--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.04.30

山遊び

快晴!! 友人を誘って山菜取りに行きました。
初めは一番ポピュラーな医王山へ行きましたが、中腹でぜんまいが伸びだした所なので、奥医王はまだ早いかもと、場所を変える事にしました。
白山麓一里野スキー場ですが、その前にお蕎麦でもと思って行きつ戻りつしたが、心当たりは全部お休みで、しかたなく簡保の宿に落ち着きました。
おまけに道の駅も、帰りに寄ったお豆腐屋さんまで休みで、ゴールデンウイークに備えてなのか?木曜定休なのか?木曜日は×の日と覚えておこう。
本当に車なればこそですね。
30山菜
山菜取りは帰ってからも忙しい。
友人が作らないからと分けてくださったので、ぜんまいは丁度1キロあり、綿を取ってさっと湯を通し広げる。
明日も好天気のようだからせっせと揉んで仕上げたい。
ヨモギは少しでパン2回分茹でて保存。
野蕗はまだまだ小さくて、葉と共にしらすとゴマを入れて炒め煮にしたら美味しい。
今夜は定番山菜の天麩羅ですが、先日Kさんが蕗の葉にフキノトウ味噌をはさんで居られたのをマネッコしました。
とても美味しかったです。たらの芽とウドは頂き物で筍の初物も頂きました。

続きを読む
スポンサーサイト
Posted at 23:45 | 季節 | COM(4) |
2009.04.29

鶴来町樹木公園

爽やかな五月晴れになりました。
ネット友に誘っていただいて白山自然塾の撮影会に参加しました。
樹木公園に行ったのは随分前ですが、木も大きくなり新緑が美しい。
総勢96名で6班3グループに分かれて三つのスポットに移動して撮影しました。
1本だけ植えられたズミの花のピンクの蕾がかわいい。
29ズミの花
まだ八重桜も咲いていました。
もう終わりですが、ここには色んな桜が植えて有り長い事楽しめそうです。
29樹木公園
午後は松任に移動して昼食後、写真展の写真を中川先生の解説をお聞きしながら鑑賞しました。
素晴らしい写真を見て感動すると共に単なる記録写真しか撮れない未熟さを痛感しました。
お誘いくださったHさまTさま 有難うございました。

Posted at 23:56 | お出かけ | COM(0) |
2009.04.27

バラ苗

今日は青空が広がりピリッと寒くて作業日和でした。
昨日の雨嵐で倒れた蔓バラの置き場所に困り、思い立って塀周りの大改造をしました。
このバラは娘の友人から頂いた切り花を挿したものですが、どんどん蔓が伸びるので、蔓バラ?と思って延ばしていたのです。
何かの木に絡めようかと思うが狭い庭で歩くと引っかかり困っていました。

10年以上置いていたブラックベリーを北側に移し、深めのプランターにクレマとよせて植えなおし
支柱が倒れないように塀に固定しました。
もう一つも同じ方からのピンクです。
冬中ほおって置いたので茎も細くつぼみも少ないようですがここで咲いたら嬉しいですね。

午後は娘とホームセンターへ畑の資材を買いに行きましたら、今迄より花苗が充実していて、、白花マクロベタラ・ルージュピエールドロンサールまで有り、即ゲット。昨年チェルシーで買ったブランピエールも有っていささか驚きました。
他にアスパラ・スイートコーン・ロベリアに蔓バラのアンジェラも。

27塀周り


エンゴサク
ドラマ「風のガーデン」で真三先生がつけた花言葉は「妖精たちの秘密の舞踏会」でした。
死期の近い主人公が、娘が好きだと言う「えんごさく」の球根を植える姿にじーんときましたが、春には地表を青く染めて花の舞踏会でしょうね。

この花を買ったのは四月ですからドラマと関係ないのですが多分「ヒマラヤ」の言葉に惹かれて買ったのでしょう。
少し咲いた後で無くなり「矢張り夏越しは無理だった」と思ったのに、秋が過ぎてから芽生えだしこのような大株になりました。
横に有るのは一緒に買ったハナシノブです。
メも代わりに貼り紙を写しておいて良かったわ ちなみに580円でした。

続きを読む
Posted at 23:33 | | COM(6) |
2009.04.26

庭の花

昨日も今日も雨と風が強くて、おまけに気温も下がり嫌なお天気です。
植木鉢がひっくり返ったりで雨の中でも何回も庭へ出ていました。
花も次々と開いて収拾がつかなくなり、忘れないうちにとまとめてみました。
26庭の花

