--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.10.29

揃って496歳

10月も終いというのに暖かくて良いお天気が続いています。
昨日遠方から悠の妹夫妻が見えたので、兄妹三夫婦で会食しました。
全部足して496歳平均82.6歳です!
体力の低下は否めませんが、気持ちは矍鑠として話も弾み楽しい一時でした。
「子供が還暦を迎えて・・・」と聞いたら時の流れに驚きますが、こうして全員揃って元気なことは何よりも嬉しくて幸せな事です。
一番若輩なので食事中にカメラを出せなかったけど、子持ち鮎や焼き蟹も出て、入って直ぐの椅子席で貸し切り状体のお席も良かった。
食後T町に移動後後の庭に行きました。
嫁いで来た頃、家の掃除をしてからこの庭の掃除をして、朝ご飯を頂いていた事も今は懐かしい思い出です。舅が存命中に来客の接待やお茶事をしていた家は無くなったが、縁側にかかっていた藤棚は昔のままで、舅が飼っていた鯉の池の面影もそのままでした。

今は入園料と1週間前に申し込みが必要だそうでチョット驚きましたが、その分手入れも行き届いていましたね。
29鶴来
唐津の陶土と良く似た土が取れると、西岡小十氏が設計されて作られた窯を十数年振りに見に行きました。
5室に分かれた登り窯で、小十氏亡き後ご子息やお弟子さんが使っておられるようですが、多趣味な義兄の楽しみでもあるようです。
さいたまの義兄も退官後陶芸をされ、月1に小論文を綴ってメールで送られてきますが、まだまだ元気なオトシヨリで、啓発されます。

スポンサーサイト
Posted at 23:14 | 日々好日 | COM(0) |
2009.10.27

再び信州へ その2  24日

生憎の曇り空です。
「今日は何処へ?」頭に地図が入って居ない悠はころころ行き先が変るが、「白樺湖と女神湖」へ行く事になりました。
山越えになるので9時に宿を出たが、安曇野らしい所へ行っていないので、観光地図を見ながら高速までの道すがら寄り道をする。
24安曇野
todoroki.jpg

家の前には広い駐車場やトイレも完備していて、お土産屋のおばさんが親切に対応してくださる。
外から窺っただけですが立派な家構えです。
廻りには山葵田もあり、この辺りには道祖神も幾つか有るそうですが、そう言えば私達は一度も写していませんね。
スケッチ道路やせせらぎの小路と名付けられた所へ回ってみたが車が入れないのでそのまま豊科インターから諏訪インターへ。
大門街道は紅葉真っ盛りですが曇り空が恨めしい。

24白樺湖

白樺湖畔は何回も通ったが俗っぽくて何時も素通りしていました。
蓼科山は見えていたが段々暗くなり女神湖に着いた頃には見えなくなりました。
悠は以前絵の仲間と来た事が有り、熱心に写真を撮り歩いた後で車で一周したので白樺湖の良さも分かってきた。
武田信玄が千曲川侵攻の際に休んだ岩場があり、この湖は昭和14年にできた人造湖だと知る。
辺りはもう晩秋の装いです。


続きを読む
Posted at 23:50 | 日々好日 | COM(8) |
2009.10.27

再び信州へ   10月23日

安曇野へ行きたいという悠の希望で快晴の信濃路へ。
糸魚川から白馬へ抜けたら冠雪した白馬三山が青空に映えて美しい。
23白馬
行きつ戻りつして良い場所を探す。
和田野方面は良く知っているが、今回迷い込んだ所は一寸ステキなプチホテルかペンションか?お泊りして散策したいような洒落た所でした。
安曇野アートラインに沿って所々好みの場所で写真を撮って、お昼は宿の近くの「あさかわ」でお蕎麦を頂くことに。
「わさび味噌」と「わさびの花添え」の薬味付にしたが、山盛りのお味噌は白いご飯で食べたくて頂いて帰りました(笑)
23安曇野2
後庭に蕎麦畑があり、刈りいれ後の畑にこぼれた双葉が沢山生えていました。
人気のお店らしく40分待ちで終わったのが2時半、てんこ盛りのお蕎麦は美味しかった。
少し走ってみたがスケッチに良い所も無く早々に宿に入る。
私は小さなギャラリーなど訪ねてみたかったが、歩くには距離がありすぎて無理でした。
23安曇野
此処は悠のお気に入りの宿で、二日前に予約したら一室だけ空いていたが、一階のお部屋をダイニングにリフォームされて全部で5室になったようです。
骨董好きのオーナー好みの和のしつらいに和みます。
いつもは荷物を置いて又出かけるのに、そのままゆったり過ごす。年には勝てないですね。


Posted at 01:45 | お出かけ |
2009.10.21

名残月

白山に初冠雪があり朝夕は冷え込んできました。
昨日はシルバーさんに庭掃除を頼んで、枯れた葉やうらぶれた花に増えすぎた吉祥草やホトギス類を整理したのでスッキリした。
お茶の世界では10月はやつれ風呂や名残の花を使い侘び寂を楽しみます。
盛りを過ぎた庭の花と、先日の花束を活けなおしたものです。
20名残花

