FC2ブログ
2008.10.18

西国三十三所 巡礼

2006年の春から始めた「西国三十三札所巡り」は地元のツアー会社の企画にのって廻り始めました。
途中家の都合で行かれなかった所も有り、2年目も大体同じ企画だったので穴埋めできたが、大方一巡した為、縮小組み換えられ後2回で終わることになりました。

私はあと三所を残すだけで、ネットで調べたら、個人では行きにくいと思っていた岩間寺が17日のご縁日に直通のバスが運行されるのを知りました。
それも十月はテレビで何回か見たことのある「ぼけ封じのほうろく灸・紫灯護摩供・火渡り式」など行われるそうで、物見高くその日に行く事に決めました。
もう一つ上醍醐は三十三札所巡りの中では一番の難所とされ、山道を1時間登らなければならず、今の私の膝では下りが怖い。
滋賀県からタクシーで行くしかないと思っていたら、8月に落雷のため火災にあい消失した為、朱印や納経の受付は、上醍醐への登山口にある女人堂で行なわれていると知りました。

関西に行くのなら前からチェックしていた「コロー展」も見たくて神戸まで足を伸ばす事に決定。
同じく志賀と京都の三カ寺を残していた友人と出かけました。
16日
16コロー
コロー展は素晴らしい企画でルーブル美術館からのコロー三大名画他の展観構成が分かりやすく、じっくり鑑賞できました。
その後近くの大丸デパートの最上階でゆっくりランチ、此処にはバラクライングリッシュガーデンがあり一回りしました。
さて これから何処へ・・・
異国情緒豊かな神戸の町を愉しむ積りでしたが・・・情けなや~足がくたぶれてそのままホテルに入り一休み。
ナイトツアーでもと思っていたのに之もパス、何時までも若くないと思い知らされました(>_<)

17日
7時過ぎにホテルを出て新快速で大津と石山で別々に下車。
当初岩間寺へ行く積りだったがバス会社の人に聞いたら石山寺山門前で乗車できると分かり、先に石山寺へ行きました。
此処は3回目ですが朱印を貰っていなかったのです。
紫式部ゆかりの寺なので「源氏物語千年紀」の展観もありましたが時間がなくて入らなかったが、山門から源氏香の飾りつけがしてあった。
17石山寺

瀬田川のほとりでバスを待ち岩間寺へ
この日は特別の日なので続々と善男善女いや足の悪いzizibabaの参拝者が多かった。
17岩間寺
お経の後で焙烙が配られ順番にもぐさを盛り上げ、火付け役のお坊さんが着火マンでつけて歩くのです。
頭上より一寸前にツボがあるそうで「熱かったらずらしてください」・・・始めは冷たかったが、その後結構熱くなる。
この写真は前のグループで人数も少なく撮るのに気が引けたが、この回は大勢で賑やかでしたね。
余熱は膝の上にかざしても熱かった。
山伏の法螺の先導で若くて綺麗な尼さんとお坊さんが本堂内で法要が有りその後、餅まきや火渡り式があるはずでしたが、12時15分のバスで下山しました。



続きを読む
スポンサーサイト



Posted at 23:49 | お出かけ | COM(4) |