FC2ブログ
2008.01.30

手打ち蕎麦 1月30日

白川村の蕎麦処「やまこし」へ行ったのはもう10数年前だと思います。
白山スーパー林道を通って鳩が湯におり「美味しいお蕎麦やさんはどこですか」と聞いて、教えて貰ったのが、村の一番奥の小さな合掌造りの民宿でした。
その後4・5回通って「泊まったら蕎麦打ちを教えて貰える」事が分かり、その事をハイキングクラブの仲間に話したら「皆で行こう」と即決定。
12月半ば過ぎの雪の日でしたが6名参加でした。

ご主人は朴訥な感じの方で奥さんはチャキチャキの美人さんで、「この本に出たんですよ」と嬉しそうに話しておられました。

夕飯後茶の間の板の間で二つに別れ粉の混ぜ方、水回し、纏めて捏ねる、のし、と丁寧に教えてもらう。
8ミリビデオ持参で写したが、皆のするのを見ていたら大体分かり、帰ってから一度も見なくても良かった。
ワイワイと外野が煩くて賑やか、こういう事が始めての男性などすごーく時間がかかった。
私は皆のを見て最後に挑戦したが、普段からパン捏ねやパイ生地の延ばしを手がけていたのですいすいと出来たが、切るのが一番難しくて時間がかかった。
一人600gのお蕎麦と出汁もついてお代は幾らだったか?記憶が曖昧。
翌朝彼の男性がもう一度挑戦して、花も実もある楽しい合宿でした。

蕎麦粉を1回分分けてもらったので家で作って見ることに。
先ずのし棒を調理器具専門の店に問い合わせて調達しました。
台はコタツの上でコタツ板を使いましたがひずんでいて真ん中を使えず端の方で工夫しました。
今でもそれが跡を引いて押すより引いているようです。

3年目にのし板を購入し、悠がハワイに行っている時、ハイキングの仲間と蕎麦打ちパーティーをしました。
予め私が2回分作っておき、来客に2・3回打って貰い、他に一品持ち寄りで楽しく盛り上がりました。

4年目、之までは使い慣れた菜切り包丁を使っていましたが、巾が狭い為幾重にも折り込まねばならず、その上先の方の丸みで端が切れないことがあり、丁度デパートのバーゲンで木屋の蕎麦包丁を見つけて購入、そうなるとまな板の凹みが気になり蕎麦専用にまな板も購入。
その後福井県池田町へお蕎麦を食べに行った時、押さえの駒板を買いました。

木の捏ね鉢も欲しいと思いながら前から有ったホーロー引きの器が同じような形だったのでそれを使っていました。
白馬へ出かけた時、又「蕎麦の美味しい所は?」と聞いて美麻村のお蕎麦屋さんへ行き、そこで蕎麦湯の寒天寄せを始めて頂きました。
翌年も翌年も行ったのにお休みで、近くの婦人部がしている店に行きましたら、陶器の鉢で捏ねていたので、之ならオクラに有ると思いつき、今はずっとそれを使っています。
少し狭くてやり難いけど、以前ほど沢山打つことも無いので立派な捏ね鉢にご縁が無さそうです。
男性なら一度に立派な道具を揃える所ですが、こういう所が主婦の遊流です(笑)
この頃はホームセンターで一式売っていますが安物はダメですね。

あの頃は1月に何回も蕎麦打ちパーティーを催し、年末には5・6軒分の年越し蕎麦を作っていたので、餅つきも有り本当に忙しい年の瀬でした。


前置きが長くなりました
31蕎麦1

31蕎麦2

写真は大分前に撮ったものですが、四つ出し前の細長いのが抜けています。
又八折りではなく六つ折りしたものを半分に切り重ねて一度に沢山切るようにしています。
今でも駒板を使って蕎麦包丁で切るのは難しいですね。
31蕎麦3

畑で辛丸大根を作り、お出汁も添えてお届けしていました。


   蕎麦庄 やまこし
数年前に川向うに、新潟から移築したと言う立派な古民家をお店に使い、以前の建物を後に移築して民宿もなさっているようです。
おそらく元のお住まいは東海北陸高速道路の真下のような感所でしたから、良い所にかわられましたね。
名前も「蕎麦庄」となり、昨年も行きましたが、風格のある立派なお店で、相変わらずチャキチャキのあげまん女将さんと見受けました。
スポンサーサイト



Posted at 01:52 | 日々好日 | COM(16) |