--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.03.30

たったそうが咲いて

今日も気温が低くて肌寒い。
東京では桜が満開だそうですがこの辺りはまだまだです。
しかし雨模様で植物達はどんどん葉が伸び花が咲き出し、庭巡りが楽しい。

今年のタッタソウ
31たったそう1

昨年花後にそ~っと鉢換えしたので、少し小振りになったが花芽が伸びて咲き出した。
日が照らないと開かないし、明るすぎても撮り難く、その内にハラハラと散ってしまうはかない花です。
30たったそう

昨年取り蒔きしたら小さな芽が2本出たがまだまだ小さくくて確認できません。続きを読む
スポンサーサイト
Posted at 23:39 | | COM(6) |
2008.03.25

嬉しい日でした

朝から晴れ晴れ
25玄関

この間から頼んでいたシルバーさんが庭掃除に来てくれた。
庭はまだ植木屋さんが雪吊りはずしに来てくれないが、小物は自分ではずしてしまったので掃くだけです。
あと少し耕して昨年植えたジューンベリーを横にずらし、この間買ったプルーンを植えてもらった。
この実がなるのは何時でしょうか?命永らえて元気で居ないと間に合いませんね。
一緒に買ったオーブリエチアは耐寒性多年草という説明でしたが、水捌けの悪いねっとり土で植えてあり、夏の間に駄目になりそうで水捌けの良い土に植え替えた。
今朝はカンカン照りでキレイに撮れなかったが。
25畑

もう一つ嬉しい事は、耕運機で畑を耕して貰いました。
暮に怠けて菜っ葉類が一つも無くて、大根と葱を抜いたら残りはエンドウだけです。
おまけに花の為に二畝分けてもらったので広い空き地状態でした。
之を自分で耕すのは今では到底出来ません。
シルバーさんに頼んでもう一つの畑から芍薬始め色んな宿根草を移植し、返す畑の方もきれいに整理して貰いました。
本当に肩の荷が下りて嬉しい限りです。続きを読む
Posted at 23:35 | 季節 | COM(14) |
2008.03.23

雪割草

曇り空ながら気温は高く暖かい一日でした。
23水仙

気温が上がって一気に咲いた水仙・・・アレ福寿草が見えない。
今年こそ植え替えようと思っていたのに・・・20年以上植えっぱなしで春一番に咲いてくれた花が無くて淋しい。
変りにキクザキイチゲの葉が繁茂してきたので来年は沢山咲くでしょう。
23雪割草

小さな苗から3年間育てた雪割草が今年は沢山咲いてくれた。
前から持っていた白やピンクよりも珍しい紫系を求めたので紫が多くなった。
コボレタネからも小さな花が咲いてくれた。沢山有ったのに減るばかりなので今の内に肥培しましょう。
実生は翌年双葉が出てそのままで1年終わり翌年本葉が出て上手くいけば3年目に花が咲いてくれる。

奥能登の猿山岬は雪割草の群生地で毎年雪割草祭りを開催されている。
今年しは22・23日でしたが、昨年は25日でその朝に大地震に襲われて多くの方が被災されました。
お年寄りが多くてまだ仮設住宅にお住まいの方も多いようです。
今年の雪割草祭りが盛り上がって元気を貰われますようにお祈りしています。
Posted at 23:53 | | COM(8) |
2008.03.22

春一番の庭仕事

この間から晴れても風が冷たくてまだまだと言う気分で外の事は後回しになっていました。
今日は気温も上がり春本番となりました。
22niwa.jpg

冬の間庭の一隅に寄せてあった鉢物を出して表面のごみを取って増し土したり植え替えたり、一日中外仕事でした。
キクザキイチゲや水仙・雪割草にクリスマスローズが咲き揃ってうきうきします。
23kurematisu.jpg

金子明人さん監修のクレマチスの本を買い、土(赤玉土4鹿沼土4バーミキュライト2)と懸崖用の深型スリット鉢を買って用意して有りました。
立ち枯れ対策に挿し木した苗や新しく買ったもの、植えて2,3年の物、二重鉢にしてあったものは根が沢山外に出ていて大変でした。
一つだけ根瘤線虫にやられていたのでそのままにして挿し木しようと思います。
又クリスパエンジェルの根廻りが凄かったがクレマは根を触ると枯れると聞いたのでそのまま鉢増しした。今年は挿し木苗を作って更新しなくては。
水捌けの良い土なので水遣りが大変でしょうね。
でもスッキリしました。
昨年の夏に枯れた物もあり、花が咲くまで心配ですが、これからは名札を作って管理する積りです。
さ~てこの鉢たちの定位置を何処にするかが問題です。