Posted at 23:45 | | COM(10) |
2009.04.25

お料理教室  卯月

今月のお料理は繰り上げて大分前でしたが、季節に追われて遅くなってしまいMさんゴメンナサイね。
今月もまた盛り沢山な中華でした。
圧巻は大きな鯛を丸ごと蒸し上げ、お皿に載せて頂く直前に熱した油を廻しかけるのです。
その鯛が余りにも大きくて蒸篭に入らず半分に切って蒸しました。
海老の衣もベーキングパウダーとラードが入りたっぷり漬けてフリッターのようにしますがサクッと軽いのです。
お粥は鶏がらスープでじっくり炊き上げ、器に白身魚のお刺身を敷いて盛り付け生姜と葱のミジン切り胡椒を散らします。
谷口
凄いでしょ!!美味しかったです~~続きを読む
2009.04.22

大好きな花達 トップスリー

お花は何でも大好きですが、中でも一番気になる花達が一緒に咲き揃いました。
この三種は優劣つけ難いですが貴重な事で先ず
シラネアオイを。
21しらねあおい
茎が2本の実生苗を頂いて今年で5年目でしょうか。
大分根詰まりしたので、本当は分けたい所ですが怖くてそっと一回り大きな鉢に入れました。
ソラマメのような芽が見え出して、まだちんちくりんなのに花を抱いて出てくるので直ぐ開き始めます。
その内に虫にかじられて全体に萎縮したままです。
常々高山植物(亜高山帯)の女王だと思っていますが、今年は伸びやかに開かず少々残念ですね。
矢張り株分けしないと駄目かしら?
本には10月と出ていますが、昔作った時には春と聞かされていたので・・・
何方か教えてくださいませ。
追記 
昨年白馬で貰ってきた種を蒔きましたが、今双葉が出始めました。
順調に育てば3年で咲いてくれるでしょうか?この実生は初めての体験で、楽しみですね。

ヤマシャクヤク
21やましゃく
昨年秋に大幅に植え替えました。
その為か花は小さめですね。
発泡スチロールの箱がとてもよくて何回か植え替えながら、もう30年は持っています。
これは個体が良くて花も大きく、何回か実生苗からも育てています。
今回は一寸きれいなプランターにゆったり植えたので三つしか咲かなかったが、他に2箇所地植えにしてみました。
地植えは初めは大きな花が咲きますが、何故か2.3年経つと弱るので要注意です。
ピンクのほうは芽出しが遅くて今頃この状態です。

クレマチス マクロベタラ
21マクロベタラ
日本では北海道のトムラウシ登山や鳳凰三山の下りで見ましたが、カナダのバンフや北イタリアはドロミテのミズリーナ湖を一周した時に木に絡まって沢山沢山咲いていました。
私にとって幻のクレマチスでしたが、今は沢山出回るようになり、買ったのは5年位前でしょうか。
親株は既に無くなり挿し木の子苗から今年も咲いてくれました。

毎日朝夕日が差せばカメラを向けて、誰かが見ていたら可笑しい位です。
撮る度に色が違って変ですが、今年の記念です。

Posted at 00:43 | | COM(19) |
2009.04.20

今日の散歩は

悠の朝の日課 お絵描きとパソコンタイムが早めに済んだので、11時半頃から山の方へ行きました。
山は木の芽が萌え出し今日の天候と相俟ってぼ~っとかすんでいます。
いつものお蕎麦やさんで鴨かけと蕎麦掻きご膳を頂き、近くの村の中にスケッチに良い場所が無いかと一回りする。
この頃はどのような山の中でも古い家が無くなりましたが、冬の雪囲いもまだ取らない家がある。
この頃は雪が少ないので頑丈な囲いをする家も少なくなったのでしょうが。
20鳥越村
「手取川」は白山から流れ出し、日本海に注ぐ石川県で一番大きな川ですが、唯一この辺りで峡谷らしき姿を残して、「不老峡」と呼ばれています。
私には高校時代に遊びに来た事や子供達が小さかった頃ここまで急な道を降りてバーベキュウをしたことなど、思い出の場所です。
この頃夏には川下りなど催しているようですが全く来た事が無かったのです。
今回立ち寄って貰ったら展望台が出来ていて「綿が滝」と谷が見えるようになっていて驚きました。