20料理

市主催の高齢者の為の料理講座に参加した。
電卓片手に「私の体格指数・標準体重・エネルギーの必要量」を割り出す。
アジャー スゴイオーバーで肥満症 一日の必要量は1345キロカロリーですって(>_<)
サンマなら青魚で良いとおもっていたが一回の摂取量は三分の一尾だそうでビックリ。
この頃悠が小食になり、つられてこちらも控えめになったが、間食が多くてイケマセン。
年をとると栄養不足(失調)になる人が多いそうですが、そういう心配は全然無い。

調理は下拵えがしてあって至れり尽くせりでしたが、主菜は鯵の梅紫蘇焼きで片身だけに金時草を添える。
大豆と牛蒡のカレー煮、五目ワンタンスープ、金時草のミルクかんでした。
それでも野菜が多くてオナカが一杯になりました。
ミルクかんは、金時草を茹でてその絞り汁を入れただけで、きれいな薄紫になりました。
右下の写真は一日の野菜摂取量の見本で、全部蝋細工でご丁寧に真空パック入り(@_@。

加賀野菜の金時草は外で越冬し難いので、苗作りの為にコップに挿して居ます。



Posted at 23:12 | | COM(4) |
2009.10.18

おしんめさんのあぶり餅  16日

朝一番にウチボンコウ(報恩講)のお坊さんが見えたので家事がはかどり、前夜のニュースで流れた「あぶり餅」の写真を撮りに行きました。
金沢五社の一つ神明宮は犀川大橋の袂にあり、バスの中から何千回も見ているが訪れた事が無かったのです。
春と秋のお祭りに300年以上の歴史を持つ「あぶり餅神事」が行われていて、これを食べると身体の災難避けに。また、家守りとして玄関の高い壁際に挿しておくと悪事災難が入って来ないといわれる。
小さな四角いお餅を串にさして御幣に見立てているようです。

又境内には樹齢千年といわれる大欅があり、樹高33m、幹周7.83m、枝巾25mというだけあって狭い境内一杯に枝を広げていて圧倒されました。
16神明宮欅


肝心のあぶり餅ですが、ニュースで見たような「大火鉢であぶっている」所は無くて小さな社務所のような所でせっせと袋に入れていました。
求める人も凄くて長い行列が出来ていて之を見ただけで諦めてお参りだけして帰りました。
動機が動機ですし、どうも信心が足りないようです(ー_ー)!!
16神明宮

直ぐ近くに室生犀星が幼年期から青年期まで過ごした雨方院が有る筈と、之もまた初めて訪ねてみたら、何と橋詰めの交番の直ぐ横でした。
出生にまつわる不遇な少年時代を過ごした寺は、犀川の畔で今は境内も無い小さな寺でした。
「ふるさとは遠きにありて思ふもの・・・」は有名な詩ですが、彼の生い立ちを思うと余りにも哀しい。
直ぐ裏に流れる犀川は今は昔の面影も無く、コンクリートで固められた犀川大橋近辺です。

16雨方院

 近くに有るという町屋フレンチの店は直ぐ分かったが、ランチは土日祝日のみ。
近くの西茶屋街に廻ったが通りには人影も無く、きれいに整備された家並みはまるで映画のセットのようで、賑わっている東茶屋街に比べたら寂しい。
16西廓

「かわむら」で甘納豆を買いお向かいでお豆腐を買って帰った。

自転車で一回り2時間弱でしたが、地黄煎・六斗の広見から広小路へと、有名な忍者寺をはじめ大小の寺が多いのに驚きました。

Posted at 02:00 | 金沢散策 | COM(4) |
2009.10.16

庭の花

私の事忘れないで~~
15katoreya.jpg
長い事放置状態で息も絶え絶えに残った数株の中から、カトレヤの仲間が咲いたので、驚きました。
  お祝いに咲いてくれて有難う~ごめんなさいね。
カトレヤと言ってもおとなしい花ですが、一挙に明るくなりました。

そして秋の花

15ほとぎす他
久し振りにキャノンのマクロで。

Posted at 23:13 | | COM(6) |
2009.10.13

喜寿

11喜寿
一寸恥かしくて挙げるのをはばかりましたが・・・
子供達が喜寿のお祝いをしてくれました。
よわい77歳 人に恵まれ支えられ、お陰さまで元気で節目を迎えられまして感謝感謝でございます。
これからも好奇心とチャレンジ精神を忘れずに、スコーシいえタクサンの食べ物の誘惑に打ち勝って、なるべく人様にご迷惑をかけないように健やかに過ごしたいと願っています。
Posted at 23:16 | 日々好日 | COM(20) |
2009.10.10