温室の内張りもはずし開放したら明るくなった。
「せなはぎ(怠け者)節句働き」と言うがまさにその通りで我ながら可笑しい。

Posted at 23:28 | | COM(6) |
2008.03.18

京都へ  3月14日続き

YUKI PALLISさんでもゆっくりしていたので2時になり次は平安神宮近くのラ・バンチュールで之もネットで話題のタルトタタンを頂きました。
広い境内のどこから入るか運転手さんが聞いてくれたら武道館側から入って直ぐでした。
リンゴが思っていたよりも非常に柔らかくて一寸ビックリしたが、味はまろやかで美味しかった。
之を研究して造られ、本場フランスで賞を取られた言うおばあ様がちょこんと椅子にかけておられた。
机の上に広げた雑誌ミセスに写真入で丁寧に作りかたが載っていた。
おばあさまが「バックナンバーで取り寄せたら良いですよ」「之を見て作って持ってきた人が居ますよ」「家はふじりんご16個を2時間かけて作る」「先月から伊勢丹デパート3階の此処にも出している」からと名刺を下さった。
熱い紅茶も頂いて一寸一息のあと、何時もは大鳥居を見ながら通り過ぎる平安神宮のお庭を見ることにする。
以前一寸覗いただけで、枝垂れ桜の頃はさぞかしキレイだろうと思ったが、今はは何も無い上に雨が本降りになってしまった。
入れば奥が深くて広い池の畔の菖蒲の花の頃も美しいと思われる。
14平安神宮


「バス乗り場は大鳥居の向うです」と聞いただけでその気も失せタクシーで駅まで。
京都のタクシーはどの車に乗っても気持ちが良かったのに5回目のこの運転手さんはあきまへん
駅のデパ地下は凄い人でこれまで静かだっただけに気押される。
注文してあった「和久傳の桜ちらし」を貰い、我ながらネットかぶれだな~と可笑しくなる。
14タルト

おだんごは半日ぶら下げて歩いたのでふわふわきな粉が固まってしまい、どの写真も下手で不味そうですが本当に美味しかったですよ~
他はどこも見ないで椅子を見つけて一休みした後10分前に改札口へ・・・

・・・・ところが・・・・又

「鯖江で人身事故が有った為サンダーバード35号は遅れます」のアナウンス
一度外へ出て聞いてみたが前の電車は満席で乗り換え出来ず
丁度空いたベンチに座れたのでそのまま待つことにした。
帰りは乗車時間の短い電車にしたけれど、こんな落とし穴が待っているなんて(>_<)
雨にも降られてサンリンボウでした。
結局55分遅れでしたが、行きたい所も食べたい物も全部出来たので良しとしましょう。
色々有りましたが、気ままな一人旅も良いものです。


Posted at 02:39 | お出かけ | COM(10) |
2008.03.16

京都へ  3月13日~14日

テレビで「玉三郎と中国の昆劇共演」が京都南座で演じられると聞いて、早くから狙っていました。
私にしては珍しくウエブ発売の日をカレンダーに書き込み発売時間と同時に申し込みました。
勿論木曜フリーデーです。
始めは日帰りの積りでしたが、気ままさんの京都の旅やミセスでユキパリスさんのギャラリーを知り、どうしても1泊したくなりました。
直前になって漸く「泊まっても良いこと」になりいそいそと・・・
高速バスは11時過ぎに京阪五条駅に着くので、直ぐ近くの「生麩の半兵衛」に予約をいれて昼食を取れば1時開演に丁度良い時間なのです。

・・・ところが・・・

滋賀県百済寺の近くまで来た時、どーんと大きな音がしてビックリしました。
「お客様お怪我は無いですか?気分の悪い方は居ませんか?」「追突されたので安全装置をおきます」「警察の事故処理が終わったら代車が来ますので乗り換えてください」「非常用のお水です」
と運転手さんは会社と連絡を取りながら豆に動いておられた。
警察が来るまでに時間がかかりその後もはかどらない。携帯から半兵衛に断りの電話を入れる。
事故処理が終わってからそろそろと高速バス停まで進み待つ。
前へ出た事故車は小型で、居眠り運転だったらしい。
幸い大きなバスだったのでショックは小さかったがラジエーターから水が漏れて運行できなかったようです。
代車に乗り換え五条駅駅着1時でタクシーで駆けつけ入ることが出来た。
13南座

