--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.06.30

ミモザ・・・アカシヤ・・・? 6月30日

今頃にになってふさふさと茂ったミモザに沢山花が咲いて、枝垂れています。
十○年前イギリスの美しい村々コッウオルドの庭先に咲いていたのを見て、こんな寒い所でも越冬するのかと見とれていました。
ミモザといえば南仏のイメージだったのですが、折よく花の種が有ったので買って帰りました。
3本芽が出たのに植え場所がなくて鉢でか細いまま数年過ぎました。
丁度ネットを始めた頃、丸坊主にカッとした木を載せていた方が有り、お尋ねしたら「オーストラリアミモザ」だと教えてくださいました。
それから塀際に植えたらあっという間に大きくなり、柳のように柔らかく枝垂れて引っ張ったり切り込んだり。
ところが花は切り込む所為か変な季節に咲くのです。
よく有る銀葉アカシアはドライでリースやアレンジに使いますが、これは葉が長くて活けるのも大変です。
30mimoza2.jpg

近所の方が「絵を描きたいので一枝欲しい」と言われ、丁度切りたい所だったので差し上げた。
名前はと聞かれ「オーストラリアミモザ」と答えたが、心配になって検索してみたら有りました!!
アカシア属はオーストラリアでは、ワトルと呼ばれ700種もあるようです。
この中のシルバーワトル(四季咲きアカシア)が該当すようですね。


今日絵が出来たからと見せてくださいました。
三原色で描く手法だそうですがとても繊細でキレイな仕上がりでした。

雨に濡れると益々垂れ下がるので梯子に乗って切りたいと思うが、植木屋さんが来るまでガマンです。

続きを読む
スポンサーサイト
Posted at 00:00 | | COM(8) |
2007.06.28

ぎんばいそう(銀梅草)  6月28日

20070629010627.jpg

ぎんばいそう (銀梅草) Deinanthe bifida 多年草
【ゆきのした科ぎんばいそう属】 分布は関東以南・四国・九州

昨年友人から頂いた「ぎんばいそう」が開いた。
かすかにピンク色がかかり、うつむいて咲く姿が愛らしい。
彼女は四国で貰ってきたそうです。
草アジサイに似た草姿で、葉は対生で葉先にヤハズの切れ込みが有るのが特徴です。
「白根三山縦走」の下りで群落を見た事があるが滅多にお目にかかれない。
20070629020254.jpg

狭い裏庭には花茗荷・きつりふね・しらゆきげしが元気に生い茂り、その中に今年もレンゲショウマやソバナの蕾が伸びている。
このまま互いに競合している方が良いのかもしれない。
27hanngesyou.jpg

ハンゲショウがそろそろ白い装いに変った。

Posted at 00:00 | | COM(6) |
2007.06.26

ぜにごけ退治 6月26日

ゼニゴケが無い事で自慢だった庭ですが、椎の木を取り去った後に入れた赤土から嫌な感じで生えてきた。
直ぐ手当てをすれば大事にならなかったのに、細かいのがびっしり増えてしまい(>_<)
二日続いた雨で益々元気になったようで、重い腰を上げて23日の午後処理をした。
翌日から又大雨になり「骨折り損のくたぶれ儲け」になったのではないかと思ったが、今日見たら効果が有ったようです。
20070627014913.jpg

その処理とは・・・・
元の家からなので40年位前から実践しているもので沢山の人にお勧めしてきました。
超簡単!!酢を塗るのです
始めはボールの酢を障子紙用の刷毛でぺたぺた塗っていましたが、有る時霧吹きでやったら早いかも・・・一寸薄めてみよう・・・成功!!
以来そのやり方で押しています。
今回は場所が広がりすぎてシュッシュッでは間に合わず、消毒用の噴霧器を使い酢も1リットル使った。
良く見ると所々青いのが見えるのでそれにもう一度かければ安心です。
黒く残ったのが気になったらこそげ取れば良いけど、菌が死んでいるから散らばる心配は無い。
もっと早くマメにしておけば良かった。続きを読む
Posted at 00:00 | 季節 | COM(6) |
2007.06.24