その後近くの持ち山にも寄り、少し入って見たが荒れていて、昔蕨やぜんまいを取った斜面が見える所で引き返した。
此処にはニリンソウがびっしり生えていたしその奥にはイチリンソウも有ったのに、一人なので勇気も無く見ることが出来なかった。



Posted at 23:52 | お出かけ | COM(5) |
2009.04.20

畑日和

昨日も今日も上天気で新葉があっという間に広がりました。
何処へも出かけず畑と庭周りで終わりました。
19ハナミズキ
3月の終わりに空いた所に耕運機をかけて貰い、後は畝割をして植えるだけですが、花の咲いた菜っ葉類や草取りをして整地。
植えたままのチューリップや水仙が賑やかに咲き、タイツリソウが2年目で沢山咲いたが色が赤くて嫌ですね。
19畑
ジャガイモは植えないのですが、種苗店にいろんな種類が出ていて、「シンシアフランス産甘くて美味しい」などと書いてあるとついその気になって2個づつ買って有りました。
延び延びになって今日やっと植えました。
どのような葉が出て花が咲くか楽しみです。
これも買ってあったダリアの芽が動き出したので植えたが、まだまだこれからゴールデンウイークにかけて、農繁期が続きます。
「軽くて良いよ」と勧められ、ステンレス製の鍬を買いました。
一寸幅が細いので畝立には使いにくいが、色んな機能があり、横にして通路や畝間の草削りには優れものです。
続きを読む
Posted at 00:00 | 菜園 | COM(8) |
2009.04.18

リベンジ  4月13日

13日の午前中に再び歴史資料館の枝垂れ桜に会いに行きました。
13中庭
お天気が良いので4日の違いは大きく、丁度見頃で人も少なくとても綺麗でした。
先生に教えられたように左右対称で1枚。只今瞑想中の扉を1枚。
13本だの森
本多の森公園の大きな欅たちも芽吹きの新緑が広がっていました。
保育園児が花吹雪を散らしていましたがシャッターチャンスを逃がして残念。
此処には加賀藩筆頭家老本多家(5万石)の「藩老本多蔵品館」が有り、初代本多政重が直江兼続の婿養子として縁組された関係から、只今「天地人」直江兼続ゆかりの品も展示しているようです。
今日は時間が無くて入らずに兼六園へ。


続きを読む
Posted at 16:43 | お出かけ | COM(6) |
2009.04.17

ニューカメラで 4月9日

恥ずかしながら遅れ遅れて・・・桜も葉桜になりましたが(ー_ー)!!


 カメラ教室 4月9日のこと
その二日前に手にしたニコンD90でいざ出陣(大袈裟な)
バスの都合で集合時間の1時間前に到着し、木陰のベンチに座ってやおら説明書を見れども???
「ま、ぶっつけ本番でやるしかない」
周りにはOLさん達が楽しそうにお弁当を食べています。
シダレサクラはまだ早く山桜がきれいです。
nennkinnmae.jpg
此処は本多の森台地で年金会館前の駐車場の道も桜のトンネルです。
以前一度だけ通ったことのある下の本多町への坂のあるほうへ進むと素敵な景色に出会いました。
91.jpg
は~山のような景色ですね。

集合時間になり歴史博物館のほうへ。
此処は元九師団の建物でその後美大になり今は?中に入ったことが無いのですが、裏から中庭に廻るとシダレサクラが1本植えてあるが、まだ開花には早いようです。
撮り方のヒントを頂いて銘々がカシャ・・難しい・・・
9sidare.jpg
もう一つの中庭にもシダレサクラが有ったが少し枝折れで姿がよくない。
回り込んで表へ出て県立美術館裏へ。
tubaki.jpg
左下は秋にリニューアルした時にオープンした辻口パテシェのカフェですね。


美術館の裏を通ってそのまま進むと別館の方に出ますが、椎の大木が鬱蒼と生茂り素晴らしい所でした。
昔野鳥園があった頃来たことがありましたが、この裏を通ったのは初めてで驚きました。
9巨樹群
美術館サイトに詳しい説明がありましたのでお借りします。

