--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.06.30

梅雨空

真夏のようなお天気続きでしたが、梅雨空が戻ってきました。
庭は雨の前に除草剤を撒いたので草丈はストップ、間延びした葉や長い事楽しませた貰った花達もカットしたのでスッキリし、夕方の晴れ間にバラの消毒も済ませので、安心して骨休めが出来ます。
30ゆうすげ
雨の中でユウスゲが開き、昨年植えたル・レープが大きな花を6輪もつけて一寸?
昨年信州で買ってきた白花シキンカラマツは枯れそうだったのに大きく伸びてキレイです。
ラズベリーは終わったがブラックベリーや、ブルーベリーが出番を待っています。
どれだけ水遣りに気を遣っても天然の雨の恵みには叶いませんね。

畑の作物も総て順調で,雨を待ってオクラを植え、瑞々しい茄子とズッキーニ・色付き始めたミにトマトも3個収穫しました。
「長雨ではなく程々に降ってね」とは・・・人間の勝手なお願いですが(笑)
30あゆ
昨日悠が我慢できずに手取川へ行って鮎を釣ってきました。
この間から「良く釣れる」という声が聞こえていたので、落ち着かなかったようです。
大きいのは15センチで後は小さいが全部で10匹、昔とった杵柄は幾つになっても忘れられず嬉しそうです。
今夜は鮎を焼いて取り合わせは変ですが、総て自家まかないの夏野菜でラタトーユ、春菊とお豆腐の白和えにさわらの昆布〆でした。
夕べはズッキーニの簡単チーズ焼きで二回に分けて使い切りました。甘くて美味しい~

今日で6月も終わり、早や半年過ぎました。
昨年のようにゲリラ豪雨など降りませんように。

スポンサーサイト
Posted at 23:31 | 季節 | COM(8) |
2009.06.28

まいどさんと歩く

市の広報の「まいどさんと歩く <一向一揆伝説と小立野寺院群>」が目に留まり、興味が沸いて身体の鍛錬も兼ねて申し込みました。
「まいどさん」とは、金沢の街の観光ボランティアガイドでこの日は10名位の人がお世話下さり、総勢40名が5班に分かれて説名を聞きながら歩きました。
小立野台は兼六園から東に伸びた尾根状の台地で坂が多い。
前田利家が織田信長の命で一向一揆衆を滅ぼし平定する以前は各所に砦が有ったそうで、地の利を見るとなるほどと頷けた。
又天徳院を始め如来寺や宝円寺は前田家ゆかりの寺で藩政時代は広大な寺領を持って前田家の庇護も受けていたが、明治以降金沢大学や刑務所・後に美大や七連隊などに土地を収用され、その上現在は大きな道路が出来て昔の面影は無いが、境内は広くて夫々の歴史は興味深い。
26小立つ野
開通したトンネルや広い道路から急な天神坂を下った所に菅原道真を祀った椿原神社がある。
新しい道が出来るまでは小立野台から下る唯一の坂で鬱蒼とした暗くて細い坂です。
社殿で一向宗の話を聞いたが、ここは砦跡で金沢城も望め、重要な拠点だったらしい。
崖下の天神町は昔のままの狭い通りで、崖の上には「5人扶持で有名な松」が見える(吉田茂宰相時代に国務大臣を務めた林家亀次郎邸跡で此処でも毎年茶会が催された)
今度は馬坂を上り宝円寺へ。
馬坂は初めて通ったが、途中に延命地蔵が祀ってありニュースで見たことのある一つ灸が7月1日に有るらしい。
登った所は見覚えのある宝円寺近くで、此処には俵屋宗達の墓所があり毎年茶会が催され、以前は良く通った所です。
が裏の墓地へ行ったのは初めてで、かって前田家の墓地だった名残のお墓が残っている。
明治に入ってから前田家は神統に変り、総ての要人の墓所は野田山に移され鳥居を立てて祀ってある。が、此処にも鳥居が幾つか見られた。
俵屋宗達の墓を見て外に出ると谷を隔てた彼方にお城が見える。
興味深かったのは、関白秀吉没後伏見邸で家康と対面した利家が、自像を描き髪を切り和尚に埋めさせたと言う御影堂と御髪堂がありました。
奇しくも今夜の天地人での景勝の遺言と同じで、昔の武人の気概を感じます。
其処から木曾坂と呼ばれる坂を下り(深い谷で木曾はこの様なところかと付けられたらしい)点々と小さなお寺が並んでいた。
26坂
寺の詳しい説明は聞けなかったが小さいながら夫々趣があり、浄土真宗に見られるよなどでかい構えではない。
八坂(ハッサカ)の下で解散。2時間15分の散策でした。
きれいに整備された八坂を上れば左側がかって陸軍病院だった国立病院で、登りきったところが兼六園です。
直ぐタクシーが通ったので一目散に家に帰りました。
春頃から足の調子が悪いのに参加したので、坂の上り下りが堪えて、大変疲れました。
まいどさんに「良く最後まで歩けたね」と言われたが、さぞかし見苦しい姿だったのでしょう。
ただ暑い日だったが湿度が少なくて日影に入ると涼しい風で気持ちが良かった。