昆劇は初めてで、ゆったりたおやかな動きと、歌うようなと言うか小鳥のさえずりのような音声で眠気に誘われて困った(勿体無い)

幕間にお寿司を食べて昼ご飯は終わり。
終わったのは4時過ぎで錦へ行く積りだったがTデパートのユアサイズでおしまい。
宿は一人なので外食も億劫で2食付の超簡単、ワインを頂いてうとうと夢心地でした。


14日 終日雨
お天気なら早出で植物園のセツブンソウやユキワリイチゲでも見たいと思っていたが、生憎雨なのでゆっくり出て、相国寺へ。
14そうこくじ

臨済宗相国寺派大本山は金閣寺や銀閣寺を始め九十余りの末寺を抱えて京都のお寺の中でも一番格式が高いそうです。
以前訪ねたときは生憎閉まっていて入れなかったが、豊臣秀頼が再建した法堂(重文)は日本最古だそうで、欅の柱の太さに圧倒されます。
龍の天井絵は八方睨みでどこへ移動しても顔がこちら側に向いている、手を打つと反射して鳴き龍として有名ですが私の拍手では聞こえなかった。
その後方丈に回り枯山水のお庭を見て承天閣美術館へ。
14syoutennkaku.jpg

足利義満によって創建された寺の歴史は古く数々の墨蹟・絵画・茶道具・の他に伊藤若冲による金閣寺の障壁画等々見応えがありました。
中でも金森宗和が造ったと伝えられる「夕佳亭」を復元して宗和ゆかりの道具揃えが組んであり興味深く拝見出来た。
ここは人も少なくて全部で2時間も過ごしてしまった。
続きを読む
Posted at 01:16 | お出かけ | COM(4) |
2008.03.11

春模様~色々

バタバタしているうちに気温が上がり、急に春らしくなりました。
今日はスノードロップにキクザキイチゲが開花、クリスマスローズも沢山開き、写真を撮ったのに光が強すぎてどれもボツ、
カメラもマメに写さないと忘れてしまってダメですね。
11rann.jpg

それと同じく昨日の出来事ももやの彼方に消えてしまい朧に・・・私の備忘録という事で、思い出しながら。
8松下

8日 土曜日
近くの老舗種苗店が市内の大きな会場で野菜と花の勉強会を開いてくださいました。
此処の会長さんは加賀野菜のブランド化と普及に力を注いでこられ、野菜苗は品揃えも豊富で利用しています。
タキイやサカタから講師の方が見え新しい種苗の紹介や作り方の話でした。
今年のお勧め夏野菜は、大玉トマトの麗夏・中玉ではフルティカ、ミニは昨年も作って沢山取れたアイコ・・・メモメモ
千両茄子や胡瓜に棘無しが出来たそうです。
ズッキーニのことを聞きたかったが時間が無くて残念でした。
お花は花壇用やサフィニヤやサンパチエンスなど新種の宣伝で終わり、クレマやクリロの話は全然でなかった。
他にバイオでの土壌改良や地球に優しい消毒剤の話も。
8花見

9日 日曜日
晴れ晴れの良いお天気でしたが、確定申告と花見計画書作りの為パソコンとにらめっこ
事務能力が無い為に矢鱈時間がかかったが終わってホッとしました。
ハイキングクラブ在籍中55歳以上の人たちで「ビスターリ(ネパール語でゆっくり)部」を作り、ゆっくり豊かな山歩きを提唱して活動していました。
その人達と「青春18切符」を使って「醍醐の花見」に行く計画です。
鈍行や快速を乗り継いで山科まで5時間かかりますが、久し振りの顔合わせですから、話に花が咲いてあっという間に過ぎるでしょう。
醍醐寺・随心寺・勧修寺ぐるりと廻って滞在時間は5時間、ちなみにJR料金は一人分、1日2300円ですから格安ですね。
平均年齢70○歳~「さあ~青春に戻って大いに楽しみましょう!!」・・・と言う訳です。
11ランチ