石川県立美術館 別館 のあらまし石川県立美術館別館は「本多の森公園」広坂園地の中にあり、樹齢数百年を数えるシイ、マツなどの樹木が生い茂っています。
この地は江戸時代には加賀藩家老・本多氏の上屋敷(常時住まいする家)があったところですが、明治に入って旧陸軍の用地となりました。建物は、大正11年に、陸軍第9師団の師団長官舎として建てられたものです。戦後は米軍将校の官舎、金沢家庭裁判所、石川県児童会館、野鳥園、休憩館などに使用されてきましたが、玄関まわりなどは建築当時の面影を残しています。
平成20年の美術館大規模改修に際し、和室、水場などの改修と展示用器具を導入し、石川県立美術館別館としてオープンいたしました。
館内には展示室や90名収容の講義室として利用できるホールや、ミニギャラリーとしても使える会議室、美術館情報や図書をご覧になれる談話室、茶会、句会などが行える和室が設けられています。

続きを読む
Posted at 00:48 | お出かけ | COM(2) |
2009.04.14

近場の桜  4月12日

1日に1回、車で出かけるのが悠の散歩です。
スーパーでカートを押して歩くのが唯一の歩きですが、毎日スーパーへ行っても買うものも無くこの日は近くの川まで行きました。
12伏見川
大昔私が幼稚園の頃金沢に居た時この川の下流でお花見をした覚えが有ります。
記憶も曖昧ですが舟に乗り両側に家もあったような???

その後この上流地域は住宅地となり、時々氾濫して水害が起きた事もあり、今はキレイに整備されて桜が植えられたようです。
ソメイヨシノは成長が早いそうで枝ぶりも見事に咲き競っていました。
残念ながらコンクリートで固められた堰堤は風情が無いですが、歩行者と自転車の為の遊歩道が作られていて、散歩には快適ですね。
車を止める所が限られているのでチョコッと写して散歩は終わりました(笑)
矢張り自前のチャリンコで来ないと駄目ですね。

続きを読む
Posted at 00:50 | 季節 |
2009.04.14

初めての山遊び

むたむたしているうちにどんどん時が過ぎて桜も散り始めました。
季節の便りも怠慢で後追いになってしまいました(>_<)


4月10日の事
本当は富山の松川と水墨美術館へ行きたいと思っていたのですが・・・
午前が潰れて午後かたくりの里山へ連れて行って貰いました。
ところが一寸道を間違えて元に戻っても、あのピンクの絨毯のようだったカタクリの姿は見えず、散策の人が多かったような?
後で友人に聞いても「昔ほど無い」と言うことでした。
そのまま下り、方向を変えて直海谷へ入りセンナを摘んできました。
二人とも歩くのがおぼつかなくて一番近い所で少しだけ。
10nomidani.jpg
左上から センナ(オカワサビ)・ネコノメソウ・エンゴサク・キジムシロ・ブルーキクザキイチゲ・スミレサイシン・白キクザキイチゲ
近くで山を削って砕石しているので変貌著しいが、この辺りは変っておらず、小さな花達が陽を受けて夫々我が世の春を謳っていた。

10山
昔「不動滝から縦走して右の山、宿の岩」からこの道に降りた事も有りましたね。

帰りに白山ひめ神社の表参道口にある古宮公園に寄ってくれました。
40年位前に子供たちを連れて花見に来た事もあったのに、バイパスが出来て通る事も無くなりました。
本当に久し振りでしたがキレイに整備されて以前より広くなっていたようです。
桜も大きくなってとても綺麗でした。
10古宮公園


Posted at 00:22 | 季節 |
2009.04.11

老谷の大椿

春は雑用が多くて又ブログのアップが間延びしてしまいました。
花冷えが長く続いた後に今週は気温も上がり、桜さくら~の上天気になりましたね。
お料理に畑、桜と沢山溜ってしまいましたが、元気を出して・・・先ずは


老谷の大椿 4月4日
三月初めにショパンさンの所でこの写真と記事を拝見して圧倒されたのが始まりです。
○十年前に椿に凝って北陸地方の名花や番付などを興味深く見ていたことも有りましたが、この大椿は全く知らなかったのです。
直ぐ色々調べ地図で検索しましたら案外近くて行けそうなので、Masakomamaとnaoちゃんにお願いして出かけることになりました。
4全景

羽咋市志雄町から山越え大回りをして氷見市岩瀬 行願寺を目印(カーナビ)に。
志雄町のたにぐち菓子店の「おだまきが美味しいよ」と通りすがりに買い求め、土手の桜並木も満開にはさぞかしと思われる所を過ぎました。
思っていたより道幅も広く県境の峠を過ぎて直ぐ「大椿近道2キロ」の看板が出ていたが何故か通行止め。
立派な道なのですり抜けて進んだが崖崩れで駄目でした。歩けば直ぐのような気もしたが戻ってぐるぐる回り行願寺で其処から標識に従って直ぐでした。
大きなお家の方の持ち山らしく簡易トイレに生水の手洗いまで設置してあり、案内地図や道も整備されて、この家の方の椿への愛情が伺えました。
周りの畑にも色んな椿が植ええあり、其処から歩いて直ぐの所にその大椿は鎮座していました。