青梅  6月24日

20070625004430.jpg

予報では「夕方から雨」といっていたので予定もあったのに、朝から雨が降り続き、自転車に乗れる状態ではない。
20070625005312.jpg

降りしきる雨に苔が美しい。
アスチルベのピンクが彩りを添え3回目のルリマツリは冬を越して枝を伸ばし花が咲いて嬉しい。
毎日日替わりで晴天と雨を繰り返すおかしな梅雨です。
今日は南瓜の花が咲くはずだったが受粉も出来ず実が着かないでしょう。
続きを読む
Posted at 00:00 | 季節 | COM(2) |
2007.06.23

雨上がりの朝 6月23日

一夜明けたらカッと真夏の日差しになりました。
夕べ開花を確かめられなかったユウスゲが一斉に開いたまま元気で嬉しくなる。
たっぷり雫を残した花を撮ってみるが・・・・矢張り難しい。
20070623114109.jpg

20070623114135.jpg

続きを読む
Posted at 11:42 | | COM(11) |
2007.06.23

梅雨 雨 雨 6月22日

一日中強い雨が降り続きました。
ひと時の晴れ間もなく降り続くと、自転車にも乗れず畑の様子も見に行けません。
こういう時こそ懸案の縫い物に取り掛かれば良いのに・・・クーラー新設工事の人が来て落ち着かない。
22onnsitu.jpg

温室に入ってふと見たらきれい!!
半分温室の中に誘引したブドウの葉の周りに水滴が溜って光っている。
恵みの雨で木全体に水分が行き渡った為でしょうか。
自然の営みの不思議な現象ですね。

3枚目は雨に降られた外の蔓です。


そして食卓の風景・・・
昔は今の季節だったら「コゾクラ(鰤の一番小さいもの)に新ジャガイモの炊き合わせとか、わたりがにのおつゆが定番でした。
ところがわたりがにのパスタが食卓に上がり、アボガドやズッキーニ・ゴーヤにオクラ等々、ちゃぶだいがテーブルに変って豊かな食卓になりましたね。
22pasuta.jpg

小さな甘エビが出ていたので空揚げにしようかと買ってきたが、先日「はなまる」で流していたアボカド料理に使うことに。
はずした頭は足と棘を鋏で切り取りから揚げに。お味噌が残っているので美味しい。
この間の白エビの空揚げよりコクがある。
但し甘エビはこの料理には不向きでした。矢張りプリッとしたエビの食感が欲しい。
アボカドは食べ頃が難しくて中々美味しいのに出会えないが火を通すと柔らかくなり、なるほど美味しくなる。

Posted at 00:30 | 季節 | COM(0) |
2007.06.21

梅雨入り 6月21日

20070622020623.jpg

朝から小雨がしぶつき時々ザーッと降る。
北陸地方が梅雨入りしたと発表されたが、例年より11日も遅く昨年より6日も遅いそうです。
お陰でヨモギもどくだみもほぼ乾きどくだみ化粧水も漬け込んだ。
午前中に茄子の消毒も終わった。
20070622021537.jpg

夕方Masakomamaが近江町市場に有ったからと「わたりがに」を持ってきてくださった。
昔は夏蟹と行っておつゆにしたものです、
早速夕飯に作った。
先日松月から買って帰った薄味のお味噌にピッタリで美味しい。
残り3匹は明日の昼食用のパスタのために下ごしらえだけしておいた。

Posted at 23:06 | 季節 | COM(2) |
2007.06.20

菜園から 6月20日

今日も朝から晴れ上がり暑い日です。
お茶類の薬草が乾くのは嬉しいけど、早くから液肥を兼ねて水遣りをし、バラも簡単に消毒。
畑のオクラや気になる成長不良の苗にも液肥を運んで施しました。
今日は南瓜の雌花が一つ咲いていました。
春から手抜きで空き地が目立ち、南瓜2本とスイカを1本植えたのですが、矢張り時期を失したものは生育不良ですね。
20tomato.jpg

20kabotya.jpg

小蕪や青梗菜は虫食いだらけで春菊とレタスだけは収穫できます。
インゲンも出なかったし今年は愛情が足りない分不作ですね。
早くルバーブの日除けをしなくては・・・

Posted at 15:51 | 菜園 | COM(2) |
2007.06.20

クッキングクラス 水無月 6月5日

もう2週間前の事ですが・・・
爽やかなお庭を眺めて初鮎を始めじゅんさいや新生姜など、旬の材料を使ったお料理を楽しみました。
20070620143747.jpg

金沢の氷室の行事にちなんで名付けた氷室そーめんは。五色そーめんの端を束ねて茹でてさましたものを器に入れる。
卵豆腐の蒸しあがったところに枝豆の薄皮を取ったものをのせ、卵白を良くといて流し、もう一度蒸して冷ます。
ボリュームたっぷりで季節のおもてなしにピッタリ。
他にジュンサイを熱湯で茹で冷ましたものに梅干の実を漉して氷水でのばしたもので和える。
喉越しの涼しい一品です。

