--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.12.30

感謝をこめて・・・有難う~

今年も後1日となりました。
ネットを通して沢山の出会いと刺激を頂き感謝申し上げます。
後期高齢者の単調な日々の暮らしの中で、今生甲斐をいただいているような気がします。
目も耳も悪くなり、これという特技も無く、根気も薄れがちで、間延びばかりしていますが、このささやかなブログにお訊ねくださる皆様のお陰で、なんとか続けられ、それが大きな喜びでございます。

来年も健康で皆様のお仲間入りが出来ますように。
09年もどうぞ宜しくお願い致します。


例年恒例の「迎え花」を頂きました。
30花2
何時も似たような取り合わせですが、このポンポン菊の深い紅色が今風でしょうか。
一緒に来られたご子息さんがもう20歳になられたでしょうから、20年近く毎年有難うございます。

続きを読む
スポンサーサイト
Posted at 23:09 | 日々好日 | COM(6) |
2008.12.26

寒い一日

昨日から雷鳴が轟き「大雪予報」も出ていた。
幸い沢山積もらずチラチラ雪でしたが終日寒風が吹き荒れて厳しい寒さになりました。
やっとインフルエンザの予防注射をすませ、お掃除の予定を変更して暖房の部屋で年賀状作りに励みました。
何でも早めに出来なくて滑り込みセーフの危うい生活をしています。
年賀状にはいつも悠の絵を使うのですが今年は之だそうです。
IMG_0696_2稲はさs

浅間山と稲のハサガケ
号数を小さくしたので沢山描けたのにきちんとアップ出来なくてごめんなさいデス
冬場に頑張りますね。


今年のカレンダー
23カレンダー
好きで買ったのや丁寧に手造りなさったブログ友の素晴らしいものです。
来年一年間身近に置いて楽しみますね 

今年も残り僅かになりましたね。
あたふたbabaも走ります。もう間に合わない?

Posted at 23:23 | 季節 | COM(16) |
2008.12.23

悠の誕生日

昨日は悠の83回目の誕生日でした。
私はぼっとしていたのですがマーガレットから電話を貰い我が家でお祝いの夕餉をすることにしました。
20日には息子が来たのでご馳走を食べたし、さあ~て何をしましょう?
孫達も居るし、先日Masakomamaの所で作ったもののおさらいになりました。
22tomozi.jpg
丸鶏はLサイズでS君U君が居て丁度でした。表面はパリパリで中はジューシーで詰め物も丁度良い具合でした。
サツマイモのオーブン焼は↓のレスに簡単な作り方を書きましたがトッピングの胡桃が効いています。
チョコレートケーキはマーガレットの手造りで、しっとり軽く美味しかった。

悠は頚椎と腰椎が加齢現象で変形が進みかなり辛そうです。
が、散歩と称して一日一回は車で出かけ、たまにプールで水中歩行もしています。
家で絵を描いたり本を読んだり、囲碁とパソコンで頭の体操をしたり・・・年齢の割にはいろんな事に興味を示していますね。
もう電車で出掛けるのは無理ですが、車なら結構いけるので先日免許証の書き換えをしました。
大分迷っていたのですが無いと家に閉じこもり、一気に老け込むことになるでしょうから。

共に白髪になり共に足腰が衰えて、大分くたぶれていますがもう少し頑張りましょう。


嬉しい頂き物
23うれしいもの
ラ・ポムの10種類のフルーツゼリーカラフルで楽しい~

札幌のいちじくショコラ・・プチプチとろ~初めてのお味です。
雪の結晶は不織布のような手触りですがフワ~と香る石鹸なの~
そしてリシリヒナゲシ・ボタンキンバイ・レブンウスユキソウ・ミヤマキンポウゲ・コマクサのタネ
わ~どうしよう!難しい高山植物ばかりデス。
ヨーロッパアルプスでも買ってきたことが有りますが全然でなかった(>_<)
でも之は丁寧な説明付きで、生きの良いタネに見えます。
いずれも利尻岳や礼文島で見た花なので、どうか出てくれますように!