前述の写真の印象が余りにも強烈だったので、沢山の支柱に支えられ大きな傘をかぶったような葉陰に幹が隠れていた為かイメージが一寸違いました。
階段が作られていて、上がると「さしまたの椿」と呼ばれる由縁の幹がどーんと目の前に飛び込んできます。
樹齢500年の幹は多くの支柱に支えられながらも、青々と茂り沢山の赤い花をつけて、簾のように垂れ下がっていました。
きちんと手入れをしておられようです。
私のカメラでは入りきらずNaoちゃんの広角で撮られたものを

4nao.jpg

何枚かを合成して一寸グロテスクですが、初めのイメージに近づけた物を見てください。
考え無しで撮ったので無理して暗転部に散り椿を貼りました。
4大椿
一番下の写真では幹が少し見える。

着いた頃から小雨が降り出し、途中雨に濡れながら伸びたフキノトウを摘んできました。
同じ道を帰り、羽咋の上杉でお蕎麦を頂きました。
途中で試食した黒米の粉で作った皮に胡桃味噌餡の「おだまき」が美味しくて、寄り道したかったが、16日から20日間M座に出品されるそうなのでそれまでのお楽しみに。
他にヨモギや白・黄・ピンクの皮は総て米粉だそうで餡も粒餡漉し餡味噌餡で3日たっても柔らかいままでした。



富山県指定文化財
(天然記念物)
昭和40年4月1日指定
 
 左右2本のツバキのうち、大きい方が指定となっている。ヤブツバキで、幹回り3.4㍍、樹高6.6㍍、枝張りは、東西約8㍍、南北約11㍍の広がりがあり、その面積は約50平方㍍(約15坪)を占める。樹齢は500年以上と推定される日本でも屈指の巨樹で、3月中旬から4月中旬にかけて真紅の花を枝いっぱいにつける。落ちた花で周囲が敷き詰めたようになている様は格別である。

 地上80㎝から太い3本の幹に分かれ、さらに伸びた枝が複雑に絡み合うその形状は異様で、「刺股(さしまた)の椿」の別名がある。
その昔、飢饉に苦しむ民のため城主に直訴した家老が怒りを買い、一族の男子が刺股で処刑された。飯原家から娘が嫁いでいたが、夫の非業の死で悲しみのうちに亡くなり、娘の墓標の代わりにこのツバキが植えられたという伝説がある。

富山県教育委員会
氷見市教育委員会  看板より





Posted at 23:16 | お出かけ | COM(14) |
2009.04.01

花を楽しむ

快晴は昨日一日で今日は又雨・・・
昨日は遅れ遅れて植木屋さんがやっと雪吊りをはずしに来てくれた。
雪吊りは早めに吊り、はずすのも早目が甲斐性らしいと言われるので、こんなに遅くなるとみっともないが。
「来年からしなくても良いのでは」と悠が言うがそれはどうでしょう。

雪吊りの取れた庭と椿です。
椿は大きくなって撮り難くホンの一部ですが・・・
41niwa.jpg
左上から胡蝶侘助2・玉抱・数奇屋侘助・香り椿・牡丹蕾7個・昭和侘助。

昨日クリスマスローズをカットしてMさんの所に持参し、我が家にも纏めて活けこんだ。
F子さんに教えられて40度のお湯で湯切りしましたが、沢山有りすぎてごちゃごちゃです。

41いけはな
室内でキレイな色が出なかったが、シンビジュームとこでまり。椿は五色散り椿です。
之も植えてから30年は経っているので2年続けて強剪定したら花もまばらで、高切り鋏で切って活けこんだがとても華やかでした。
何時も茶花用に筒咲きの一重が多くてその上一輪差しているので、これはあでやかで見直しました。
赤茶けた色になりもう一度取り直す積りだったが直ぐ傷んで、そのままに。

冷たい雨だがバス停前のソメイヨシノが2.3輪ほころんでいた

07年の五色散椿へ
Posted at 23:46 | | COM(16) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。