭主変らずでしつらいももてなしも同じで、ちょっとラクチン
変ったのは主菓子を手造りしてお客様にも作って貰おうかと用意したことです。

13ねりきり

↓の料理教室で作った「花いかだ」ですが、材料が全部手元にあったので作ってみました。
桜の花の塩漬けは昨年作ったのを塩抜きして使ったが彼女は花だけ食べて見て「オイシイ」
先日のは白餡のままで彩りが淋しいので抹茶で薄く色付けし、黄身餡を包んでいる時閃いて「ふきのとう」に変身しました。
アメリカ人にふきのとうは分からないでしょうが自己満足です。良いでしょう(^o^)丿

日本の花・桜がお庭には無いのかと聞かれ、あれは虫がつくし大きくなるので庭より公園か土手に多いのだと説明したが分かったかな?
箱根では富士山が見えず残念ですが、添乗員が「見える確率は20%」だと説明したらしい。
玄関では早々に「ヨ・ロ・シ・ク」と挨拶したが今回の添乗員の対応も良かったようです。


今回は両方が充分楽しみましたね。

Posted at 23:45 | 出来事 | COM(11) |
2010.03.10

お料理教室

10料理

桜の塩漬けから作った桜ご飯にあいなめの葛たたきがとても美味しい。
あいなめは中々お目にかかれない魚ですが、5ミリ位に骨切りをして刷毛で片栗粉を身の間に丁寧に振り込み、茹でると花が咲いたようになり見た目も滑らかな舌さわりも最高です。
大きな片身だったので三つに切っても見事でした~

えびしんじょは揚げないで椀だねにしても良いでしょうね。
やりいかはお刺身にするような大きさでしたが、餅米と足の切ったのを詰めてから蒸してその後煮汁で煮含める。
花いかだは黄身餡の中に甘納豆をしのばせ、白餡で包み桜の塩漬けをのせます。

どれも素材が最高で何時もながら満足満足、嬉しい一日でした。感謝
2010.03.09

冬に逆もどり

昨日も寒かったが、今日はとうとう午後から雪になり、4時過ぎには一面の雪景色になりました。
6時に夕刊を取り込むときには長靴が必要でした。
9庭の雪

5日の晴れ間に取ったクリスマスローズ
鉢が詰まってしまったのか成育が悪くてすんなり伸びません。
軒下に取り込んでいるので雨が当たりにくく雨続きで油断して水が足りない所為かもしれませんね。
地植えの場所を作って植えたいけど、お天気が悪くてはかどりません。
9クリスマスローズ


Posted at 23:56 | 季節 | COM(6) |
2010.03.05

ウエルカム !?

アメリカからの旅行者をお家に招いてみませんか?

金沢グッドウィルガイドネットワークに所属して共に活動している娘の知人にお声をかけて頂きました。
老人二人の単調な生活に張りが出て、生活の活性化になるかもしれないと参加する事にしました。

今日はその1回目で、数日前から庭や家の片付けお掃除をして備えたが、之だけでもマンネリ破壊に役立ったようです(笑)
詳しい事は分からないが「アメリカの退職者対象の日本ツアーで東京・箱根・金沢・京都14日のコースで、金沢では3泊して最後にホームビジットが組まれている」ようです。
我が家は初めてなのでミシガンからの夫婦二人連れでした。

5ホームビジット

9時にホテルからタクシーで来宅し、遅くても12時前にはホテルに帰り昼食後1時半の電車で京都へ発つというので慌しい。
我が家ではお雛様や帯のしつらいで、抹茶の用意をしていたが、彼女は陶芸をして居るそうで、悠がクスコやアルタミラの旅行先から持ち帰った石を使って作って貰ったお茶碗を興味深く見てくれた。
又仏壇は感銘深かったようです。

荷物作りがまだなのでと11時過ぎにはタクシーを呼んで欲しいと言い、庭も歩いて松や灯篭に興味深いようでした。

前日には五箇山へも行ったそうで、箱根では温泉に入りお布団で寝、着物も着たと言ってましたね。
昨年は同じツアー会社でクスコ・マチュピツ・ガラパゴス島へ行ったそうで、二年後には金婚式だそうです。
あっという間の2時間でしたが楽しんで貰えたでしょうか。

私もかってフンザやネパール・シルクロードで一般の家庭訪問があり、グループ全員参加でしたが単なる観光旅行よりも興味深い旅でした。
又之までもロータリークラブの交流学生を3ヶ月受け入れたり、ベルギーからのご夫婦も受け入れた事があり、夫々楽しい思い出です。

5香袋

事前に「500円程度のお土産を用意して交換してください」という事で、初めてで良く分からないので家に有った布でテーブルーセンターと匂い袋を作って上げたら、着物の布かと喜んでくれました。
アチラはミシガン製のメープルシロップとカントリーソングのCDでした。
アチラの地図や写真入のパンフレットを持参して熱心に説明していましたが、時間が短いのでもっと金沢のことを聞いて欲しかった(笑)
新聞によると延べ90回のツアーが来るようですが、市内に受け入れ家庭が沢山有るようです。
Posted at 23:27 | 出来事 | COM(12) |
2010.03.02

連獅子

連日熱い戦いを繰り広げて盛り上がったバンクーバーオリンピックも幕を下ろし早や3月に入った。
真央ちゃんはトリプルアクセル3回の成功と言う金字塔を打ちたて、次のオリンピックに向けて頑張るそうですが、彼女らしい優雅で華麗な氷上の舞を期待したい。
怪我やスランプを克服して輝いた高橋選手やまだ十代の真央ちゃんがしっかり前を見つめて爽やかでしたね。


某ブログで見かけてお願いしていた「古布細工の連獅子」が出来上がったので届けてくださいました。
老松の柄を使って格調高く、思っていたよりずっと大きくて存在感が有り素晴らしい出来栄えです!

2連獅子
一番下のは同じ作家さんが作られた「九難が去る」と名付けられたカワイイサルボボが九体、南天(難転)の枝でシーソー遊びをしてるんですよ。
サルボボの顔は風船カズラの実ですから大きさが分かるでしょう!
写真がボケボケですが、お世話くださって有難うございます。


続きを読む
Posted at 23:33 | 手造り | COM(6) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。