Posted at 14:51 | 食品 | COM(0) |
2007.06.18

季節の仕事 6月17日

17budou.jpg

14日は1日本降りでいよいよ梅雨入りかと思った。
しかし予報どおり晴れてきて16日は爽やかなお天気になりました。
午前中にシルバーさんが庭掃除に来てくれ、ありがたいことに消毒までしてくださる。
この間から茶毒蛾が発生して大きな紙袋と鋏・ジェットスプレーで格闘していたが、今度はアメリカシロヒトリが発生。
高切りバサミも限度があり困っていたのです。
庭中と塀の回りも丁寧にして貰い感謝感謝です。
17hana.jpg

消毒前に柿の葉を取り、明るい日差しの下でミツバチも密とリに忙しそう。
午後から兼ねて頼んでいたどくだみ取りに連れて行ってもらう。
どくだみは花の咲く頃に一番薬効が有るそうで梅雨前にどうしても取りたかったのです。
ヨモギは少し遅いのですが高い所に行けばまだ虫もついていいないのでこれも目的の一つです。
山はもう夏草が生い茂り気持ちが悪くて中には入れないが、路肩でなんとか取れた。
帰宅後は忙しい~~
きれいに洗ってしばり竿に掛ける。お茶用は日向で化粧水用は温室内に。
ヨモギは洗ってからTシャツの袋に入れて脱水機にかけ、刻んで干す。
これもお茶用です。
日陰に有った蕗も少し取ったのでキャラブキもどきに煮る。
17dokudamitya.jpg

柿の葉はさっと蒸して干すとバリバリに良く乾く。
ビビアンさんに教えて貰ったどくだみ化粧水は始めて使った時朝の洗顔の時ツルツルで感激しました。
一寸チクチクしますが頭皮のマッサージには効き目ガあります。
日曜日も良いお天気でこの調子で続いて欲しい。

17budous.jpg

ぶどうはナイヤガラで3年前に植え今年初めて花が咲き小さな実が膨らんできました。
ネットで検索しシルバーさんにも教えて貰ったが、棚も無くてただ引っ張っているだけ。
もう少し工夫して誘引しなければ、ぶどうは雨に当てないように袋を掛けると良いと言われた続きを読む
Posted at 00:00 | 季節 | COM(12) |
2007.06.17

ゆりかごさんのオープンガーデン 6月10日

20070618020228.jpg

お出かけが多くてアップが間に合いませず遅くなりました。
去る10日に富山県氷見で素敵なお庭を造っておられるゆりかごさんのオープンガーデンに娘の友人達5名で行ってきました。
一昨年初めて伺ってその素晴らしさに感動しました。
毎年のようにガーデンコンテストに優勝されている素晴らしいお庭です。
植栽は勿論バラが中心ですが、芍薬やダリヤ・クレマチス・ジャーマンアイリスの珍しい種類をところどころに配し、グランドカバーの小さな花達にも愛情を注いでそれはそれは素晴らしいお庭です。
何よりも草一つ無いように徹底的な管理には恐れ入ります。
又鉢物も上手に取り入れて、いかに庭がきれいになるかと心を砕いておいでるのにも感心しました。
そろそろアジサイの季節ですが小さな花の山アジサイが色々沢山有って驚きました。
クレマチスも珍しいのが咲いており、赤茎のハニーサックルが珍しくてオープンガーデン最後のグループは一枝づつ頂けてラッキーでした。

拙いカメラでは編集の仕様も無くお見せできないのが残念です。
ゆりかごさんのローズガーデンでゆっくりお楽しみくださいね。
ゆりかごさん好みの華麗なバラたち。
10barabara.jpg

