FC2ブログ
2006.04.02

Junkoさんの事

我が家を光に変えてから何故かメールが届かなかったJunkoさんがBBSに書き込んでくださった。
相変わらずお元気で活動しておいでるようでとても嬉しい。
長い間ご主人と共に金沢で布教活動をしていらしたが、国許のバンクーバーに帰られてからもう10年以上は経つ。
教会のお仕事のかたわらベジタリアンの方用のケーキやお饅頭にぼた餅を作って市場に出されると大変評判が良くて、通称「お饅頭家の娘さんなの」と笑っておられた。
その内に和菓子作りを始められ、元々器用な方なのですっかりマスターされた。
バンクバーの領事婦人も彼女の才能とお人柄を見込んで頼まれるらしい。
ブラジルからの日本人ご一行を招かれた時には400個の和菓子を頼まれ、昨年暮れの天皇誕生日レセプションでは皆さんの前で手作りされたそうです。
妹さんはきちんと和装でお茶を呈されたそうですが。「白い割烹着にあねさんかぶり」はいかにも彼女らしくてほほえましい。
bankuba.jpg

上から二番目のピンクのお菓子は「美智子妃殿下」をイメージして作られたとか。
70歳を前にして「私 好奇心と夢を持つ事は衰えていなくて 大型の夢を見ています。 これは私の人生の最後のプロジェクトなの」といつも前向きに頑張っておられるJunkoさんは私達の鑑なのです。
さて何が出来上がるのか大いに期待しています。

ps 餡子はお豆の皮を取ることから総て手作りだそうです。

スポンサーサイト



Posted at 01:30 | 季節 | COM(0) | TB(0) |