長年金沢に住んでいるが初めての所が沢山あり、頂いた地図を頼りにフラットバスも有るようなのでぼちぼち歩いてみたいです。

Posted at 23:11 | お出かけ | COM(8) |
2009.06.25

雨後の畑 6月24日

太陽がキラキラ!湿度も少なくて梅雨明けを思わせるお天気です。
昨日は大雨で畑へ行けなかったが、作物は元気を盛り返して一気に大きくなったようです。
24今朝の畑
レタス・春菊・葱をとり、インゲンと茄子1コは初収穫です。
夕飯は鰈と一緒に空揚げにしました。
甘くて美味しかったですよ~~

先日取り寄せた【糖度アップ】玄米アミノ酸をもう一度散布しなければ・・・

24ohagi.jpg
帰宅したら悠が出かけていて、出先から昼ご飯が要らないと電話が有り、この間から食べたいと思っていたヨモギ入りおはぎを作った。
之で又○○増加だが美味しかった~~白いのは有り合わせの朧昆布です。

Posted at 00:51 | 菜園 | COM(8) |
2009.06.23

ひぐらしが啼いて・・・

昨日は一日中雨で、梅雨に入ってから初めて纏まった雨でした。
夕方からは大雨警報が出るくらい強くなりましたが、今日は朝から晴れマーク。
しかし午後になって漸く晴れて爽やかな空が広がりました。

6時頃カナカナカナ~と大きな鳴き声が響いて驚きました。
それから小1時間涼やかな鳴き声を楽しみましたが、なんだか秋が訪れたような気がして変な気分です。
蛍の話題が出たところでまだニイニイ蝉も鳴かないのにとしらべてみました。
矢張り俳句では晩夏の季語ですが、梅雨の頃からニイニイ蝉と共に夕暮れ時に鳴くと書いてありました。

先日山田牧場へ行った時には春蝉が盛んに鳴いていて、車のどこかが変なのかと停めて見たくらいでした(笑)
花も小さな虫達も気温や日照時間に敏感に反応するのですね。

tane.jpg
昨年信州へ行った時びおれさんに頂いた小さなカスミソウのような花がコボレタネから一株が30センチ四方位に広がって咲きました。
とてもカワイイ花です。後で名前が分かりました「かすみの姫」
そしてオールドスイートピーのマツカナやラシラスも早やタネになり自然の力はスゴイですね。

梅の季節になりましたが・・・
今年は少しだけ、赤ワインにつけたものと梅ジュースを仕込みました。

続きを読む
Posted at 23:43 | 季節 | COM(2) |
2009.06.21

蒸しアツーイ1日

明け方に降ったのでしょうか。地面がしっとり濡れていた。
朝の日課は西瓜と南瓜の受粉です。
透かして見ると南瓜は5.6個、西瓜は二つ目が止まったようです。
ズッキーニはバイラスに冒されたようで今年も見込みが無さそうで残念。
10時頃から陽が差し出した。
21ジュリア
その後気温が上がり、外は蒸し蒸し、一寸動くと汗が吹き出る。
気温が上がったり下がったりで中々片付かない衣類ですが晴れ間に向かって一気にお洗濯です。
21アカシア
昨年切り詰めたアカシアが又沢山咲いたが、上に伸びたのであまり邪魔にならないで良かった。

暑さに備えて夏の準備。

続きを読む
Posted at 23:44 | 季節 | COM(8) |
2009.06.18

白い花達

降りそうで降らない空梅雨状態でしたが、今朝はしっとり・・・霧吹き程度の雨になりました。
18白い花

先日夏椿の伸びた枝をカットしたので少し花が見えるようになりました。
と言っても上の方なので最大望遠でカシャ。
1日だけの可憐な花です。
えんじぇるさんから頂いたニューフェースのコマチユリは思っていたより随分小さな花で驚きました。
一体どういう花?かと検索しましたらこちらに詳しく出ていました。
ニュージーランド原産の高山植物でしょうか。
1せんちに満たない花で私のカメラではきれいに撮れず、此処に入れてしまいました。