心配していたお天気も曇り空で涼しく、説明をお聞きしながら400坪のお庭を巡り、最後に暖かいお茶でのおもてなしに一同感謝しながら話も弾みました。


続きを読む
Posted at 00:00 | | COM(0) |
2007.06.15

白エビ料理 6月15日

お料理のグループで、富山市の港に近い岩瀬町の老舗料亭に行ってきました。
白エビは富山湾の、「あいがめ」と呼ばれる水深400mに生息していて、「富山湾の宝石」と呼ばれています。
女将の話によると3000mの山並みが続く立山連峰から流れ込む冷たい水が良いらしい。
15syougetu.jpg

ここは明治時代から続く料亭で、造りも趣があり落ち着いた佇ます。
先ず運ばれてきたお刺身は小さなガラスの器に70匹の白エビです。
15ryouri.jpg

「今日はお一人様380匹の白エビを食べて頂きます・・・・」
あの小さなエビの皮を剥くのに、慣れた人は1匹2秒とか。
空揚げはさっぱりと軽く、しんじょのお味も中々美味しい・
いよいよ福餅の登場です。
15hukumoti.jpg

一つにつき200匹の白エビが練りこまれているようです。
お土産要に欲しいと注文した人がいましたが「門外不出です」とやんわり断られました。
蟹の甲羅揚げにも蟹身がたっぷりと入っていました。
最後に大きなお椀に鯛の味噌汁、ご飯代わりのお餅が入っていました。
以前ビビアンさんの所で紹介されていましたが、正に至福の一時でした。
15iwasemati.jpg

帰りにかって北前船の交易で栄えた森家と町を散策して帰りました。

Posted at 00:00 | お出かけ | COM(10) |
2007.06.13

信州花の旅Ⅱ その2 6月7日

続いて訪れたのは東御市田中の「花岡」です。
ここ東御市は胡桃の産地だそうでびおれさんのブログでも良く紹介されています。
町並みが整理されて駅から近いようですが昨日は全然分かりませんでした。
きれいな店内には和洋のお菓子が並びどれも美味しそうです。
20070613130255.jpg

お昼は歩いて直ぐのそば処「蔵の坊」で見事なお椀で出てきました。
珍しかったのは泡盛に漬け込んだお豆腐です、お酒がたっぷり沁み込で一寸甘くてとろーりチーズのようでした。
今回はおしゃべりと食べるのに忙しくて、食の写真は他の方にお任せで一枚も有りません。


おぎわら植物園ではクレマの苗と涼しそうなフォスタを買い、玉村豊男さんのヴィラデストへ。
7tamamura.jpg

いつ訪れても広々としたガーデンは手入れが行き届いて気持ちが良い。
傾斜地の彼方に町の灯が見えると言う「彼の拘りの土地選びもむべなるかな」
今はアイリスがキレイでした。
ティータイムで頂いたアスパラガスのアイスクリームが珍しくて美味しかった。

続きを読む
Posted at 00:00 | お出かけ | COM(2) |
2007.06.12

信州花の旅Ⅱ その1 6月7日

いよいよガーデン巡り本番です。
東京からの九人様と同じ電車に乗り上田駅へ。
駅では今年もまた計画を立て、案内をして下さる、びおれさんとoldroseさんがにこやかに迎えてくださった。
1年ぶりの再会で、今年初めてのお顔にもご対面ですが、毎日のようにブログをを通して交流しているせいか、直ぐ打ち解けて会話が弾むのが嬉しい。
3台の車に分乗して塩田野のoldroseさんのお庭に直行しました。
20070612011042.jpg

石積みの前庭のアプローチには大きく育った落葉樹にバラと小さな花が入り乱れて素適です。
賑やかなお客さんにハリーはひとしきり歓迎?のエールを送ってくれた。
先ず目に付くのは柱に絡んだクレマチス白万重と白い八重咲きのバラです。そして「ここにおいでよ」と寝そべって歓迎してくれる熊ちゃん。
バラは名前は何回お聞きしても覚えられません。
後の山に続く段々の花壇にはバラを始め小さな小花が少しの空き間もなく生い茂り、正にイングリッシュガーデンの趣ですね。
お~今年○○記念に新設されたログハウスが上のほうに見えて感じが一新しました。
いつもブログで見せていただく「しおだ野」の景色が一望でき吹く風も爽やかです。
20070612013146.jpg

野に咲く花のような植栽を主に撮りましたら漠然としたものばかりで見栄えがしなくて難しいですね。
冷たいお茶を頂いて楽しい時はあっという間に過ぎました。
続きは又
Posted at 01:42 | お出かけ |
2007.06.09