そして今日は11日
baーさんが作る料理が物足りないのかzi-さんが外で食べようとのたまう。シメシメ(o^-^o)
食事の後でホームセンターに廻って貰えたので肥料と土を山ほど買うことが出来てこれまた(*^-^) ニコ ッ♪
溜め書きで失礼しました。
Posted at 23:53 | 季節 |
2008.03.05

お料理教室

今月は桃の節句にちなんで雛の膳でした。
5雛膳

ちらし寿司は筍と若布を出汁で炊いてから寿司飯にあわせる。
天然鰤を捌いて味噌(西京味噌500gに味醂大匙3・酒大匙1~2)漬け。
アラに塩をして霜振り、大根牛蒡と炊き合わせた鰤大根が殊の外美味しかった。
矢張り天然物だからでしょうね
芽いもは始めていただいた素材ですが、ずいきを軟白して育てた物でした。見た目は真っ暗な所で育てた独活のようですが、エグミがあり味はズイキです。
白胡麻をいって作った和え衣(白味噌100g・砂糖大匙1・酢大匙2・白胡麻大匙2)がコクが有り美味しい。
黄味餡を包んだ花ごろもがモチモチと美味しかった。
何時も豊富な材料を用意してくださるMasakomamaに感謝です。続きを読む
Posted at 23:17 | 食品 | COM(10) |
2008.03.03

三月三日 桃の節句

三月三日は五節句の一つ桃の節句で、平安時代から女の子の成長と幸せを祈ってお祝いしたようです。
始めは紙雛に自分の災厄を託して川に流す「流し雛」で厄除けだったそうですが今では年々豪華なお雛様になりましたね。
大名家のお姫様は殊に立派で徳川美術館の「国宝初音の調度」は有名で素晴らしいですね。
お雛様を見るのが大好きで、名古屋・彦根城・京都・柳川・日田・村上・高山・須坂田中本家博物館・伊豆稲取等々見て歩きました。
先日お膝元加賀前田家のお雛様や調度品を見ました。
もう一度ゆっくり拝見したと思っています。

我が家のもう一つのお雛様
3hinamaturi.jpg

長男の所のkaoが生まれた時初節句に「おさと」から頂きました。
あちらでは初孫の為に優雅で上品なお顔のお雛様を選んでくださいまして有難うございます。
本練の上品なお顔で光の加減が難しく、中々キレイに撮れません。
本人達はアメリカなのでせめてネットで飾ってあげましょう。

夕飯にささやかなチラシ寿司で孫達や昔の女の子のお祝いでした。


Posted at 23:20 | 日々好日 | COM(2) |
2008.03.01

生きてる間見えればいいがいね   3月1日

31ぷりむら

今日から早や3月!

昨日は久し振りに青空が広がり気温も12度まで上がって春一番が吹いたそうです。
これは昨年より15日も遅いようですが春めいた日差しで庭の雪も一度に融けました。

悠が白川村へスケッチに行く途中、N町の眼科医で降ろしてもらう。
何時も大勢の患者で一杯ですが、前回指示されていた眼鏡の度数合わせと検診が済んだら12時前でした。

この頃特に見辛くなり、ぼ~っとしているので心配になりお尋ねしたら、又「生きてる間見えればいいがいね」と言われた。
始めて聞いたときは「なるほど・・・名言や」と笑っていましたが、何回も聞くと「もう少し明るくはっきり見えたらいいんやけど・・・」と言いたくなる。
老化現象は色んな所に現れてくるので「もう70年以上使ってきたのだから仕方が無い」と思いつつも「お年の所為」で片付けられるのはいささか哀しい。

歯も触りだしたらあちこちに広がり、段々大袈裟になってきた。
これは毎日使う大事なものだから、海外旅行や着物の支出が無くなった分身体へのメンテナンスだと割り切ることが出来る。

筋トレのインストラクターが口癖のように言う「ぴんぴんころりやよー」も可笑しくて何故か身に染みる。
色んな話を聞くにつけつい身につまされて「周りの人に迷惑をかけないよう元気で居なくては」と思う。

「死ぬまで元気がいいわいね・・・」と願っています。続きを読む
Posted at 23:31 | 日々好日 | COM(4) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。