Qままさん手造りのカード入れ プロバンスのソレイヤードの布でステキでしょう!
毎年頂くフロインドリーブのシュトーレンです。
Posted at 22:08 | 日々好日 | COM(12) |
2008.12.22

お料理教室のクリスマス  12月12日

横浜から帰った翌日がお料理教室でした。
生憎植木屋さんが来たので慌しく、又温室の屋根の内張が今年の夏の酷暑で焼けたのかバリバリに割れてしまい、それをどうしても取り替えて欲しくて早退する事になり、残念でした。
今回は若い方たちと合同だったのでターキーも2羽で他のも2倍になり沢山料理が並び大変でした。
どう組み合わせようかと心配でしたが、後日別クラスのNちゃん写真が送られてきましたのでそれを元に纏めて見ました。

12クリスマス
チョコレートモカケーキをべースにチョコクリームのフィリング、リーフもチョコで作って有り、しっとりと美味しい。
立派なターキーも綺麗に焼けました。今年の詰め物はパンを主に。
12くりすます2

上から五穀米   海老と彩り野菜のコンソメゼリー寄せはとてもお洒落
サツマイモとパイナップルのオーブン焼 一寸甘めのJさんレシピ  パンチ
12くりすます3
左上から
貝柱と4色野菜のロンド(赤大根トマト胡瓜レモンの薄切りと貝柱を重ねて) レタスのコンビネーションサラダ(サニーレタスグレープフルーツ生ハム)
右上から
ミートローフ(ブロッコリー)Jさんレシピ  烏賊のタルタルエンダイブ乗せ(お酒にピッタリ)

久し振りのJUNKOさんレシピも出てどれも美味しかったですよ~






Posted at 00:17 | 食品 | COM(6) |
2008.12.20

晴天続き

今日も青空が広がり気持ちの良いお天気でした。
帰国した息子が来ると言うので窓を開け放ちお布団干しをしましたが、12月の北陸では珍しいことです。


水曜日は今年最後の写真教室でした。
何時もより遅く始まったので、H新聞社屋10階の窓から日本海に沈む夕日がきれいに見えました。
17夕日
デパートのバス停前
上の2枚は午後2時半 下の2枚は5時頃ショーウインドーです。
17片町h
写真で勝負できなくてお手軽フォトスケープに逃げる癖がついてイケマセンね

続きを読む
Posted at 23:05 | 季節 | COM(2) |
2008.12.18

横浜山手「世界のクリスマス」 2  11月11日

遅くなって気の抜けたようなものですが・・・自分の為の覚書として
最後はどこか定かではなくなりましたが(苦笑)
港の見える丘公園で記念撮影の後の写真から・・・
11ホワイトサンタ
真っ白なサンタさんがかわいい~

11フランス

フランスの家の前には白から黄色に変るカワイイバラが咲いていました。
中の飾りつけも生のお花やフランスで今流行の物を取り入れて一番ステキでしたね。
11フランス2
この後中華街で美味しいランチを頂きお話もとても楽しくて、沢山刺激を頂きました。
ご一緒してくださったあの方 この方 皆々様 本当に有難うございました。

Posted at 23:04 | お出かけ | COM(5) |
2008.12.16

横浜山手「世界のクリスマス」その1 12月11日

10時に石川町の駅で待ち合わせ、お懐かしい皆様と再会o@(^-^)@o。ニコッ♪
素晴らしいお天気で気温も高く、雪国から出てきたので汗ビッショリになりながら皆さんの後からついて廻る。
まだバラが沢山咲いているし、黄葉も美しい。
廻った順に・・・
11ブラフオランダ
11外交官の家
11スペイン

