FC2ブログ
2009.12.06

池坊展で古典の花を見る

友人に誘われて妹さんの華展に行って来ました。
池坊の講師の先生方40名での、伝統の立花(りっか)と生花(しょうか)です。
その歴史は深く、立花は室町時代に始まり公卿や武士・僧侶の床の間を飾る為の様式で、生花は江戸時代後期から明治にかけて広まったそうです。
6花展

我が家でも姑が正月に銅のうすばたと呼ばれる花器に松竹梅を活けていましたが、一つ一つ型があるようでその名札がついていました。
写真無しですが水仙や万年青、椿の一輪というのも型どおりに活けられて素晴らしかった。
何時も花展に行くと花の素晴らしさはもとより、きちんと止まった根締めを注意して見るのですが、今日は妹さんの説明をお聞きして、伝統の技に感心しました。
又○百年も前にも床の間に飾られたであろう立花の形に昔を偲びました。

左のご夫人は彼女達が高校生の時のお花の先生で、御年100歳とお聞きして驚きました。
お一人でバスで来れれるそうで、まだ現役で指導もなさっておられるそうです。
素晴らしい方にもお会いできて、雨でお篭りしていたのですが目が覚めました。
送迎つきでお誘い頂いて感謝です。
スポンサーサイト



Posted at 23:18 | お出かけ | COM(2) |
2009.12.06

12月 あれこれ

外は冷たい雨で北陸特有の暗い日です。
家の中で溜った画像の整理を。
先月末の暖かい日に畑の手入れをしました。
イチゴにハコベがびっしり生えたので抜いてありあわせの黒いビニールでマルチ。後から貼るので工夫してバッチリの出来栄えです。
小さい葉物にも覆いをかけました。
今年の里芋は育ちが悪くて全然期待していなかったが、友人の助言が効いて揃った小芋が沢山着いていた。
昔母がしていたようにバケツに入れて板でゴロゴロ廻して洗う。
煮っころがしの他に二つ三つと鍋物・お粥・味噌汁・グラタンに入れて重宝してます。
蕪が大きくなりすぎて、千枚漬けに。沢庵用の大根の種を貰ってまいたら之も大きく伸びてビックリ
悠が糠漬けが嫌いなので干したり柚子大根にしたり。
2畑

色は悪いが干し柿が美味しく出来て 選手交替 我が家で唯一雨のが当たらぬ良い干し場なのです。
hosigaki.jpg

続きを読む
Posted at 11:57 | 季節 | COM(4) |