--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.11.16

里山保全  11月14日

14日も朝から快晴で、先日「ほっと石川 秋季号」に出ていた「山中温泉大土町」へ行ってみる事にした。
先ずグーグルマップで検索したら「58.1キロ・1時間38分」とでた。
山中温泉観光協会に電話して道の状態を聞いたら「一人だけ住んでおられる」と言われたが、写真では赤瓦の立派な家が数軒写っている。
加賀市内の小学生が田植えなどの体験学習をしたり、大学生が里山研究に取り組んだり、学びの場として利用されているそうです。
見当をつけて8号線から降りたら地図にも出ていた勅使の「法王山横穴郡」に出た。
此処には高校時代に来た事があるが駐車場で用を足しただけで出発。
之でひたすら真っ直ぐ行けば良いと思いつつ、この先にはコンビニも無いだろうし、小奇麗なお店があったのでお昼にして地図を見せて確認する。
ランチも夫々美味しくて満足。道路も舗装されて楽々・・・
途中に悠のお気に入りの部落が有りどこも絵になりそうです。
14荒谷
村はずれに「辻政信 生誕の地」という碑が有りました。
戦中は軍人として、戦後は衆参両議員としてかなり活躍していたが東アジアの方へ行ったまま帰らず、もうすっかり過去の人でした・・・が顕彰碑で思い出しました。
この様な山奥の人だったのかと帰宅後改めてしらべてみましたよ。
何処の家も立派な構えで屋根に空気抜きの小屋根があるのが珍しい。

その後も舗装道路が続き、「県民の森」への道と分かれて進むと目的地「大土町」でした。
14大土パノラマ
廃村のような所を想像していてたが、此処もまた赤瓦の立派な二階建ての家が沢山あり、車も見られる。
おじいさんにお聞きしたら「3軒だけ住んでいるが冬は一人だけになる」と言われた。
「あそこまで上がったら全部見えるよ」と教えられて少し登ってみる。
竹の腰掛も作ってあったが、早く降りないと又急かされるので・・・
14大土4
案の定「帰るぞー」
あのおじいさんやおばあさんと話をして家の中も見せて欲しかった~~


スポンサーサイト
Posted at 23:35 | お出かけ | COM(2) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。