続きを読む
Posted at 10:52 | お出かけ | COM(10) |
2008.12.13

東京 横浜 12月10・11日

兼ねてから行ってみたかった横浜山手の「世界のクリスマス」に東京のブログ友達が行かれると言うのでご一緒させて頂きました。
丁度悠の買い物が有り出かけやすく、10日は快晴の上空から白山を真下に眺めて大変嬉しかった。
北アルプスの槍が岳のとんがりや手前に乗鞍岳・遠くに富士山らしき山容も見える。
それが進むに連れてはっきり雲の上に飛び出て美しい~~
左窓際の席が取れてラッキーでした。
10白山
空港から上野へ直行して東京都美術館で「フェルメール展」を見た。
上野公園はまだ銀杏の黄葉が綺麗でウイークデーの日中なのに大勢の人出で驚いた。
国立博物館の特別展「詩歌と書-日本の心と美」を見に来たのは平成3年ですからもう17年も前ですね。
子供を連れてパンダを見に来た事も。新婚の時オペラ「アイーダ」も・・・周りの景色は余り変っていなかった。
10東京
その後三越まで行き、買い物の後、屋上のチェルシーガーデンで花苗を見て目を惹いたバラを三株購入(ラ・カンパネラ、ジュリア、ブラン・ピエールドロンサール)
他は何処も見ず、銀座の某店で予約していた物を受け取り一路横浜へ。
4時前に着けば横浜美術館にも入れると思っていたのに遅くなり、「みなとみらい」に着いた頃には薄暗くてイルミネーションが綺麗でした。
10横浜
そんなに沢山歩いた訳でもないのに(美術館が結構足に堪える)疲れて、再び出かける元気も無く部屋に備え付けの足湯マッサージをして明日に備えた。
一人旅は気ままでよいがお食事時は間が持てなくてチト淋しい。
31階のレストランも21階の部屋も売り物のナイトビューだったが、同じ方向でした。


Posted at 23:49 | お出かけ |
2008.12.09

珠玉の名作 風のガーデン

倉本聡さんの富良野三部作「風のガーデン」
先週感動の9話が終わりました。
2年がかりで作られたガーデンを舞台に「人は最後に何処に還るのだろう」というサブタイトルで、いぶし銀のようなオ大人のドラマに、惹きこまれています。
毎回出てくる花に「真三先生のつけた花言葉」を岳くんが諳んじていてそれが誠にユニークで面白いのです。
深刻なストーリーの中でほっとなごませてくれるのです。

筋立はもとより出演者も夫々適役で「うまいなあ」と感心していますが、中でも今は亡き緒方挙さんが素晴らしい。
彼も癌で自分の命が残り少ないことを知りながら、あんなにゆったりと柔らかくよく演じられたと感動しました。
余りにも素晴らしくて・・・一寸悪いけど9話からお借りしました・・・

9風のガーデン

白のダブル咲きのカンパニュラは「孫娘が嫁に行く日」 このダブルの花苗植えたいですね。
シキンカラマツは「看護士さんのチラリズム。
今日は本を買ってきました。
写真が小さくて暗いのが難ですが、又横文字の元種の名前だけというのも覚え難いですが・・・
読んではウフッ 倉本聡さんの遊び心が光ってます。

ドラマはこのあとどのような展開になるのでしょうか。
隅々に心の行き届いたドラマに又微笑んだり涙したりで見ることでしょう。

地方でも是非再放送して欲しい。



10・11日と上京してブログ友と横浜山手で開かれている「世界のクリスマス」を見てきました。
レスが遅れてすみません

夕べは遅くに録画を見ましたが・・・岳君との別れが切なかったですね。
Posted at 23:13 | 日々好日 | COM(16) |
2008.12.08

12月8日 特別な日babaの繰言

今朝は青空が広がってまぶしい日差しでした。
放射冷却でこの冬最低気温(-0.3度)で初氷が張ったようです。
昨日も晴れたのに気温が低い為に庭の雪も消えません。
8ろうばい
蕾を抱えた蝋梅と、まだ青々と葉が茂り僅かに紅葉したブルーベリーです。