アルゲモネ・グランディフローラ
18アルゲモネ

昨年手探りで作ったら哀れな株が二つしか育たなかったが、今年は纏まって芽が伸びだし一度に4輪咲きました。
肥培しなかったのでほっそり清楚ですが、花は大きくて見応えがありキレイです。
鋭い棘も余り気になりませんね。
北米ロッキー山脈で咲いているようです。

Posted at 22:59 | | COM(13) |
2009.06.16

信州の旅 2 安曇野  

今回の二つ目の目的地は安曇野の大王わさび農場です。
誰かに「水車が有って絵になる所よ」と勧められたらしく、之まで何回も安曇野に来ながら、一度も訪ねていなかったのです。
8わさび園

一番近いところに車を置いて行きましたが、どうも水車の見える角度が気にいらず、川向こうに行きたいとのたまう。
トラックが行き来して、今道路工事をしているようですがとても無理で、わさびソフトを買って直ぐ乗車し、橋の方へ行って見たが、矢張り行ける状態ではなく、納得して諦め宿の方へ向かう。
丁度麦秋で麦の黄金色と稲の早緑が美しい。
8安曇野

今夜の宿はいつもの「にしや別荘」です。


続きを読む
Posted at 23:27 | お出かけ | COM(10) |
2009.06.16

信州の旅  6月7日~9日

もう1週間も過ぎましたが覚え書きとして。
休日は遠出しないと決めていたシルバー世代ですが、お天気と高速割引も使ってみたくて日曜日に出かけました。
北陸はどんより曇り空で、立山も妙高も見えなかったが、更埴ジャンクションを過ぎてから晴れてきて小諸辺りでは爽やかな高原の風でした。
1時に軽井沢着。
丁度来ていた娘と合流してお蕎麦を食べてから、軽井沢レークガデンへ。
バラはまだ蕾で早咲きのクレマチスとフウロソウの仲間が色々咲いているだけです。
日曜日なのに入場者もいなくてアジア系の受付嬢も?・状態でした。
レークガーデン
隣接してプチホテルが開業し、テラスでお茶を頂いて休憩したが、総てスイートでアンティーク調の家具で整えれた素敵なしつらいだそうです。
バラの季節には満室だそうですが、池と花を巡る朝の散歩は良いでしょうね。
2_20090617015034.jpg
つるやでルバーブや「花岡のクッキー」などを買い、夕飯は気楽な創作料理の「無限」で頂いたが、リーズナブルで美味しい。


8日 晴れ
今回の目的地 高山村の山田牧場へ。
事前に観光協会へ電話して宿と道路の状況を問い合わせたりしたが、、行ってみたらここで泊まらなくて良かった。
悠は何で見たのか「白樺と放牧の牛」に惹かれて、昨年から行きたいと言って居たのですが、何しろ高齢ドライバーなので1日の運転時間が長くならないよう心配でした。
須坂インターから50分という事でしたが、山田温泉を過ぎてから段々山道になり、大きなヘヤピンカーブを登って標高1600mの山田牧場です。
そこを通り越し、傘岳のほうへ行く道を又登ってみる。
DSC_0031 パノラマ写真1

見晴らしの良い所でUターンしたが眼下に見えるのが牧場です。
続きを読む
Posted at 23:10 | お出かけ |
2009.06.12

入梅

天気予報の晴れ間を利用して7・8・9日と信州へ出かけていました。
それは後で書くことにして・・・
帰宅しましたら雨模様になり北陸も梅雨に入りました。
10紫陽花
柏葉紫陽花を地植えにしたら大きな花が咲きました。大きくならないようにカットしているのですが。
右上はKさんに頂いた冬あじさいですが、今頃咲いて顎片が薄い虹色に染まってきれいです。

ささゆりとルージュ・ピエール・ド・ロンサール
留守中に開きそう?と気にしながら出かけました。
案の定ささゆりはフタマタイチゲの中で咲いていました。
ルージュ・ピエールはブラン同様ピエール・ド・ロンサールに好く似てゆっくり開いてくるようで、今日になっても全開していません。
ルージュと名付けられたのが頷ける紅色です。(初花ですから分かりませんが)
12ささゆり
テラコッタは買った当初非常に元気だったのに、昨年は調子が悪く暮に大幅にカットして植えなおしました。
しかし元の元気は戻らず横から伸びた枝に一輪咲いていました。
アマリリスは5球に増えたが一寸弱っています。
ミニアンジェラは5センチ位の挿し木でしたが3年目でふさふさに咲きました、カワイイ花ですね~

