FC2ブログ
2008.05.01

雪の大谷  5月1日

今日から5月!!
桜が散ってあっという間に初夏のようなお天気になりました。
百花咲き乱れていますが、今日は白い世界の漫歩でした。
富山県立山の有名な雪の大谷は、広い弥陀ヶ原から標高2390mの室堂まで、除雪作業できり開かれた雪の壁の中を進む道路です。
かねてから行きたい行きたいと思いながら中々果たせなかったが、天気予報が良さそうだったので3日前に問い合わせたら一席だけ空いていると言うので滑り込みました。
青い空に白い雪山を期待していましたが晴れているのに薄曇りで残念でした。
しかし風も無く暖かで、ウオーキングシューズで心配したが雪はざくざくしていてパノラマ道路も歩く事が出来ました。
見渡す限り見える山々はかって踏破した山ばかりで格別の思いで眺めました。

称名の滝も三度目で一度は剣岳登山の後、友人と別れて別山小屋・大日平小屋に泊まって単独行で称名に降りた思い出濃い処です。
膝の事を思って逡巡したけれど最後の機会だと思って行きました。
水量が豊富で右から落ちる滝もあり見事でした。
思い切って行って良かったと思います。
近年は韓国や中国からの観光客が多いと聞きますが、バスで隣だった人も台湾人で金沢で住んで18年だそうですが、台湾からの来客は必ず案内されるそうで今回も若い2人を連れてきていました。

スケールの大きな立山に早くから山岳道路を切り開き黒部ダムから長野に抜ける道路も作られた富山県は凄いと思います。
1アルペン

1大谷

1パノラマロード
続きを読む
スポンサーサイト



Posted at 23:17 | お出かけ | COM(18) |