信州花の旅 前奏 6日

今年もびおれさんとoldroseさんがお世話してくださって「信州花の旅」オフ会に参加させていただきました。
東京の方達と違って日帰りが難しいので前日からいそいそと出かけました。
朝6時8分発の特急で直江津乗り換え、長野までは鈍行です。
かって憧れの東京行きは「特急白山号」のみで妙高や戸倉上山田温泉の看板を眺めながら行ったものです。
その後新幹線が出来て米原経由・東海道新幹線に、その後は北北線と上越新幹線や飛行機に変り、長野方面は不便になりました。
又この頃は高速道路で信州へ出かけることが多くなり、ごとごとのんびり・・・鈍行の一人旅もたまには「中々よろし」とにんまり。
長野で乗り換え時間に「小川の庄のおやき」を買い、今度はしなの鉄道の快速で「田中」迄。
兼ねてからびおれさんのブログに出てくる「海野宿」に興味が有り、水曜が休みの娘「さくら」と打ち合わせて待ち合わせましました。
約5時間で10時58分着。
立山も妙高も雲っていて見えなかったのに駅前はかっと暑く夏の日差しでした。
小手調べにさ~と宿場の中を通り抜け様子を見てパーキングに入ったら、観光バスが6台も入ってきてこれは大変!と思ったが見るところが少ない所為か直ぐ静かな通りになりました。
先ず驚いたのは村の入り口にある神社の大欅です。根回りは像の足のようで幹もごつごつしていて見上げる高さで、何本も生えていました。
20070609235407.jpg

海野氏の歴史は随分古く最後は武田信玄に滅ぼされたそうですが、その後江戸時代に北国街道として賑わったようです。
古い家並みがそのまま残り、「日本の道100選」や「重要伝統的建造物郡保存地区」に選ばれ静かな佇まいです。
前に訪れた大内宿と違い屋号の看板は出ているものの、門や玄関は閉まりひっそりとしています。
20070610001304.jpg

びおれさんお勧めの「夢や」は地元の主婦が開いているお店で土日しか開いておらず、唯1軒の福嶋屋で名物の胡桃のおはぎを頂いた。
大根おろしのおはぎも珍しい、郷土料理だと説明されたジャガイモ料理も美味しくて作り方を教わった。
ガラス工房にはレトロな感じの器や花器が並び、電気の傘が郷愁を誘う。
泡の入った作品が多くて富山で体験なさって居られるビビさんたちのことが頭をよぎった。
あれこれ選んで色と形が気に入った小さなものを求めた。

それから山のほうへ上がり「アトリエ・ド・フロマージュ」へ。
旧軽にショップがあるそうですがここが本店とか。
着いたら直ぐ雷が轟き大雨になる。
20070610003403.jpg

チーズのピザと白チーズの野菜サラダを頂いたが写真も取らずにオナカの中に。
デザートの名前は忘却・・・濃厚で美味しかった!
チーズ類を選び宅急便で9日着でお願いする。

雨が上がり以前oldroseさんに教えて頂いた浅間高原の「夢ハーベスト農場」へ。
着いたら「土砂降りだったんですよ」と言われたが優しいハーブや芥子・アイリスなどが美しい。
バラはモッコウバラが咲いているだけでまだ蕾が多い。ここは標高が1000メートルだそうで広いラベンダー畑もまだまだ早く花の盛りはさぞかしと思われる。
20070610004429.jpg

写真のクレマチスが渋くて素適で、お聞きしたらモンタナの一種だそうで3・4年前に出回っていたが苗は無いと言われてガッカリ。
お花の時期に早かったからとラベンダーの匂い袋を頂いた。
リニューアルした「つるや」に寄り「花岡」で胡桃のお菓子を買って帰る。
悠とではこういうコースを廻れないので楽しい1日でした。

Posted at 00:00 | お出かけ | COM(20) |
2007.06.01

今日から6月

あ~月日の経つのは早いですね。
昨日は梅雨を連想させる雨で今日は晴れマークだったのに小雨と曇り。
これからこのような日が多くなるのでしょうね。
20070602001908.jpg

夕方畑へ行ったらどの作物も一気に大きく伸びていた。
正に恵みの雨ですが、庭の草も目立ち始めた。

Posted at 00:00 | 季節 | COM(7) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。