そして気になっていた畑は・・・トマトも茄子もぐんぐん肥りどれも元気でした~

続きを読む
Posted at 23:50 | 季節 | COM(10) |
2009.06.07

信州に来ています

お知らせするほどでもないのですがバラの館へコメント下さったのにレスができすごめんなさい
今日はレークガーデンに行きましたがバラはまだ蕾でした
爽やかな初夏の風で気持が良かったです
Posted at 23:07 | お出かけ | COM(2) |
2009.06.05

バラの館 6月4日

昨日の朝娘から電話が有り「鶴来に素敵なバラのお家が有り、見せて下さるそうよ」
「??鶴来にそんな所があるかしら?」兎に角運良く木曜フリーデーなので出かけることにしました。
昨年からバラのお庭作りにいそしんでおられるよーぜんさんをお誘いしたら、「花は待っていないから」と予定を変更してご一緒することになりました。
聞いてきた「草庵」を曲がったら、直ぐの所にバラに囲まれた素敵なお家がありました~~
「ご自由にご覧下さい」の立て札にご主人らしき方が「どうぞどうぞ」といざなってくださいました。
お家の中から賑やかな笑い声も漏れて・・・勿論辺りはバラ バラ バラ・・・
それにカワイイ実が鈴生りのジューンベリーの木が三本、しなやかに枝を広げて目を惹きます。
4ばらの館
その内に奥様が出ていらして裏庭まで案内してくださいました。
通路の上は3本の蔓バラが生茂り「帰りに外側から見てください」との事(直ぐ上の写真)
お隣の敷地が一段高くなっていて(山なので)具合の良いことに東側で空き地なのです。

裏庭には小さな小屋?やベンチが配してあり我が家で4本咲いて喜んでいたザ・ジェネラス・ガーデナーがたわわに咲いているんですよ~
竹林を背景にしてここにも色んなバラが咲いていました。
4裏庭
煉瓦の壁面に絡ませたバラもピッタリマッチして兎に角溜息の出る景色ばかりです。

「どうぞどうぞ」と勧められるままに入ったお家の中も又素晴らしい!!
始めは土足のままで入れる土間になっており、手洗い鉢がステキで、集会場のように広いのです。
以前訪れたイギリスのガーデナーのお家にもこんな場所がありましたね。
又勧められるままに上がったお部屋にはアチラ製の家具が並び、TAITUの食器がありましたが商品ディスプレイのようでした?

奥様手造りのチーズケキにお庭のバラで作られた自家製ジャムが添えられて、ご主人が淹れて下さったコーヒーと・・とても美味しくて優雅なティータイムでした。
奥様も明るく気さくな方で、色々話してくださいましたが、ご主人も何故かこの家に合わない感じの作務衣姿が似合って「私は使用人です」と言いながらウイットに富んだお話をなさいます。

元々は東京の方だそうですが此処に家を建てて5年、バラ作りは4年目になるそうですが、兎に角見事で「どこか外国にいるような気配」でした。
4室内
上左2枚が土間の部屋  下中はピンポンの木と言われ房状の花柄がついていた

「喫茶店でしょうか?」「普段は誰も来なくてバラの季節だけ」との事でした。
勿体無い~こんな素敵な夢空間で色んなお話を楽しみたいですね~

4ジューンベリー

残念ながら若い2人は午後の予定が有り、おいとまして前庭と横の空き地から拝見して帰りました~
本当に思いがけない出会いでしたが、素晴らしいバラの館での夢のようなような一時を持つことが出来て有難うございました。

        


Posted at 22:36 | バラ | COM(18) |
2009.06.02

お料理教室 水無月 

早やくも緑滴る6月になりました。
今日は晴れ上がり小松では30度を記録したようですが、家の中では寒くて靴下を離せませんが之も年のせいでしょうか。
先月は上京した為に休んだので久し振りのお料理でした。
洋風献立で「グリーンピースのピューレスープ」に「コーンブレッド」
「マグロのタルタル」「ロースとポーク」「スキャロップポテト」で刻みものが多かった。
デザートは40年前のJUNKOさんレシピで皆が記憶に無い・・・でも美味しかった~
CHOCOLATE SUNDAE PUDDING
3谷口料理

Masakomamaは古流を嗜まれて数十年 
前日に差し上げたお花を素適に活けてくださいました。(上と左下芍薬)
ささゆりとバラはご自宅の花で。
我が家と違ってお花を活けるコーナーが沢山有って花瓶も素敵で、とても映えるのです。

Posted at 23:50 | 食品 | COM(13) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。