お料理教室

今月は中華でした。
家の都合で遅れてしまい、何もしないで皆様がお食事中に参加しました。
相変わらず盛り沢山でサンラータンだけでオナカが一杯になりました。
10谷口
上にトマトが見えますがその下は四川風肉団子です。豚挽肉に豆腐蓮根のミジン切りが入って居ます。
豚肉と卵の煮物も豚肉が柔らかくて美味しかった。
ご馳走になるだけで申し訳ないですね。 感謝♪
Posted at 23:56 | 食品 | COM(4) |
2009.10.08

信州へ 2   

本州を直撃・縦断していった大型台風18号は各地に被害をもたらしたようです。
夕刊によると金沢も停電や倒木の被害があったようですが、我が家の周りはさしたる変化も無く無事に過ぎました。
夕べは遅くにバラの小鉢などを棚から下して備えたのですが・・・

去る4日に小布施のハイウエイオアシスで買った栗の渋皮煮等々に手を取られて続きが遅れてしまいました。
行く時に態々ATSで出て至近距離に車を置いて買うので、帰りでも良いのに(帰りは出なくても良い)と言ったのですが、リンゴに梨ブドウに桃と、お目当ての栗を4.5キロも買ったのです。
帰りにも又寄りましたが、月曜日では人も少ないせいで昨日の残り物しかなくて「それ見い」と悠はのたまう「はい」
8桃他
イチヂクは雷電くるみの里で。他に高原野菜が沢山出ていて丸茄子やレタスキャベツ等々ニコッ
昨日北海道から帰ったと仁木プルーンを頂いたがとてもジューシーで甘い。今日でなくて良かったですね。


さて信州その2
当初の目的は昨年行ってお気に入りだった東御市の丘陵地帯でしたが、曇り空のせいで「別に行かなくてもよい」と言うので、菅平越えの道を行く事にしました。
何故か以前行ったヴィラデステの事を覚えていて寄ると言う。
この道沿いにはびおれさんの「すみれ屋」さんがあるのですが、アッシードンの気の向くままで素通りでゴメンナサイ~お目にかかれずとても残念でした。
ヴィラデステでも「お茶でも飲んでゆっくりして」「そうするか」と言いつつも外の椅子にかけて待っているのでおちおち買い物も出来ず、花もねんごろに見られず・・・

一緒に「コーヒーでも」と誘ってもお蕎麦を食べると言うので、田中駅にカーナビを合わせて「瀧の坊」へ辿りついたがお休みです(>_<)
他に頭に浮かぶのは昨年連れて行ってもらった「職人館」で、お忙しいOさんに電話して聞きましたが、佐久近くまで戻るそうで之は却下。
胡桃菓子の「花岡」に寄り、又色々買って(前日つるや店でも沢山買ったのに)美味しいお店を聞いてみたが今一で、そのまま東部湯の丸インターから高速へ。
5ビラデステ
結局妙高高原PAで簡単お昼を食べ、無事に4時過ぎ、明るいうちに家に帰りました。
何しろ運転を代わる事も出来ず、高齢ドライバーのゴキゲン次第ですが、こうして元気で出られるだけでも感謝感謝でございますぅ
Posted at 23:00 | 日々好日 | COM(10) |
2009.10.05

信州へ

日曜日の朝
爽やかに晴れ上がった空を見て急に「信州へ行こう」とのたまう。
好きな所へ出かけるのは嬉しいが余りにも急で・・・
大慌てて用意して9時半に家を出る。
高速道路1000円の所為かお天気の所為か北陸道も結構混んでいたが渋滞するようなことも無く、悠の大好きな小布施サービスエリアで色々買って先ずは通り道のメルシャン美術館に行く。
4軽井沢メルシャン
蔦の紅葉には少し早いようですがこじんまりとお気に入りの所です。
展観は「ヨーロッパ美術史の変遷」だったので入場。
ショップで大好きな橋本不二子さんのカレンダーや便箋と新しく作られたエプロンを購入。
青いリンゴの柄は昨年の手提げと同じ物です。

その後曲がり角を間違えた為チョットもたついたがレークガーデンへ。
4軽井沢レークガーデン

4時になって日が翳り気味だったが悠はスケッチしたい所へ、私はバラのコーナーへ。本当はゆっくり一週したかったが時間が気になりさわりの部分だけで残念でした。
八重咲きのシュウメイギクガたわわに咲き乱れて美しかった。

Posted at 23:49 | お出かけ |
2009.10.03

中秋の名月

3名月


今日は爽やかに晴れました。
今夜は「中秋の名月」と思いながら庭の草取り、午後はお団子ではなく栗とイチヂクを半分こづつ入れたタルトを焼き、男女のゴルフを交互に見ていました。
どちらも若い選手が台頭し、集中して頑張っている姿が美しい。

夕方慌ててお買い物に出たらもうお月様が出ているではないですか~
それからカメラを持って自転車で右往左往して撮りました。
今年は200ミリの望遠なので、うっすらウサギさんが見えました~

なんとも余裕が無くて叙情に欠ける姥でして・・・ポリポリ
Posted at 23:52 | 季節 | COM(4) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。