12月8日の朝威勢の良い軍艦マーチと共に「大本営発表 今未明・・・」と真珠湾攻撃と共に太平洋戦争に突入した日本でした。
まだ小学2年生だった田舎の子は何も知らず、毎日沸き立つ報道と日本国民としての厳しい統一訓練の元で「天皇陛下の御為に」「鬼畜米英 撃ちてし止まん」と教育されました。
現在の子供たちには想像も出来ないような物不足の中で、今の子達がサッカーや野球の選手になりたいというように「兵隊さんになる」と言うのが普通でした。
毎年12月8日には「異国で戦っている兵隊さん」に倣って田圃の中を行進したが長靴も無い子が多く、あの頃は雪も多かった。

今日はふとした話の中で、唐の時代に海辺ではなく遠い内陸の西安まで辿りついたお坊さんの話から、戦争中に重慶まで攻めて行った日本軍の点と線を繋ぐような攻撃や、太平洋の彼方の真珠湾攻撃など無謀な戦いを起した愚かな為政者にまで話が及んだ。
一握りの知識階級以外の国民はただ教え込まれ強制されて従っていた。

4年後に敗戦となり、その後の経済復興はめざましく、今豊かな生活基盤の中で何かが狂っているような気がして怖い。

今日の「特別な日」も過去の事となり新聞やTVにも全然出てこず、相変わらず馬鹿げたタレントががさつに騒いでいる。
又「内閣の支持率云々」とそればかり声高に語り、調子に乗って口々に話す人達が見苦しい。
梯子を掛けて直ぐおろす愚かな政治屋集団国の事より「選挙で戦えない」が先に立っている。
かの国でも愚かなB氏の任期もあと僅かですが日本と仕組みが違えども8年間良く続いた。
若いO氏はどのような舵取りをするのか興味深い。
新聞には「真珠湾で67年目の追悼式が行われた」と出ていた。
この日の為の唯一の記事でした。

幾多の犠牲の上に築かれた現在の安穏な生活に感謝して・・・

8たねや
美味しいお菓子を頂いたので年の瀬にちなんで暦のお茶碗で一服頂きました。
小振りな黒茶碗は九代大樋です。
お菓子はたねや製で中の栗餡が美味しい、干菓子は日本が誇る芸術品ですね。
頂いた日本柿で作った干し柿がとてもよい塩梅に仕上がりました。
他に冷凍もしてありますがお味見は又後程。

Posted at 23:02 | 季節 | COM(4) |
2008.12.06

又雪に  12月6日

明日の暦は「大雪」だそうですが、夕べから雪模様になり冷たい風が吹きまくっています。
5庭の雪
1日から4日までは珍しく快晴で外仕事が大体片付きました。
3日の写真教室は長町での撮影でしたが、冬恒例の土塀の菰掛けも終わり冬支度が整っていました。
残念ながらカメラを持参しなかったので観光客気分で歩きましたが、地元に居るとたまに車で通り過ぎるだけなので、歩けば新しい発見も有り一度ゆっくり撮りに来たいと思いました。

5hatake.jpg
畑では気になっていたエンドウ類の種蒔きが済みやれやれ。
白菜は初めての収穫です。2キロ秤の針がピンと行き過ぎました。
外葉をはずしてもはずしても虫食いの穴が有り、綺麗な所まで剥ぎ取って、間引きした小松菜と揚げをを芯にして巻き消化した。
間引きの蕪は千枚漬けにしたら美味しい。
可笑しい事にこの大きなカリフラワーが行方不明に。確か同じ袋に入れた筈なのに・・・
初めて作ったプチベールは、芽キャベツが開いた状態になり節々にぎっしりと着く。
甘くて栄養価も高いそうですが、これは春までお預けのようです。
菜っ葉類は寒さ避けのネットが効を奏して葉も傷まずきれいに伸びていました。

Posted at 23:17 | 季節 | COM(9) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。